2017-03-27 13:23 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


今回は、公録の模様から。
歓声と共に、「こんばんは。近いね。もう、回ってますよ。」って言うすばるくん。
遠くから来た方を聞いて、札幌や大阪、青森と答える観客の皆さん。
応募7000ちょっとの中から80人は招待されたということで、「帰り、気を付けてくださいよ。ホント、知らんぞ。すごい色んな運を…楽しんでいってくださいね。」って言うすばるくん。

アメリカに一人旅をした話になり、劇場のトイレで、普段、見えてても気にしないので、普通にしていたら、お国柄なのか、スケールがでかいなあと思ったという話をするすばるくん。
アメリカの人がどういうふうにしていたかを説明して、そんなものを見るとは思わなかったというすばるくん。

1曲目は、KUWATA BAND 「雨を見たかい」

「輝け第4回スバデミー賞」

前回のスバデミー賞を受賞した方が来ていて、賞状を渡すことになり、授与した後、そのエピソードを、直接、話すリスナーさんとすばるくん。

ノミネート作品

「目の前の白い薄いピンクのもの」
高級焼き肉店でのクライアントとの食事で、牛脂を食べてしまったという話

「アイムナース」
家族で海外旅行に行くのに飛行機に乗り、主人が看護師なので「アイムナース」と答えたのに、ドクターと間違われたという話

海外旅行で、英語を話せなくても、面と向かってだったら、身振り手振りで
理解してもらえるんだけど、電話だと難しいという話で、ホテルで洗濯に出したんだけど、薄いパーカーが戻ってきてなくて、電話をかけた途端に、英語をしゃべられないということに気付いて、しどろもどろになり、「カムヒアプリーズ」と言ったというすばるくん。

「すばるくんはきゅうりです」
すばるキュウリは、味噌につけて食べてほしいのに、マヨネーズを付けられた気持ちを教えてほしい

「その場を繋ぐ2分」
医学部で、実技の試験があり、20分の所を18分くらいで全て終わってしまい、その場を繋がなくちゃと必死になり、「何か言い残したことはありますか。」と言ってしまったという話

「目覚めた父の一言」
一人旅中に心筋梗塞で倒れた父が目覚めた時に、自分達を見つめてほほ笑み、一言「美空ひばり」と言ったので、なんのこっちゃと分からず泣きだしてしまったら、母が「不死鳥」とつぶやいたという話

「年末のお仕事」
架空の年賀状で、「クワマン&横山裕 年越しライブ イン ウズベキスタン」に行っていたという話

2曲目は、ビリー・ジョエル「ピアノマン」

今年度の受賞は、観客の拍手で決定ということで、「すばるくんはきゅうりです」と「目覚めた父の一言」で決勝戦を行い、「目覚めた父の一言」に決定。
「これは、確かに、ちょっと、違いましたね。ちょっとね、空気が、他とは、こいつ、絶対、売れるなという、勢いある感じ…」と言うすばるくん。

受賞者は、次回の公録があれば、そこに、ご招待されるそうです。

来週も、公録の模様をお届けしますということです。

ラストの言葉は、「バイバイ。」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する