大倉くんと高橋くん 7・22 - はんなり。 ~丸山隆平×関ジャニ∞応援日記~
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

大倉くんと高橋くん 7・22 

大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。

高橋さんの挨拶から始まり、まずは、秋田県の大雨について話をする高橋さん。
関ジャニ∞のライブで、さすがに、大阪からは帰って来れないということで、久しぶりの2元中継で、大阪のスタジオの様子が、フェイスタイムで見えているらしく、「大倉さんは、今ね、俯き加減です。なんか、悩んでるのかなあ。あ、携帯、見てるのかなあ。今、鼻の下かいてます。今、天井見上げました。なんか、考えてるのかなあ、大倉さん。大倉さん、元気かなあ。あまり、ちょっと、今、フェイスタイムの向こうで、ちょっと、笑顔もなくて。元気ないかもしれない。」という高橋さん。
突然、「ここさあ。」と話しだすたっちょん。
「あれ? 大倉さん。」って言う高橋さんに、「ここさあ、一年半前にさ、腸閉塞でさあ、ライブ、ラストの前日に、ここで、ラジオした場所と、全く一緒なんや。」って言うたっちょん。
「ああ、言われてみると、なんか、後ろの額縁の絵とかあったね。」って言う高橋さんに、「そうや…怖いんや。」って言うたっちょん。「思い出してたんや。」って言うたっちょんに、「ああ、大倉さん、ダメだよ、そんな、思い出してたら、また、チョウヘイソクさんになっちゃうよ。」って言う高橋さん、「そんなことで、笑いにされたくないんや。」って言うたっちょん。
「お腹の調子大丈夫?」って言う高橋さんに、「お腹の調子は、全然大丈夫よ。」って言うたっちょん。

4Daysの3日目で疲れていないかと聞かれて、「全然、疲れてないですよ。」って言うたっちょん。
「大阪も、全部、盛り上がってもらってですね、非常に良いライブをやらさせてもらってる最中でございまして。元気があり余ってるから、もう、どうしようと思って、寝ることもできないし、興奮しちゃって…」って言うたっちょん。
寝ても覚めても、ずっとライブの夢を見てるし、興奮してるというたっちょん。
俺達はステージャーなんだという2人。

今週、プライベートで会っていたという話をする2人。
月曜日に、大竹しのぶさんの還暦祝いがブルーノートであったんだそうで、「すごい豪華な会でしたよね。」って言うたっちょん。
大竹さんと60人の男たちと題してパーティを開こうという友人のアイデアに乗って開かれたもので、楽しかったけど、結構、ご挨拶とかもさせてもらって、回ってくるとは思ってなかったので、そうそうたる面々の中で、最後の方に回ってきたので、頑張ろうと思ったんだけど、ほぼスベったというたっちょん。
笑いを取ろうとは一切思わなかったし、笑いなんか取れるわけないと思っていたので、簡潔に話そうと思っていたんだけど、最後にさんまさんと大竹さんのトークが、爆笑に次ぐ爆笑で、一言一言に笑ってたというたっちょん。
たっちょんのスピーチは、スマートに終えられたなと思ったという高橋さんに、良かったというたっちょん。
高橋さんは歌を歌ったらしく、ジャニーズがたっちょんを入れて3人いて、その横に高橋さんがいたそうで、それが謎だったという高橋さんに、高橋さんが一番気まずかったんじゃないかと思って気を遣ったというたっちょん。
逆隣には、ものすごく尊敬してる映画監督の方がいたり、名だたる女優さんや俳優さんや司会の方が、並びにずらっといたので、頼みの綱がたっちょんだったんだけど、たっちょんの隣にも、また有名な方が座っていたので、気を遣わせないように、楽しそうにしていたという高橋さん。
たっちょんは自由にウロウロしていて、ステージ上で歌っている歌を一緒に歌って盛り上げていたという話をする高橋さん。
関係者の人達ばかりで、ステージ上で気まずくならないように気を遣っていたというたっちょん。
高橋さんは、ずっと歌詞カードを見ていて、ナーバスになっていたという話をするたっちょん。
楽しかったけど、基本的には、セーブして飲んでいたというたっちょん。
次の日が早かったし、水と一緒に飲んでいたという高橋さんに、自分もウーロン茶と一緒に飲んでいたんだけど、きっとワインとウーロンハイを飲んでいると思われていて、そんなことはしないだろうというたっちょん。

2週間くらい前から、後頭部が痒くなってきて、すごいガリガリかいていたら、痛くなってきて、出血するくらいかいていたら、ヘアメイクの人が心配してくれて、ネットで調べると、深刻なことばかり書いているんだけど、頭が痒いくらいで医者にも行けなくて、1週間くらいしたら、耳たぶのところまで痒くなってきて、検索したら、かなり深刻なことが書いてあったので、とうとう医者に行ったら、「あせもです。」と言われたという高橋さん。
医者にもなんで来たのくらいの感じで言われて、薄い薬を貰って塗ったら、すっきり治ったという高橋さん。
病院とかマメに行くか聞かれて、「いや、行かない、怖い怖い。」って言うたっちょん。
自分も、すごくあせもができやすい体質で、首元と関節の所にできやすいというたっちょん。
47都道府県ツアーの時、あせもがすごくて、ずっとベビーパウダーを塗って、真っ白になりながら、ステージに立ってたというたっちょん。
でも、首元にでっかいあせもができて、治らなくて、どんどん象の皮膚みたいになって、さすがに病院に行ったら、そこにカビが生えていたというたっちょん。
皮膚科に行って、濃いめの薬を塗ったら、治ったというたっちょん。

イライラじゃんけんのコーナー

高橋チーム
質問に答える時に、「え、俺ですか?」って言う奴
たつ「むかつくなあ。たまにっていうより、1回以降はやめてほしいなあ…質問せえへんわ…頭の中だけで殴ってやろ、そういう奴は。」

大倉チーム
何をLineしても彼女の返事が全部スタンプ
高「大丈夫でした。イライラはしませんでした…イラッていうよりは、ものすごく悲しい気持ちになるなと思ったの…」

高橋チーム
「待って、可愛い。」「待って、ヤバい。」など、話し始めが、全部、「待って」の女
たつ「でも、どこにも行かないから大丈夫だよって…ロマンチックに返して、いい感じになりたい…女の子やから、待てるっていうだけ。それは、だって、異性が好きだから…」

大倉チーム
ラーメン屋さんにて、ラーメンを勧めたのに、食べない彼女
高「そうね。大丈夫です。まあまあまあ、ギリギリでした。」

カテゴリ: 大倉くんと高橋くん

テーマ: 関ジャ二∞ - ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

tb: -- | cm: 0

« スバラジ 7・22  |  関ジャニ∞クロニクル えげつないクセまみれSP »

コメント

コメントの投稿

Secret

インフォメーション

アンケート

HAPPY BIRTHDAY

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

はんなりへのメール

ブロとも申請フォーム

リンク