FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.02.12 (Tue)

マニアック 2・11 13:30の部

190211-1.jpg
新国立劇場に行ってきました。
190211-2.jpg
面白かったです(^^)。
ヤスくんはとても元気で、生き生きとしていたし、歌声も、とても素敵でした(*^^*)。

190211-3.jpg
パンフレット1部 3000円です。

舞台の感想は続きから。
ネタバレありだと思うので、まだ、これから行かれるという方は、お気を付けください。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。

【More・・・】

上演時間は、一幕75分、休憩15分、二幕60分の2時間半。

舞台は、精神病院の病棟で、オープニングから、おどろおどろしい音楽と、キャストの奇妙な歌とダンスなどで、狂気を感じさせる世界観が存分に表現されていて、一幕では、その中で、ヤスくん演じる植木職人のアキラが、数少ないまともな人物だというのが感じられる展開で、社会の闇とか人間の業に、どう立ち向かい、二幕で、どう収めていくんだろうと思っていたんですけど、二幕では、どんどん展開の雲行きが怪しくなり、最終的には、下ネタのオンパレードにハチャメチャなラストシーンで、こんな終わり方があるのかと、逆に驚かされましたし、これが不条理の極みというものなのかとも思いました。
もちろん、面白い場面というかやり取りもたくさんあって、たくさん笑わせてもらいましたし、どこまでがアドリブなのかなあと思う場面もあって、楽しかったです。

映像では決して言えないような単語もたくさん出てきて驚きましたけど、それも、舞台という閉じられた空間だからこそ可能なことで、深読みをすれば、コンプライアンスにとらわれることの多い今の社会に対するアンチテーゼなのかなという気もしました。

正常だと思っていた人たちも正常ではなくなっていく中で、それでも、アキラだけは、最後まで、まともだったのが良かったし、なんとか救われたような気持になりました。

音楽劇というだけあって、歌やダンスもふんだんに盛り込まれていたんですけど、それぞれに圧巻で、引き込まれました。
ヤスくんはギターを弾いて歌うことが多かったと思うんですけど、歌声も、歌う姿も、本当に素晴らしく、かっこよかったです。

カーテンコールは2回で、会話というか言葉での挨拶はなかったですけど、2回目は、スタンディングオベーションで、客席の盛り上がりも、実感しました。
2回とも、キャストが舞台からはけた後、ヤスくんと古田さんが、舞台の左右の袖に分かれて、一緒に頭を下げてから舞台を降りていくんですけど、2回目の最後だけ、ヤスくんが眼鏡をはずして、客席を見渡してから、頭を下げて舞台を降りて行ってくれたのが、なんだか嬉しかったし、グッときました。

ヤスくん、楽しい時間をありがとう。
やっぱり、お芝居はいいなあって思いました。
私は、今回のお芝居は、これで見納めになると思うんですけど、みなさんが、最後まで、怪我無く、千秋楽を迎えられますように。
そしてまた、こういう機会に恵まれますように。。
その時を、とても楽しみにしています。

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  10:59  |  舞台  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |