2017-07-03 15:34 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


収録が、6月24日の土曜日で、4時44分だということに、「これは、嫌ですねえ。」と言うすばるくん。

アルバムの完成品を目の前にして、初回Bから開けている様子のすばるくん。
「これは、なかなか、また、こういう、しっかりした作りで。おおっ、開けたら、リンゴが。うわ、ちょっと卑猥です。リンゴの、しかも、この、真ん中のとこに、メンバーの、ちょっと卑猥だな…」
歌詞カードのビジュアルジャムについて、説明するすばるくん。
すばるくんのは、頭につけて、頭をちょっと振って、揺れているところを撮影すると残像で、こういうふうに見えるんだとか。
「マルは、これ、ほら、ボディペインティングですよ。」と言うすばるくんに、「CGやと思いました。」と言うスタッフさん、「ちなみに、僕は、5分で終わりました。」って言うすばるくん。
沖縄は、実は、極寒の沖縄で、ぶるぶる震えていたという話をするすばるくん。
「めっちゃ、暑そうでしょ。めっちゃ寒かったんですから、ホンマに。」って言うすばるくん。
「はあ、なかなか、こだわりが、詰まっております。」って言うすばるくん。
通常盤は、初回盤のフルーツ達が一挙になっていて、歌詞カードも、全部のせみたいになっていて、「これは、お得ですね、通常盤は、通常盤で。」って言うすばるくん。

1曲目は、関ジャニ∞「今」

初めてスバラジを聴いた時に、笛ラムネの話を聞いて、リスナーにシビアなんだと思ったというおたよりに、「捉え方によっては、これ、どうでしょうか。シビアっちゃあ、シビアかもしれないけど、捉え方によってはですね、これほど、リスナーとまっすぐに向き合う番組ってあるだろうか。深くお付き合いを…ちゃんと決着がつくまで、あのね、向き合うっていう番組も、なかなかないんじゃないかなって、自分では、思ってるんですけど…決して、見放さない、リスナーを、無下にしない、ね…ホントに、心おきなく、どんなおたよりでも、お待ちしてますんでね…」って言うすばるくん。

2曲目は、関ジャニ∞「NEVER SAY NEVER」
ヤスくんが作った曲で、初めて、メンバーが作った曲で、こんなに大きなタイアップの曲になったもので、ヤスくんも、ちゃんと、コンペに曲を出して、映画側の方が、ヤスくんの曲を選んでくれたんだという話をするすばるくん。

「生きろ」の感想を、たくさんいただいたということで、おたよりを紹介するすばるくん。
この曲を聴いて、前向きになった人が多いということに、喜ぶすばるくん。
こういう人が多いんじゃないかなあと思って、歌詞を書いたので、思った所に届いているってことが、嬉しいというすばるくん。
逆に、力を貰ったので、自分も、生きようと思ったというすばるくん。
「これからも、いい曲、いっぱい作ろうと思いますんでね、今後とも、よろしくお願いします。」と言うすばるくん。

そろそろ、ツアーモードということで、「来られるという方、是非、楽しみにしていただきたいと思います。」って言うすばるくん。

ラストの言葉は、「ライブだねえ。」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する