2017-06-05 14:34 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」の抜き書きは続きから。


この回の収録が5月28日で、前日に番組のオンエアがあったので、「妄想鉄道スバナイン」で、すばるくんを英単語で例えるとというおたよりがリアルタイムで届いたという説明をするすばるくん。
いくつか紹介して、「まあ、エロでしょうね。」と言うすばるくん。
結論が出たということで、「どんなグループやねん。」と言うすばるくん。

色々立てこんでいて、今週来週くらいで、色々情報を出していくので、チェックはしっかりしてもらいたいというすばるくん。

1曲目は、関ジャニ∞「罪と夏」

ライブDVDのコメンタリーテイメントの感想のおたよりを読んで、「コメンタリーは、ホンマに、申し訳ないくらい、素過ぎて、ごめんなさいね、ホントに。でも、なんか、ならではの、ポロっとした素の一言だったりも…そういうのもあったりとか…」って言うすばるくん。

アコースティックのメンバーのリズムの取り方に個性が出ているというおたよりに、「ヤスとかりょうって、結構、リズムがタイトで、リズム感もいいし、リズムを気にする、ギターリストっていうものあるし、結構、1曲通して、ずっと、一定のリズムで、足で踏んでたりするねんけど、俺、それやると、なんか、気持ち悪いんですよね。ボーカルっていうのもあると思うねんけど、あんまり、リズムタイトに歌い過ぎても、なんか、機械っぽくなるのも嫌で、あんまり、足でリズムって、無意識やけど、取ってなかったりするかもしれへんなあ。要所要所では、もちろん取ってるねんけど。ああ、それは、たぶん、それぞれも、確かに個性はありますよね…」

「メトロック」の話題になり、「野外フェス初でしたけど、めっちゃ楽しかったですね。意外と、盛り上がってくれたなっていうか。もっと、まあまあ、最初は、絶対、物珍しさで、とりあえずは、人集まるなって思ってたんですよ…半分くらいからは、まあ、ちょっと、次のステージもあるやろうから、移動する人は、移動するやろなとは思って、ライブ、どこまで持ちこたえられるかなって、個人的には思ってたんですけど…意外と、なんか、結構、見てくれてる人も多かったりとかで。で、まあ、男の人もたくさんいて、モッシュがすごい起こったりとか、ジャニーズの東京ドームとかでは、なかなか、見れない光景でしたけど、自分達のファン以外の人に見てもらえるというのが、フェスの何よりの、出る側の、いい意味というかね、そういうことやと思うけど…すごいいい経験させてもらったし、有り難いことに、盛り上がってくれたし…でも、まだまだですよ、正直…機会があったら、また、さらに、成長できた姿を届けたいなと思うけど、初体験としては、すごいいい経験させてもらった…」と言うすばるくん。

2曲目は、関ジャニ∞「NOROSHI」

すご八のコーナー

「ぬかるんだ道」の良い所

まず、「ぬかるんだ」というのは、どういう状態かを聞くすばるくん。
危ないので、めっちゃ注意して運転するようになるので、全国的に、緊張感が走る。
草花が喜ぶ。
長靴とかブーツとか、普段、あんまり見られないファッションが見られる。
雨あがり特有の音になるので、音質の差が勉強になる。(足音が変わる)
子供にも優しい。
雨の匂いを思い出せる。
水分があるから、湿気が出て、お肌の乾燥にものすごい良い。
くせ毛の人がよりくせ毛になって、ウケる。

これを踏まえて、雨あがりを楽しんでいただきたいというすばるくん。

3曲目は、関ジャニ∞「どない」

ラストの言葉は、「気持ちいいー」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する