FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2008.08.01 (Fri)

限られた時間の中泳いで 辿り着ける場所を探してる・・・

拍手&拍手コメントありがとうございます。
丸ちゃんの保護者扱いだったり、ヨコちょにも丸ちゃんとワンセットと思われている、ひなちゃん、羨ましいですね~(^^)。
沖縄に、すごく行ってみたくなりました。
(沖縄には、ずっと昔、一度だけ行ったことがあるんですけど、ちょうど台風が来て、あまり楽しめなかったんですよね・・・(^^;)。)

そんな沖縄の話は、ほとんど無かったですけど、丸ちゃんの2度の電話出演で、なんとなく得した気分の「レコメン 7・31」・・・完全に丸ちゃん中心の抜き書きは、続きからです。

【More・・・】

「8月といったら何ですか?」と言うヨコちょに、「8月といったらお祭りですか?」と答えて、「違うだろ。」と言われるひなちゃん。
ヨコ「バーベキューだろ。」
爆笑するひなちゃん。
ひな「ああ、それかいな。」
今日いたメンバーをスケジュール見てから誘ったというヨコちょ、「すばるくんは絶対行くと言うから後でいいわ」と思い、とりあえず、丸ちゃんを誘ったとか。
ヨコ「マル、月曜日何してんの?、いや、月曜日はちょっと仕事入ってる、じゃあ、来週の水曜日は?・・・来週の月曜日は仕事入ってるの分かってたから、あえて聞いたんですけど、水曜日くらいは空いてるなと・・・空いてる水曜日があったんですよ、何してるのって、え~、ちょっとわからへんなあ・・・マネージャーさんに聞いてみて、空いてるけど、そんな先のことやから何してるかわかれへんわあ・・・バーベキューいかへん?・・・なんでなん、急に・・・いや毎年行ってるし行こうやあ、え~、どうしようかなあ、って、全然決まらないんですよ。まあ、ええわ、とりあえず、みんな行ったら行くことにしようか・・・て、すばるに聞いたら、行く行くって、いつかも言うてへんのに、即答ですよ。で、ちょっとひなも誘うわって、マルに、ひな誘うからって言って、ひなが行かへんって言うたら、ちょっとまだ分からんなあって言いよるんですよ。ね、なんでだ、お前。」
ひな「何がやねんな。」
ヨコ「行こうぜ。」
ひな「まだわからへんもん。」
ヨコ「お前、マルが行ったら、来るやろ?」
ひな「いや、わからへん。行けへんで、それは、たぶん。それはもう自分の予定次第や。」
ヨコ「あ、そうなん?」
ひな「そら、そうや。」
ヨコ「マルとひなって、ワンセットじゃないのん?」
ひな「ちゃうわ、あほ。そんなもん。」
(笑)
ヨコ「俺の中で、そうやねん。俺、マルにも言うてん。ひなが行ったら行くんかって。じゃ、そういうことじゃないよ。マルに言うてん、強がんなよ、ひなが行ったら行くんやろ。そういうことじゃないねんけど、どうしようかなって。じゃあ、今日考えるわ、今日中に決めるわって言うて。じゃ、電話するわ、10時から1時の間に電話するな、って言うたら、あいつ、ニタッて笑ったんすよ。ん~、じゃあ、なおさらわからへんなあって、電話してこいみたいな振りがあったので・・・。」
(笑)
というわけで、丸ちゃんに、いきなり電話です。
・・・が、1回目はかからず、さっきまでヨコちょと一緒で、今は仕事してないと聞き、「これはもう確信犯ちゃうか? もう一回かけてみ。」と言うひなちゃん。
「これでかからへんかったら、あいつ、そういうことやな。」と、ヨコちょに言われる丸ちゃん(^^;)。
2回目もかからず、「最低やな。」と言うヨコちょ。「残念です。」と言うひなちゃん。
ヨコ「断られてるんかな、これ。」
ひな「断られてるんやな、きっと。」
ヨコ「悲しすぎるオープニングやろ、これ。(笑)こっから3時間ちゃうん。なんや、この、出だし、上がらん感じ。」
ひな「あかんなあ。」
ヨコ「俺、ちゃんと言うたのになあ。」
「俺とマルがいかへんかったら、2人で行くん?」と言うひなちゃんに、「いや、考える。」というヨコちょ。
ヨコちょの弟も行くとかで、川遊びして・・・と、プランを色々考えているというヨコちょに、「みんな誘ってくれて、色々考えてくれるのは嬉しいけど・・・」と言いながら、ヨコちょの唇にずっと何かが付いているのが気になって指摘するひなちゃん。
「唇には、なんか付けるもんやろ。」と答えるヨコちょ。
どうやら、ティッシュが付いていたらしく、「ん~、ティッシュやなあ。」と言うヨコちょ。
ひな「どんだけお前、気づかへんねん。」
ずっと目と鼻がかゆいらしいヨコちょ。
ということで、丸ちゃんには、また後で電話することになりました。
それにしても、ヨコちょの中でも、丸ちゃんとひなちゃんって、ワンセットみたいに一緒にいるイメージがあるんですねえ(^^)。

「丸ちゃんがJwebに今日レコメン出るかもって書いてましたよ。本人出る気満々なのに、電話に出ないとはおかしい話ですね。」というリスナーからのメール(これ、勘違いなんですけど(^^;)。)に、「勝手に言うてんの? あいつ」「勝手に言うてんねやろ。」と言うヨコヒナ。
実は、ヨコちょはさっき電話したそうで、丸ちゃんはすぐ出て、「ああ、ごめんごめん、気づかんかった・・・って、ホンマかどうか分からんけど。」と言うヨコちょ。
というわけで、ここでもう一度、丸ちゃんに電話です。
今度はすぐに出て、「もしもし。」って言う丸ちゃん。後ろが若干うるさいです。
ヨコ「もしもし。」
マル「はいはい~。」
ヨコ「はいはいちゃうやろ。」
マル「はいはいはいはい。」
ヨコ「はいはいちゃうやろ。」
マル「なんですか。」
ヨコ「丸ちゃんに聞きたいこと、いっぱいあるねん、結果的に。」
マル「え、何? 結果的?」
ヨコ「・・・バーベキュー行くって言った夜に、平気でこの子、焼肉食べてるんですよ。」
マル「(笑)焼肉食うてます。」
ひな「あ、そうなんや。」
ヨコ「おっそろしいなあ、お前。」
マル「おいしいよ。」
ヨコ「おいしいちゃうやん、バーベキューいこ言うてるのに。」
マル「あ、バーベキューどうします?」
ヨコ「いこって、ひなも行くって。」
ひな「言うてへんがな。」
マル「あ、行くの? 今、でも、言うてへんて言ってましたよ。」
ヨコ「ちゃうちゃう、こいつ、照れてるねん。」
マル「ああ、照れ照れ? 照れ照れ?」
ヨコ「何言うてるねん。それはまあ、後でええわ。」
ひな「もう一個あるねん、もう一個。」
ヨコ「あなた、ジャニーズウェブで、なんかいれたらしいですね。」
マル「ああ、言うてます、言うてました。」
ひな「なんていれた?」
マル「あ、なんか沖縄の旅行に行ったんやけど、その詳細は雑誌や、あ、もしかしたら、今日のレコメンで言うかも、みたいなことを。はい、ウェブで書きました。」
ひな「それやないよ。」
ヨコ「レコメンで言うかもって言うたん?」
マル「レコメンで、その沖縄の話出てくるかもねって。」
ヨコ「丸ちゃんが行くっていうのは書いてないの?」
マル「え? 行く?」
ひな「今日、レコメン行くかもって書いたやろ。」
マル「え? 出るかもって書いてた? 俺。レコメンに、あ、でも、出てるな、結局、あはは(笑)。」
ヨコ「ちゃうちゃう、え、なんて入れたん? ウェブに。」
マル「え、今、見いひんかったら、わからへんわ。」
ひな「なんで書いたん覚えてへんねん。」
ヨコ「最低やな、お前。」
マル「ぼんやりや。ぼんやりとしか覚えてへんわ。でも、そうそう、沖縄に行った話は、今日レコメンで、話するかもみたいな話は書いた、確かに。」
ひな「行ったというのだけで、詳細は、そんな言うてない・・・」
マル「あ、ほんまに?」
ヨコ「お前のジャニーズウェブ見るわ、今。」
マル「見れるの?」
ひな「今、見てる。」
ヨコ「マル、バーベキュー行くやろ、ひなも行く言うてるから。来てたで、メール見てたら、丸ちゃんとひなちゃんを連れていってって。」
マル「(笑)それ、嘘やろ。」
ヨコ「ホンマホンマ、それは来てるねん。」
マル「ホンマ? マジで?」
ヨコ「ここまでもう人が動いてしまってんねん。」
マル「(笑)動かしたん、裕ちんでしょうが。」
ヨコ「だから、俺、言ったやろ、みんなで、バーベキュー行ったらな、10万人、いや100万人が喜ぶかも。」
マル「(笑)あのさ、いや、って言わんでも100万人って初めっから言うてくれたら・・・分かってるやん、そこまでいくのは。」
ヨコ「・・・じゃあ、まだ考える余地あげるわ。また12時くらいにかけるわ。」
マル「じゃあ、もうちょっと考えていいですか。」
ヨコ「考えたいやろ?」
マル「もうちょっとだけ考えさせてください。今、焼き肉食ってますから、それで、もうここでええかって思ってしまったら、行けないですから、やっぱり。」
ひな「(笑)あ、そういう決定の仕方なんや。」
ヨコ「(ウェブを見て)あ、書いてない書いてない。」
ひな「書いてへんねや。」
マル「そやろ。そやろ。沖縄に行った話をしますみたいな話やんね。」
ヨコ「今晩のレコメンに話が出るかな、どうかな、お楽しみに~。」
マル「そうそうそう、そういう書き方。」
続けて追伸を読み始めるヨコちょ。
マル「あのさ、あのさ・・・フフフフ(笑)、もうやめて、それはレコメンで読まんといて。」
ひな「いやいや、みんな読んでるねんからええがな。」
マル「いや、そうやけど、口に出して、お届けしないで。」
ヨコ「マル、もうすばるはマルが行くってことになってるから。」
マル「それは、裕ちんが行くってことにしてるわけやから。」
ヨコ「でも、すばるは、マルが行かんかったら、あいつ悲しむと思うで。」
マル「まあ、しぶやんは悲しむやろな。」
ひな「(笑)お前の誘い方、なんやねん。」
マル「確実に悲しむやろな。」
ヨコ「もう一回言ったろか、みんながこれな、バーベキューに行った時の話とか聞きたいと思うねん。」
マル「まあまあ、確かにな。」
ヨコ「ひなも含めな。楽しそうなみんなの顔、全米が想像してると思うわ。」
マル「(笑)大きいな、話が。何人くらいの人が喜んでくれるの、それ。」
ヨコ「10万人、いや、100万人はいくな。」
マル「(笑)マジっすか。」
ヨコ「マル、振っといてウケたん、お前だけやからな。言うとくけど、言わしといてウケたん、お前だけやからな。スタジオ、誰も笑わんかったぞ、今の。」
マル「そっか・・・」
ひな「(笑)そっかやあらへんがな。」
マル「ごめん、ミノが焼けそうやねんけど、いい? 食って。」
ヨコ「マル、・・・想像さしたやろ。」
マル「うん、したな、朝な。」
ヨコ「朝、駅まで迎えに行くって言うてん、海パンも買って。ひなにも言ったやろ・・・全部、調達すると。車の中でのエピソード、マルにしゃべってん。マル、お前、俺が運転してる横で、おなか減ったって一回言うやろ。コンビニ停まったろかって、俺、言うやろ、でも、俺、停まらんぞ、バーベキューまで我慢しろって、俺は言うからな。・・・って、マル、完璧に行っててん。」
マル「(笑)そやな。」
ヨコ「12時台、また電話するわ。」
マル「ありがとう、時間くれて、ちょっと考えるわ。」
ヨコ「(笑)」
マル「今、真剣にほんま、食いながら、罪悪感はあったんやけど、考えるわ、もうちょっと、真剣に。」
ヨコ「ホンマに?」
マル「うん。」
ヨコ「ちょっと考えて。」
マル「分かった。」
ひな「ほな、また後でね。」
マル「はい、OKです。じゃあね、バイバイ。」
ひな「たぶん、そんな考えへんと思う、あいつ。」
ヨコ「うん、もう答え出てると思う。」
(って、どっちやねんなって感じですけど・・・(^^;)。ヨコちょの気持ちも分かるんですけど、いつもの悪い癖というか・・・しつこさが出ちゃったような気がしないでもないですね・・・生放送だから、多少のことは仕方が無いにしても、リスナーからのメールの件といい、ちょっと一方的やしないかなあって。それに、丸ちゃんも電話越しにレコメンに出れて喜んでいる風だし、先にアポイントも取っているとはいえ、丸ちゃんの方は、仕事が終わって、完全プライベートな所に電話しているわけですし・・・。まあ、丸ちゃんの声が聞けるのは、何よりも嬉しいことではあるんですけどね(^^)。)

とっておきニュース 
ヨコ「なんと、ひなちゃんとバーベキューに行きます。」
ひな「(笑)なんでやねん、俺、行く言うてへんわ、まだ。」
ヨコ「もう行くわ、お前は。」
ひな「わからへんて。たぶん行けへんって、俺、言うたやん、さっき。」
テレビガイドに、ひなちゃんとの写真を載せたいというヨコちょ。
「それは気持ち悪いですね。」と言うひなちゃん。
東京で予定が入るかもしれない、食事に行くかも知れないというひなちゃんに、「食事なんかいつでも行ける。」と言うヨコちょ。
「断られへんねや、それは。」と言うひなちゃん。
「断ってまえや。」と言うヨコちょに、「それは絶対無理です。」と言うひなちゃん。
相手は紳助さんだそうで、次の日、収録が一緒だとか。
「お前、断られるか?」と聞くひなちゃんに、「紳助さんとさんまさん、どっち好き?」と聞くヨコちょ。
ひな「あ、そういう問題?」
それでも誘うヨコちょに、「それやったら、フットサルにこいや。」と言うひなちゃん。
「フットサルは行かんわい。」と言うヨコちょ。(^^;)
「だから、予定次第ですよ。」と言うひなちゃんに、「どうするねん、これ。」と言うヨコちょ。
ヨコ「テレビガイドさんにどれだけお世話になってると思うねん。」
リスナーに聞けば、120%正しいと言われる自信があるヨコちょ。
「じゃあ、後3人、なんで呼ばへんねん。」と言うひなちゃんに、「あと3人は仕事なんだよ。」と言うヨコちょ。
ヨコ「暇な4人なんだよ、バカ。リアルなこと言わすな。」
ひな「次の日、何してるの? 仕事ちゃうの?」
ヨコ「驚く無かれ、休みだ、バカやロー。」
ひな「(笑)僕、バカちゃいますやん。」
ヨコ「マネージャーに、最近、ものすごい、充電期間言われるねん。」
ひな「長いなあ、充電期間。」
ヨコ「腐りそうやで。腐るわ、充電電池、あんな充電したらアカン・・・」
ひな「過充電や。」

あくまでも、テレビガイドに、4ショットを載せたいヨコちょ。
そこで、「夢は叶えば叶うじゃん」と言ってしまい、「夢は願えば、やろ。」と、ひなちゃんに訂正されるヨコちょ、必ず、「叶えば・・・」と言ってしまうとか。

今愛読している漫画@たいちくんの振り
ヨコちょのお薦めの漫画は、「レインボー」という漫画で、ひなちゃんは「ジャイアントキング」というサッカー漫画だそうです。
サッカーは分からないから読まないというヨコちょに、その漫画をプレゼントするというひなちゃん。

全国ゾーンに入る前に、丸ちゃんに電話することを予告するヨコヒナ。
バーベキューに行くかどうかで、ひなちゃんに「照れるな。」と言い、「お前は自分が思ってる以上に照れ屋やから。」と言うヨコちょに、「モンスターハンターの時から言うてるけど、照れてないから。」って言うひなちゃん。

全国ゾーンが始まるとすぐに、いきなり、丸ちゃんに電話です。
ワンコールで出る丸ちゃん。
マル「はい、もしもし。」
ヨコ「今、どこおるん。まだ焼肉?」
マル「今、お店で、最後のあったかいお茶を・・・」
ひな「(笑)まだ焼肉食うてるの、お前。」
マル「うん。」
ひな「長いなあ。」
ヨコ「そりゃ、太るわ。」
マル「いや、だって、おいしかったんやもん。・・・むっちゃ、食うた、ハラミ、むっちゃ食うた。」
ヨコ「2時間くらい考える猶予があったと思うけど。」
マル「まあまあ、今、お茶、湯気立てながら、考えましたよ。」
ヨコ「絶対、考えてへんかったやろ、そんなん。」
マル「ごめん、あんまり考えてへんかった。」
(笑)
ヨコ「お前が、今、それ言うな。嘘でも、考えた感じ貫き通せ・・・」
マル「ウソウソ、考えたよ、ちゃんと。」
ヨコ「もう遅いねん。」
マル「肉を焼きながら考えたで。」
ヨコ「今、リスナーの皆さんには伝えた・・・」
マル「ああ、ありがとうございます。全国ですもんね、もう。」
ヨコ「じゃあ、結果を。」
マル「結果ですか。」
ヨコ「ホンマ、ドキドキするねんけど。」
マル「えっとね、まあまあまあまあ、え~、そうですねえ・・・。」
ひな「お前、決まってへんのかい。」
ヨコ「お前、今、決まってるのに、俺を泳がしてるバージョンやろ。」
マル「ちょっとね、ちょっとだけね。・・・次の日ね、健康診断に行かなアカンいうのもありますから。健康体で行きたいいうのもあるんですよね。バーベキュー行ったとしたら、次の日はね。ん~、でも、横山さんが誘ってくれたっていうのが嬉しかったわけですよ。」
ヨコ「ということは。」
マル「え~、行きます。」
ここでファンファーレが流れます。
(笑)
ヨコ「音鳴った、音鳴った、丸ちゃん。」
マル「音鳴ってる。何これ。(笑)」
ヨコ「ちょっと今な、テレビガイドさんもいるわけですよ。」
マル「あ、ホンマですか。」
テレビガイドのコーナーで4ショットの写真を撮りたいと説明するヨコちょ。
マル「ああ、なるほど、おっさん4ショットで。」
ヨコ「それをお届けしたいから、誘ってるわけですよ。」
マル「なるほどね。分かりました。」
ヨコ「だから、明日、村上と一緒でしょ。」
マル「あ、そうですね。」
ヨコ「だから、マルちゃん、村上を説得するのは、マルちゃんしかおれへんからな。」
マル「待って。横山裕は説得しきれへんかったんですか、今日。」
ヨコ「ちゃう、俺は、今日、あと、1時間しかないわけです。俺、もう2時間説得してるねん。」
ひな「でも、村上、まだ保留やねん。」
マル「なんでやねん。(笑)」
ヨコ「たぶんな、こいつ、照れてるから。」
ひな「(笑)」
マル「・・・モンハンの感じ。」
ひな「・・・俺、めっちゃめちゃシャイやんか。」
ヨコ「めっちゃ強がってんねん、ほんまに。」
マル「はいはい、確かに、ちょっと照れ屋なところありますからね、彼は。」
ひな「ちょっと保留やねん。」
ヨコ「だから、マルちゃんからの方が、乗ってくると思うねん。」
マル「なるほどね。・・・俺にかかってると。」
ヨコ「ありえへんの収録でしょ、明日。ありえへん、くらい説得してな。」
マル「へへっ(笑)。わかりました。」
ひな「ホンマの苦笑いやからな、今の。」
ヨコ「ちっちゃく笑うのやめて。お願いやから。」
マル「はいはいはい。」
ヨコ「じゃあ、マルちゃん。マルちゃんの分の海パン、買っとくで~。」
マル「(テンション高く)お願いしまーす。」
(笑)
ヨコ「いや、これで、マルちゃん、ありがとう、じゃあ。」
マル「分かりました。」
ひな「3人決定やね。」
ヨコ「これで、3人決定やで。」
マル「ありがとう、そこまで誘ってくれて。」
ヨコ「そやろ、俺の熱いハートは通じたやろ。」
マル「もう、1回行ってしまったもんな、バーベキュー。」
ヨコ「1回、行ってしまったやろ、想像で。」
マル「行ってましたね。」
ひな「・・・めっちゃ覚えてるやん。いっとんなあ。」
ヨコ「楽しみやな、それは。」
ひな「じゃあ、マルちゃん、また明日やね。」
マル「はい、分かりました。・・・了解です。はいはい。」

・・・とはいえ、ひなちゃんは「保留」だそうで、それに対して、ヨコちょは、今度は、ひなちゃんが行くって言ってきても、「行きたいん?」「付いてこいよ。」くらいになるんだそうです。(笑)

モンハンは、ちょっと落ち着いてきたそうで、ドラクエを買ったというヨコちょ。でも、まだ開けてなくて、みんなが悲しむから、まだドラクエはやらないとか・・・帰ってこなくなるそうなので。
で、りょうちゃんとたっちょんは、だいぶやらなくなってきて、ヤスくんとすばるくんがものすごくハマっているとか。
特にヤスくんはひどくて、朝6時までやったとか・・・全盛期のヨコちょを見ているよう、なんだそうです。
ヤスくんがそんなにハマっているのは珍しいというひなちゃん。
ヤスくんもすばるくんも、何でもヨコちょに聞きに来るとか。しかも、周りにうまい人がたくさんいるので、自分ではしようとせず、ヨコちょは、「温室育ち」「ボンボン」と呼んでいるとか。

エンディングでも、バーベキューにこだわるヨコちょ。
ヨコ「バーベキュー、どうなるんでしょうねえ。」
ひな「わはは(笑)、あんた、よう覚えてるね。」
ヨコ「どうなるか分からないですけど。」
ひな「いや、気持ちは行きたいですよ。」
ヨコ「やめてください、結局、オチが、気持ちは行ってたみたいな・・・。」
ひな「そんなんは言わへん。」
ヨコ「マルも行く言いましたし、さっき、すばるにも電話して、マルが行くよ言うたら喜んでましたし、是非とも、良い写真を届けられたらいいかなと思いますんで・・・。」
このあと、たっちょんのドラマの話になって、ヨコちょいわく、4話が感動すると本人が言ってたとか、ひなちゃんいわく、ドラマを見てたら、ちょっとびっくりすることがあるという情報もあるとか。
ヨコ「是非とも、楽しみにしてほしい・・・。」

というわけで、企画の兄弟選手権よりも、バーベキューの話の方が盛り上がったような感じでしたが(^^;)、ツアー中でもあることだし、怪我のないように気を付けて、3人(4人?)には、バーベキューを楽しんでもらいたいなあって思います。
そして、テレビガイドで、その様子が見れるといいですね(^^)。
EDIT  |  21:55  |  レコメン  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

バーベキューに頑張って誘うヨコかわいいですね。どうなるか楽しみです。

丸ちゃん、よく焼肉を食べているようで…
私がコンサートで逢える時にはポニョ丸から進化してたら(^-^;)
別の楽しみが出来ました♪

長いレポありがとうございます♪
楽しかったです。
ぐっちい |  2008.08.02(土) 00:07 |  URL |  【コメント編集】

■>ぐっちいさま

ヨコちょの希望通り、みんなでバーベキューが実現して、楽しい話が聞けるといいですよね(^^)。
丸ちゃんの体重増減の激しさには、ちょっとびっくりするくらいですけど、それもまた丸ちゃんから目が離せない面白さなのかもしれませんね(笑)。

はんなり |  2008.08.02(土) 22:40 |  URL |  【コメント編集】

10万人、いや100万人のくだりでひとりでニヤニヤしましたよ(^O^)
おっさん4人の写真がTVガイドに載るといいな…(^w^)
みほ |  2008.08.03(日) 15:06 |  URL |  【コメント編集】

■>みほさま

電話越しに、ヨコちょに、ツッコミを入れたり、話を振ったりしてウケている、丸ちゃんがとても面白かったですね(^^)。
なんだかんだいっても、ヨコちょはフォローが行き届いているし、しっかりもしてるから、あとは予定通りに実現することを願っています(*^_^*)。
はんなり |  2008.08.03(日) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |