FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.09.02 (Mon)

十五祭 東京ドーム 9/1

東京ドームに行ってきました。
190901-2.jpg
東京ドームシティ全体が、お祭り気分になってました。
190901-3.jpg
これは、バージョン(^^)。
190901-1.jpg
マツモトキヨシの店頭も、関ジャニ一色。
190901-4.jpg
今回のグッズは、こんな感じ。
ボーイも可愛かったんですけど、買うなら6人揃えたいし、そうするには高すぎるし…と考えた末、断念しました(^^;)。

ライブの感想は続きから。
ネタバレありだと思うので、ご注意ください。
年々衰えている記憶に頼っているので、あやふやな部分や記憶違いもあると思いますけれど、ご了承ください。
雰囲気だけでも感じてもらえたら嬉しいです。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


【More・・・】

今回は、デジタルチケットなので、入場までどこの席か分からないという状況の中、21番ゲートだったので、てっきりスタンドだと思っていたのですが、まさかのアリーナで、幸運にも、センターステージから伸びている花道が見える一番前の席という良席で、ちょっとびっくりしました。
セットは、遊園地を意識した感じで、メインステージから、センターステージに向かって花道が伸びていて、センターステージからは、左右に花道が伸び、その真ん中あたりにクレーjンがあって、せりあがるようになっていました。
センターステージから後ろは、トロッコが通れるような通路がいくつかあって、バックステージに繋がっています。

開演前には、ドローンを装備した飛行船が浮遊していて、客席をスクリーンに映し出したり、その合間に、メンバーのドラマセレクションを流したりしていて、丸ちゃんは、「フリーター…」スペシャル、「ストロベリーナイト」、「ぬーべー」、「世にも奇妙な…」だったかな…そして「自転車少年記」も流れて、とっても懐かしくてうれしかったです。
後、エイトレンジャーのブラックがマジカルバンド、キャンジャニの丸子がポーチを、通販風に宣伝していて、めっちゃ面白かったですけど、これは、会場によって違ったのかな…。
開演十五分前になると、そのドローンが、メインステージの上の十五歳のロゴにドッキングして、スクリーンで、カウントダウンが始まります。

オープニングの映像は、「関八絵巻」だったかな…戦国絵巻のような劇画タッチの映像とともに、関ジャニ∞の歴史が紹介されるんですけど、最初はちゃんと9人いて、内くんやすばるくんとの別れも、ちゃんと描かれていて、なんだかもう、それだけで、ちょっと胸が熱くなりました。
で、メンバーの紹介映像の後、オープニングアクトは、「∞ o'clock」
全員、金色のコートのような衣装で、もちろん、歌詞は新しくなっているんですけど、もう懐かしいやら嬉しいやらで、本当に泣きそうでした。
そこから、コートを脱いで、お揃いの派手な色彩の衣装で「ズッコケ男道」
「がむしゃら行進曲」で移動して、センターステージで「T.W.L」
タオルの出番早いなと思いつつ、一緒に振り回せて楽しかったです。
その流れで、クレヨンしんちゃんがスクリーンに登場して、「月曜から御目かし」の曲紹介をしてくれます。
この曲も、ライブで聴きたいなと思っていたのでうれしかったし、スクリーンの映像も凝っていて、良かったです。
最初の挨拶は、ヤスくんと、ひなちゃんがいつもの「馬鹿になろうぜ」をやっていたんですけど、どこのタイミングだったかな…。

確か、「EIGHTPOP」で散り散りになって、「ブリュレ」と「1秒キス」「RAGE」がバックステージだったと思うんですけど、違ったかな…なんかもう、最初から飛ばしていて、この辺りは記憶があやふやなんですけれど、見えにくかった記憶があるので…(^^;)。
で、その後、「キャンジャニとエイトレンジャーのラブスタグラム」という映像が流れて、エイトレンジャーは、オレンジとナスとグリーンで、キャンジャニからは、横子と錦子と安子で、合コンスタイルで王様ゲームみたいなことをして、インスタに上げる写真を撮るというゲーム…これは、初日から毎回違っているみたいだったんですけど、今回は、横子と安子がキスをするという展開で、面白かったんですけど、初見では、ちょっとノリが分かりにくかったかな…もう最後の方だったからだと思いますけど。

続いては、ユニットコーナー、まずはセンターステージで、ヤスくんと亮ちゃんの「アイスクリーム」
ジャンボモナカのようなマイクを持って、左右から二人がだんだん近づいてきて、お互いのマイクで歌うっていうのが、めっちゃ素敵でした。
次は、バックステージでの、丸ちゃんとたっちょんの「2人の花」
これは、前にアリーナ公演でしか披露されなくて、音源はあるものの、映像にも残ってなくて、めっちゃ見たかったので、本当に嬉しかったんですけど、バックステージで、しかも、ほとんど後ろ向きという状態だったのが、本当に残念でした。
まあ、毎回書いてますけど、ドームは、どんな席でも、見えない部分はできてしまうので、仕方ないんですけど…。
でも、ダンスもお揃いの白い衣装も、とっても素敵でした。
最後は、メインステージで、ひなちゃんとヨコちょの「はにかみオブリガード」
ひなちゃんのピアノとヨコちょのトランペット、合間にひなちゃんのダンスもあったりして、セリフの部分で手を組む様子もカッコ良かったです。
で、メインステージに6人集まって、「I to U」
この時の衣装は、メンバーカラーを意識したカジュアルな感じだったかな…
その後、ヤスくんが、関ジャニ∞はいい曲もたくさんあって、ライブではあんまり歌ってない曲を歌いたいと思いますというようなことを言って、6人が等間隔に離れた状態で並んで座って、「street blues」を歌ったと思うんですけど、すごく雰囲気が良くて、ドームにいるというより、ジャズバーにいるような不思議な安らぎさえ覚えて、感動しました。
そこから、同じメインステージで、一変するかのように迫力のある「ここに」

MCはセンターステージで、最初に、本人たちも給水しながら、観客にも給水してくださいという呼びかけ。
で、たぶん、これも、毎回やっているみたいだったんですけど、ペットボトルを持っている人は取り出して乾杯しましょうということで、丸ちゃんの音頭で、会場全体でも「乾杯」
亮ちゃんは牛乳を飲んでいたみたいで、牛乳は熱中症にも効くというようなことを丸ちゃんが話していたと思います。
ライブが1か月空いたので、その間何をしていたかというところから、ひなちゃんのオリンピックキャスター就任おめでとうという話になり、新聞記事の写真が、政治家みたいだったということから、本当に立候補するんじゃないかとか、髪をあげるようになったのは、首相と会ってからだとか、ひなちゃんのスローガンは「安定と挑戦」だとか、グループに首相とかいたら、一人だけSPつけなあかんとか、結構、盛り上がっていて楽しかったです。
亮ちゃんは髪を切ったそうで、コボちゃんみたいになったと言われたらしく、たっちょんも同じような刈り上げだったので、並んで後ろ頭を、スクリーンに映そうとしたりとか、可愛かったです。
ヤスくんは、舞台の稽古が始まったとか、そんなことを話しながらメインステージに移動して、そのまま、アコースティックコーナーで、「クジラとペンギン」と「蒼写真」
「クジラとペンギン」の演奏が終わった後で、丸ちゃんだったかな…自分たちの曲には動物の歌が多いって言いだして、軽くやり取りしていたのも楽しかったですし、「蒼写真」は、とても胸に響きました。

続いては、黒っぽい衣装に着替えてのバリバリダンスコーナーで、メインステージで「Black of night」
そこから移動してセンターステージで、「Masterpiece」「二人の涙雨」だったかな…丸ちゃん、ロングジャケットで、めっちゃかっこ良かったです。
ヤスくんも、ガンガン踊っていて、完全に元に戻ったのかなと、ちょっと安心しました。
で、このあたりで映像が流れるんですけど、ダンスコーナーの前だったのかな…色んな体の部分が大写しになって、次々にメンバーが入れ替わるという映像で、亮ちゃんが誰かに撃たれそうになるという夢を見たところから始まって、最終的にヤスくんが、亮ちゃんを撃とうとした男の衣装で笑って銃を向けているというような内容だったかな…ちょっと色っぽくもあり意味深な感じがしました。
この後は、また散り散りになるんだったかな…「大阪ロマネスク」の時は、たっちょんがすごく近くて、テンションが上がりました…散り散りになると、とにかく近くに誰か来てくれるだけでもうれしいですね。

ラストのクライマックスはバンドスタイルで、「Crystal」「ローリングコースター」「Tokyoholic」「勝手に仕上がれ」「LIFE」
バンドは、もう文句なしにかっこ良かったです。メインステージだったので、ちょっと遠かったですけど、丸ちゃんのベースは最高でした。
「勝手に仕上がれ」のソロとか、めちゃくちゃかっこ良かったです。
「LIFE」の時には、スクリーンに昔の映像とかが流れて、それが今の映像と重なって、これもまた涙腺が緩みそうでした。
そして、最後の挨拶は、映像で、亮ちゃん、丸ちゃん、ヨコちょ、ヤスくん、ひなちゃん、たっちょんの順番だったかな…ひとりずつ思いを語っていくんですけど、すごく本音で、でも、それぞれ関ジャニ∞やメンバーのことを思っているのが伝わってきて、感動しました。
それに続いての「咲く、今。」は胸にしみました。

アンコールは、大きなフロートに6人が乗って登場。
本編で歌わなかった、古い曲で、振りがあって、一緒に踊れるようなノリのシングルを中心にしたメドレー。
とても楽しかったです。
そして、最後は、センターステージで「ひとつのうた」
本当に感動しました。

色々なことがあって、色々な噂がネットで飛び交ったりもしていて、少し不安なこともあったんですけど、そんなことはもう、どうでもよくなりました。
とにかく幸せで楽しい時間だったから。
今、こんなに楽しく幸せな気持ちにさせてくれる人たちが目の前にいるということだけは、紛れもない事実だし、それは、誰にも否定できないし、否定もさせたくないと思ったから。
そして、これまで観てきたことも、決して、嘘ではなかったと確信できたから。

実は、今回、私と、娘も、当選していたので、東京ドームへは、もう一度観に行くことができそうです。
この幸運に感謝して、あと1公演、思い切り楽しみたいと思います。

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  12:13  |  ライブ  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |