FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.08.28 (Mon)

大倉くんと高橋くん 8・26

大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。


【More・・・】

今回は、スペシャル企画「夏のイライラグランプリ2017~この夏一番イライラした日~」

LINEで、グループラインから一人だけ外されていたというおたよりから、それを、その人に伝える人の方がイライラすると言う高橋さん。

高橋さんとカラオケに行ったら、高橋さんの歌を歌うようにしているという話をするたっちょん。

リスナーの生電話を終えて、本当にイライラしてる人の話を聞くと、あんまりイライラしなくて、宥めようとしてしまうという2人。

一つ一つの話に、話を伸ばし過ぎて、濃くやり過ぎたというたっちょんに、楽しかったという高橋さん。

大倉賞は、図書館で、チューチュー言っているおじさんがいるという話のリスナーさん。
「きしょいよね。ちょっと、ホンマに。やめてあげてほしい。」と言うたっちょんに、「目的が知りたい。」と言う高橋さん。
「市を挙げて、ちょっと、注意してほしい…やめるように、ホンマに、癖なんだとしたら、ホントに直した方がいいよって。18歳の子が、すごい怖がってるからって。」って言うたっちょん。

高橋賞は、カラオケで、友達がユーチューバーボーの動画をイヤホンをつけて見ているという話のリスナーさん。
「いや、もう、シンプルに、やっぱり、その、マナーというのはね、時代を越えると思います。いくら、便利な世の中になり、ポケットの中に、エンターテイメントがいくら詰まってるとしても、そのエンターテイメントを出す、見る瞬間っていうのは、選んだほうがいいよ。だって、エンターテイメントよりも、友達の方が、絶対大事。」って言う高橋さん。

リスナーさんのエピソードが多かったので、簡略になりましたが、一つの話を、ついつい長く引っ張って、盛り上がる2人が面白かったです。

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  13:13  |  大倉くんと高橋くん  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |