2017-06-05 14:34 | カテゴリ:大倉くんと高橋くん
大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。


番組が始まる前に、たっちょんの最近の日常を聞いて、色々頑張っていると感心する高橋さんに、「まあまあまあ、頑張ってるというか、仕事させてもらってるという感じですね。」と言うたっちょん。
一時はニートだったじゃないかという高橋さんに、一時的に、ニートは脱却したというたっちょん。
一時的に、にしては、分刻みというか、すごいという高橋さんに、ちゃんとゆっくり寝させてもらっているし、こういう時期があるというたっちょん、めっちゃ寝ていて、10時間は寝たんじゃないかという高橋さん。
寝過ぎると浅い眠りになって、夢をたくさん見るという高橋さん。
YouTubeで、大食いの動画を見るのが好きで、見ていたら、眠くなって携帯を胸元に置いて寝てたりして、寝て疲れたなあって思ったりするという高橋さんに、「分かる。すごい分かるよ。」って言うたっちょん。
ワイドショーを見ていたら、心が疲れることがあるので、テレビショッピングが癒しになっていて、ながらウォークというのを買ったという話をする高橋さん。
ワンダーコアとながらウォークばっかりやっている生活で、高橋さんの腹筋が割れてることに驚くたっちょん。
ゲリラ豪雨の時にジョギングをした時にあった災難の話をする高橋さん。

筋トレにハマると抜けだせないと思っていて、腰に爆弾を抱えていたり時期の問題もあるんだけど、本当だったら、すごくやりたいというたっちょんに、今のところ、そっちには行かないという高橋さん。
最初、ダイエット目的でジムに入会して、5kg位痩せて、それが25歳くらいの時で、そこからずっとやってるんだけど、海外のアクションスターとかを見ると、ジムに行こうと思うという話をするたっちょん。

人とすれ違う時に、目が合わないようにする癖があるというたっちょんに、「それは、俺もやる。」と言う高橋さん。
マスクして帽子かぶって下を向いて歩くから、すごい不審者だというたっちょんに、顔を刺されない為なんじゃないかという高橋さん。
ジョギングする時も、走る顔を見られたくないから、帽子を深くかぶって、すれ違う時に息を止めるから、都会で生きるのは、すごく息苦しいという高橋さん。
新宿とか走った時に、人が多くて、まっすぐ走れないから、横の動きが多くなって、大変だったという話をするたっちょん。
満員電車の時は、基本、鼻息をしないという高橋さん。

イライラじゃんけんのコーナー

高橋チーム
初対面の人に、「お名前は?」と聞くと、1回、下の名前を先に行ってから、ちょっと溜めて、フルネームを言われる
たつ「嫌やな、俺。チクショウ…そんなんされたら、嫌や、普段…」

大倉チーム
テレビを見ている時などにされる、母親からの「お母さん、トイレ行ってくるわ。」っていう謎の報告
高「これ、大丈夫です。これね、結構、俺も言っちゃうんですよ…分かります、言う人の気持ちが非常に分かるので…」

高橋チーム
いちいち、言葉の間違いを訂正してくる女性
たつ「むかつくか。イライラするわ…」

大倉チーム
プライベートで街を歩いていると、マネージャーが彼女と手をつないで歩いているとことに遭遇し、特に何も言ってないのに、言い訳をして、慌てて、彼女と去っていく
高「これは…抜け駆けっていう部分で、確かにイラッとしそうになるんですけど、まあまあまあ、小さなスキャンダルじゃないですか…それを見た自分っていうのは、ちょっと、優越感じゃないけど、秘密を握った感もあるので…」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する