2017-07-18 13:15 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


「ツアー初日、札幌ドームが、無事に、終わってるといいなあ。」って言うすばるくん。
夏の時期に、札幌に行くのも、久々かもしれないというすばるくん。
札幌のよさこい祭りというのがあって、それのイベントに、毎年、呼んでもらっていたことがあって、やぐらの上に乗って、番組のレポートをしたりとかしていたという話をするすばるくん。
営業ってやつですかと聞かれて、「ホンマ、そうですよ、営業、営業。」と言うすばるくん。
デビュー当時は、演歌番組に呼んでもらったりとか、新聞社に取材してもらいに行ったり、ラジオでも、演歌の番組に出ていたというすばるくん。
CDショップにも行ったりして、演歌の売り方だったというすばるくん。
CDショップの店員さんが手書きで紹介分を書いてくれたりするのが有り難くて、デビューの時には、メンバー全員で見に行ったんだけど、関西限定で、これで売れたら全国デビューと言われていたので、嬉しいんだけど、在庫がめっちゃあるので、大丈夫かなと思ったというすばるくん。
京都のお店で、8人でいるんだけど、全然、顔を差さなかったというすばるくん。
京都で舞台をやっていたんだけど、休演日で、バーベキューかなんかに行った帰りに見に行って、微妙な感じになって、ラーメン屋のカウンターを8人で埋めたという思い出があるというすばるくん。
自分の地元のCDショップでは、めっちゃ書いてくれていて、お母さんが嬉しくて、写メで送ってくれたりしたというすばるくん。

1曲目は、スティービー・ワンダー「Isn't She Lovely?」

触角があったら、何がしたいですか?というおたよりに、触角がないと、虫はどうなるのかを聞くすばるくん。
「俺、触角があったら、その触覚で、色んな歩いたり、ぶつかるなとか、それは触角に任せて、目では、色んな他のところ、見ますね。」って言うすばるくん。
触角があると、色々できることは広がって、ライブでも、振り付けを触覚で出来るという話をするすばるくん。

カタツムリの生態を聞いて、テンションが上がるすばるくん。
さらに、カブトムシの話で盛り上がるすばるくん。
「すごいな、動物って。」と感動するすばるくん。

2曲目は、澤田かおり「幸せの種」

エイトクエスチョンのコーナー

「利き耳どっち?」
「電話で当てるのは、右ですね…でも、利き耳と言うと…俺、たぶん、左やと思うんですよ。」と言うすばるくん。
演奏の時に、イヤモニを片方だけでする時は、絶対、左だというすばるくん。
どっちか分からなくて、迷うすばるくん。
足とか手を使う時には、右なので、やっぱり、右だというすばるくん。

「一口ちょうだい、大丈夫?」
「ああ、ようあるやつ…俺、全然、大丈夫。」って言うすばるくん。
普通に、ペットボトルも大丈夫だというすばるくん。
ヨーグルトとか、カップ系は、ちょっと嫌だというすばるくん。
ラーメンは、全然、大丈夫というすばるくん。
一番、腹立つのは、食べようとしている時に、「いや、それ、あんまり美味しないと思うわ。」とか「それ、俺、この間、食ったで。」とか言う人で、空気を読めないのが腹が立つというすばるくん。
りょうちゃんが、「唐揚げ食べる?」と言って、素手で、グッと握ってから渡してきて、爆笑するという話をして、「もうね、彼のいたずら心、面白いですけどね。」って言うすばるくん。

3曲目は、シンディ・ローパー「Time After Time」

ラストの言葉は、「幸せの種」
すばるくんが、最近、一番、ハマっているんだそうです。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する