10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スバラジ 2・25 

スバラジ」のまとめ書きは続きから。

「そんな訳で、2日間、ヒューストンにおったんですが…」と話し始めるすばるくん。

唯一、ホテルの横にレストランがあって、シーフードと書いてあって、レストラン行けるのかなと思ったんだけど、シーフードって書いてあるし、イケるだろうと思って、メニューを見たら、ほとんど読めなくて、絵もなくて、本気のメニューだったというすばるくん。
一つだけ、ハンバーガーだけが読めたので、仕方なく、「This one,please 」と指を差して言ったんだけど、肉の焼き加減を聞いてきて、めっちゃ困らせて、ようやく焼き加減だと分かって、「ミディアム、プリーズ。」と言って、それは美味しかったというすばるくん。

次の朝早くには、ニューヨークに行って、ニューヨークでは3泊して、「ハミルトン」というミュージカルを観たというすばるくん。
もちろん、セリフも、全部英語で、何を言ってるか、一切分からないんだけど、ストーリーを観ていたら、言ってることは分からないけど、なんとなく伝わってきたというすばるくん。
ニューヨークには、昼くらいに着いて、ホテルはタイムズスクウェアの近くで、どこに行くのも、ホテルから徒歩圏内だと言われ、劇場にも、明るいうちにロケハンをして、すぐに場所が分かったので、その辺りを歩いていたら、お腹が空いてきて、レストランのお薦めは、色々、情報を頂いていて、フードスタンドが、意外と美味しいと聞いていたので、探したんだけど、見つからなくて、結局、ドーナッツ店に入って食べたというすばるくん。

ニューヨークで一番衝撃だったのが、オフブロードウェイで、そこでしか見られないような小さい劇団の舞台を観たんだけど、それが変わっていて、昔ホテルだった5階建てのビルを、劇団が買い取って、その建物全部を舞台にしていて、セリフはなくて、音楽が流れていて、そこは、スタッフの人と2人で行ったんだけど、フロントから、お芝居が始まっていたらしく、2階のバーで待たされていたら、仮面を渡されて、私語厳禁と言われ、暗い中を移動した所から、役者は決まったお芝居をしていて、客は、どの部屋に行ってもいいし。自由に動き回ることができるという仕組みになっていたという話をするすばるくん。
「マクベス」をモチーフにした作品だと聞いていたので、丸ちゃんの「マクベス」を観ていたし、なんとなく分かるなと思って、そういう世界観で進んでいくんだけど、客は、部屋のどこに座ってもいいし、近くで見れることもできて、役者は客を無視して芝居を続けるので、客も空気を読みながら観ている感じがあって、日本にはない感じだし、面白くなって、5分くらいで、役者の男性が部屋を出て行ったので、すばるくんも、それに続いてついていったそうで、一緒だったスタッフさんは、女性の役者さんの方が気になってついていったので、はぐれてしまったんだとか。
色んな事が起こるので、芝居を観ているのか、覗いているのか、とにかく、すごい世界観で、面白くて、強烈な体験だったというすばるくん。

1曲目は、ライトニン・ホプキンス「ラスト・ナイト」

人生初の一人旅は、だいぶチャレンジだったし、今回、行けなかった所にも行きたいなと思ったというすばるくん。
ブルースが好きなので、シカゴとかニューオリンズとかの方に、今度行くなら、ブルースバーとかに、がらっと入ってみたいなと思っているそうで、チャレンジはすごい大事だなと思ったというすばるくん。
言葉とか、不安だったけど、なんとかなるだろうし、やってみようというのが大事なんだなっていうのを、身を持って体感したというすばるくん。

周りの人に気づかされたことを聞かれて、外国に行ったら、細かいハプニングがいっぱいあったというすばるくん。

2曲目は、チェインスモーカーズ「クローサー」

すば珍のコーナー

珍しい自動販売機が集まった古い建物があるという話
「すごいな。自動販売機は、でも、いっぱいありますよね、日本。」と言うすばるくん。
大阪でも田舎の方だったので、お米の販売機もあったし、エロ本もあったし、食べ物系は色々あったというすばるくん。

卒業した小学校の校歌が、途中から、「ルンルン、ラランランラン、シュッシュ」という意味が分からない歌詞が入ってきて、前後の歌詞とか関係もないし、ここだけ浮いている印象を受けたという話
「はああ。校歌も、色々ありますよね。これも、その学校によって。でも、なかなかですよね…なんか、めんどくさなったんかな、途中で、一回…中学の時の音楽の先生は、その校歌作った先生でしたね、音楽の。今でも覚えてる…男の、すごい好きやったんですよ…」って言うすばるくん。

3曲目は、ジャスティン・ビーバー「ラブ・ユアセルフ」

3月9日に、「スバラジ」公開録音が決定。
都内某所で、だいたい夕方くらいにと今のところ思っているそうで、詳しい情報は、NACK5のホームページ「スバラジ」の所の応募フォームをチェックしたら、色々な情報が載っているそうです。

ラストの言葉は、「公録、楽しみ。」

カテゴリ: スバラジ

テーマ: 関ジャ二∞ - ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

tb: -- | cm: 0

« YOU CAN SEE かつてこんな世は今では楽勝です…  |  大倉くんと高橋くん 2・25 »

コメント

コメントの投稿

Secret

インフォメーション

アンケート

HAPPY BIRTHDAY

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

はんなりへのメール

ブロとも申請フォーム

gremz

リンク