2017-07-10 14:49 | カテゴリ:テレビ番組
「うちの夫は仕事ができない」
結構、シビアな面もありながら、司の優しさが、全編を通して感じられたからなのか、なんだか、ほのぼのとした様子もあって、面白かったです。
番宣で、りょうちゃんの露出もすごくて、大変だなあって思いましたけど、視聴率も、良いスタートダッシュが切れたみたいで、良かったです(^^)。

「CDTV」
初めてのレコード店での、丸ちゃんの初々しさと、店員さんへの人懐っこさが、画面を通して伝わってくるようでした。
すばるくんがお店に馴染んでいて、本当にレコードが好きなんだなあという様子も分かって、良かったです。
いきなり値引き交渉をするすばるくんも面白かったですけど、実際にベースを購入する丸ちゃんにも、ちょっとびっくり。
でも、ベースを背負って歩くレアな丸ちゃんが見れたし、ベースを弾く姿も、とってもかっこ良かったし、嬉しかったです(*^^*)。

続きは、「関ジャニ∞クロニクル」7・8のまとめ書きです。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。



「ト書き」だけで即興芝居するドラマ

全力で手を振りアイドルスマイルで挨拶というト書きに両手で手を振りながら挨拶するりょうちゃんが可愛いです。
続いて、笑顔で手を振り、「気持ち悪いわ。」って言われるたっちょん。
月9の台本を見せるゲストの比嘉さんに、告知の補足をする丸ちゃん。
月9の台本を見て、「初めて持った。」と喜ぶひなちゃん。
「ハクション大魔王」の監督だということが分かり、オファーが行く可能性があるということで、「今日から、役作りや。」と言うひなちゃん。

ここからは既に収録済みのドラマVTRが流れるのをスタジオで観る展開。

丸ちゃんが、丸5日行方不明になったという設定の中、ずぶ濡れで現れる丸ちゃんが面白いです。
丸ちゃんを必死でタオルで拭くヤスくんを見ながら、「おくるみや。」って言うすばるくん。
りょうちゃんの喧嘩口調に、本気で怯える様子の丸ちゃん、「わあ。」と驚くヤスくん。
丸ちゃんにぬれせんべいを勧めるひなちゃんに、「濡れてる時に、ぬれせんべいいらんのちゃう?」って言うヨコちょ。
丸ちゃんのことを「お化けちゃう?」と言って、「死んだんや、あの子。」って言うすばるくん。
いきなり笑いだす丸ちゃんをビンタするヤスくんの間に入って、ヤスくんの口移しで丸ちゃんにぬれせんべいを食べさせよるとするひなちゃん。
思わず、「うわあ。」と素に戻る丸ちゃん。
擬音だらけで会話する丸ちゃんとすばるくんの息がピッタリで、アドリブとは思えないくらいでした。
怒りだすというト書きに、自分の足をテーブルに打ち付けて痛がるヤスくん。
五木ひろしさん風というト書きに、何故かしゃくれるたっちょん。

おちょぼ口というト書きに、口を尖らせて、アドリブで真実を説明する丸ちゃんが可愛いです。
腹を下すというト書きに、隣に座っているすばるくんの足をぎゅっと握って巻き込むりょうちゃんに、ホンマに痛がるすばるくん。
うたのお兄さん風というト書きに、歌い出すヤスくんとヨコちょ。
だんだん、グダグダになっていくヨコちょ。
可愛い子猫になるというト書きに、猫の真似をして、最初はじゃれあいながら、喧嘩を始めるすばるくんとたっちょんが、リアルでした。
寄り目をいうト書きに、寄り目ができず、白目になるヨコちょ。
せんべいにちなんだ一言というト書きに、「ポタポタさせたらアカンぞ。」って言うひなちゃん。

スタジオに戻って、VTRの丸ちゃんのおちょぼ口の告白が、体感2日くらいあったというヨコちょ、「でも、嘘つく時、いつもそんな感じ。」と言うすばるくん。

比嘉さんが選ぶベストパフォーマンスが「ぽたぽた焼き」ということで、びっくりするみんな。
「よく、あの流れを締めたなと思いました。」と言う比嘉さんに、「完全に月9も、ホンマにゲット。」って言うひなちゃん、「せんべい役で。」って言うたっちょん。
逆にアカンかったやつはと聞かれて、「猫のくだり。」と言う比嘉さんに、「にゃーって言えば良かった。」って言うすばるくん。

仲の良さも感じられたし、何よりも、めちゃくちゃ面白かったです。
やっぱり、7人でやる企画は、ワチャワチャしていて、楽しくて、好きです(^^)。

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する