10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

TOKYO! 物語の始まり… 

「関ジャム」 2・26

「SHOCK」は、2回、観に行ったことがあったので、映像を見て、ここはあの場面だなあというのが分かったりして、懐かしかったし、裏側も知ることができて、面白かったです。
残念ながら、りょうちゃんたっちょんが出演した公演ではなかったんですけど。

たっちょんのエピソードが、ちょっと面白かったです。

丸ちゃんが去年のライブで披露した「マスク」、ジャニーズの伝統芸だったんですね。
それがきっかけでジャニーズ入りしたというのも初めて知ったし、「マスク」をやるということが、丸ちゃんの長年の念願だったのかなと思うと、ちょっと感慨深かったです。
ジャニーさんとのエピソードも、面白かったですね。

「Slave Maker」
丸ちゃんのベースソロ、めっちゃかっこ良かったです(*^^*)。。
向かい合うようにして演奏する姿も、とても素敵した。

続きは、「関ジャニ∞クロニクル」2・25のまとめ書きです。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。

「なのにさんを探せ」

場所は北千住、ロケに出るのは、ヨコちょ、たっちょん、ヤスくん。
いつものくじ引きのくだりはカットされたのかな…。

駅前のロータリーで、最初の挨拶をして、「キー高。」「入りがジャパネットやん。」と言われるヤスくん。
シャイだという通りがかりの男性の為に、いきなり女性を捕まえて、2対2の合コン風の会話を始めるヤスくん。

荒川の河川敷を歩くものの、誰ひとり見つけられず、日光街道に場所を変更するたっちょん。
毎日通り飲食店街という通りを見つけて、「うわあ、ヤバいとこある。こんなん、突然現れる?」って言うたっちょん。
ちょっと変わった建物に住んでいる落語家見習いの方の住居におじゃまするたっちょん。

一番人通りが多いという商店街で「なのにさん」を探すヨコちょ。
色んな番組のロケに行きすぎて、ロケの感覚を忘れてしまい、「なのにさんって、どんな感じやったっけ。」って言うヨコちょ。
なのにロケなのにヒルナンデスのグルメロケっぽくなってしまうヨコちょに、「何でもヒルナンデスに見えちゃう。」って言うたっちょん、「うまーって終わるやつやん。」って言うヨコちょ。
「全力ナンデス」といういじりに、「俺はええけど、そのうち、南原さん、怒るよ。」って言うヨコちょ。
1000円の自動販売機をやってみて、財布を当て、「可もなく、不可もなく。ヤバいな、今回、俺。もう、ヤスと大倉に賭けよ。」って言うヨコちょ。
下北沢の「なのにさん」探しで出会った人に、偶然、再び出会うヨコちょ。
絶対音感を持つ女子高生に、声を聴いてもらって、「ビミョー。」と言われ、「一応、紅白も出てるねん。」って言うヨコちょ。

ロケ開始からわずか15分で、自分が2歳の時に、マイケルジャクソンに抱っこしてもらって写真を撮ったという人に出会うヤスくん。
その写真を見て、「この写真すごい。これはすごいって。北千住に来て、マイケルと写真撮ったなんて、聞く? 俺、ホンマに、出会ったことない、こんな人と。マジで。これ、ホンマに、ロケ終われるで。」って言うヤスくんに、「なんやろな、あいつの感性。」って言うひなちゃん。
最速でロケを終えるヤスくん。

サンロード商店街で、変わった自動販売機を見つけ、シャボン玉を購入して、シャボン玉を吹き、「何これ。何してんの。」って言うたっちょん。
ポップコーンの自動販売機で、ポップコーンを買おうとしたものの、売り切れになり、「どういうこと? 220円取られたけど。」って言うたっちょん。
業者に電話すると、自動販売機の意外な所から220円が出てきて、「何これ。不思議過ぎひん?」って言うたっちょん。

千住仲町商店街の江戸時代から続く老舗の洋服屋さんで、結婚して家を出ていくことを考えられず、独身だという50代の姉妹と出会い、もし結婚したら、お店はどうすると聞いたら、「すぐにやめますよ。」と言われるヨコちょ。

スタジオは、今回、ヤスくんがお休みで、審査をする残りの4人。

今回、弱かったと言われ、薄々感じてるというヨコちょ。
りょうちゃんから、あのまま、ヒルナンデスのロケをやっとけばよかったと言われ、「そうなったら、俺、ずっとヒルナンデスやで。」って言うヨコちょ。

審査員の相談の結果、No.1「なのにさん」に選ばれ、「ちょっとやめてくれよ、もう、地獄や、今。もう、きれいにヤスでええやんけ。」って言うヨコちょ。
「僕だけ、ヤスに入れたんですよ。」って言うすばるくんに、「そうやん、この流れ。」って言うヨコちょ、「新しいテレビやな。」って言うたっちょん。
「自分で、手応えが、あれ?って思ったんでしょ。なのに、持ってきたじゃない、これを。やっぱ、愛があるなって思って。」って言う丸ちゃんに、「やめてくれって。」って言うヨコちょ、「ロケのVTR弱いなのに、No.1」って言うすばるくん。
「もし選ばれたら、どんな顔するんやろと思って。」って笑うりょうちゃん。
「なのにって難しいな。」って言うヨコちょに、「難しいわ。1票も入ったことない。少し、みんな、ニヤッてするだけ。」って言うたっちょん。

なかなか珍しい人はいなかったみたいですけど、テンポが良くて、面白かったです(^^)。

カテゴリ: テレビ番組

テーマ: 関ジャ二∞ - ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 大倉くんと高橋くん 2・25  |  世界を変える 真新しいルール… »

コメント

コメントの投稿

Secret

インフォメーション

アンケート

HAPPY BIRTHDAY

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

はんなりへのメール

ブロとも申請フォーム

gremz

リンク