10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

大倉くんと高橋くん 7・8 

大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。

今日は、めっちゃ暑かったという話から、夜はクーラーをつけてるか聞かれ、「正直、つけてる。」と答えるたっちょん。
つけたり消したりを繰り返していて、最近は眠りが浅いという高橋さん。

3日、髭を剃らないでいると、ヒッチハイクをしている人みたいで、髭が濃いという話をする高橋さん。
髭が濃いのに憧れるけど、アイドル業をやっているから、ダメなんだろうなあと思うし、体質で、一生、そうなることはないだろうというたっちょん。
髭は伸ばしていても、調節しないと、汚くなるという話で盛り上がる2人。
髭バランスの整った男になりたいという高橋さん。
髭が汚いと言われ過ぎて、舞台の説明も面倒くさくなったという話をするたっちょんに、髭もいいと思っていたという高橋さん。
生え方がまばらで、整えていたのに、汚いと言われて、育毛剤をつけてやろうかと思ったというたっちょん。
脇毛も10本くらいしか生えていないというたっちょん。
そこから、鼻毛の話で盛り上がる2人。

今日は、ゆっくりしていて、歯医者に行ったり、マッサージに行ったり、原宿に買い物に行ったり、自分のケアをしていたというたっちょん。
少しは疲れも取れたかと聞かれて、舞台が終わってからも、休みっていう休みが対してなくて、疲れも取れていないというたっちょん。
りょうちゃんがドラマの番宣で、テレビに出まくっていたという話から、キーワード録画で関ジャニ∞で録画しているので、ハードディスクがりょうちゃんだらけになっていて、それをちょこちょこ見ているというたっちょん。
脇毛のグラビアを見たことがあるかどうかで盛り上がる2人。
フルヌードより下着を着ている方がいいという高橋さん。

画像が送られてきたらしく、さらに盛り上がる2人。
話し合った結果、納得できるのであれば、ムダ毛は、全然、処理しなくてもいいというたっちょんに、同意する高橋さん。
面倒くさくて、やっているのであれば、結構、全部、面倒臭い人なので、ちょっとダメだというたっちょん。
お母さんが、ムダ毛の処理をしていて、子供ながらに、大変そうだったという話をするたっちょん。

「シックスセンス」の話を食卓でしようとしてして、「シックスナイン」と言ってしまい、食卓が、めっちゃ凍ったという話をするたっちょん。
その語彙を覚えたての頃で、自分でも、はあっ、となって、そのまま、シーンとしたまま、ご飯が終わっちゃったというたっちょん。
「めっちゃ、覚えてるわ、おでん、食べててん。」って言うたっちょん。

「すごかったね、今日の回。」って言う高橋さんに、「すごい、なんか、なんだろうね、保健体育の一部みたいだったね。」って言うたっちょん、
「サイエンスが尽きなかったね。」って言う高橋さん。
「すごい、そうね、なんか、全部、コーナー、飛ばしたもんね。」って言うたっちょんに、「そうだね、コーナー、イラジャンとかまで、飛ばしてまで、俺らは、毛の話と、エロ本の話しか…」って言う高橋さん。
「大倉さん、今日、結構、あれですね、行きますね…なんか、その、ティーンの頃の思い出も、ずいぶん、色々、話して下さって…」って言う高橋さんに、「いや、まあまあまあ、色々、思い出したんだろうね。」って言うたっちょん。
「おやすみ、みんな。(笑)良い夢見ろよ。」って言うたっちょんでした。

カテゴリ: 大倉くんと高橋くん

テーマ: 関ジャ二∞ - ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

tb: -- | cm: 0

« スバラジ 7・8  |  世界に羽ばたく(1.2.) 日本の未来へ(1.2.)… »

コメント

コメントの投稿

Secret

インフォメーション

アンケート

HAPPY BIRTHDAY

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

はんなりへのメール

ブロとも申請フォーム

gremz

リンク