2016-11-21 14:42 | カテゴリ:大倉くんと高橋くん
大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。


この日、札幌に行っていたというたっちょん。
今週は珍しくバタバタしていて、二日で、大阪に行って、北海道に行って、戻ってきたという、謎の2000kmの旅をしてきたというたっちょん。
ドームツアーのキッズダンサーの企画で、たっちょんの担当が、大阪と北海道なので、移動していたという話をするたっちょん。
北海道では、渡部さんが紹介した途端に予約が取れなくなったというお肉屋さんに連れていってもらって、色んなジビエの肉を食べたというたっちょん。
ジンギスカンも食べたそうで、一緒にロケをしていたアナウンサーさんが、そこから見える景色の屋根のある所で、高橋さんがストリートライブをやっていたということを教えてくれたという話をするたっちょん。
どうせだったら、そこまで行きたかったけど、色んな所を回っていたので、行けなかったというたっちょん。

『行列』が翌日にオンエアだということで、どうなってるんだろうという2人。
編集の方とかスタッフの方には、すごく評判が良いらしいという高橋さん。
自分が悪い印象になってるんじゃないかと心配するたっちょん。
あの日から、どの番組にもネタにされないような、人当たりのいいラジオをしていこうと、気を付けようと思ったというたっちょん。

番組のスタッフさんが「象」を8人バージョンに編集した曲を聴いて、「すごいね。」と感心する2人。
サビで全員で歌っている所をどうしたのか聞いて、テンポを変えていると聞き、「光栄でした。」と言う高橋さん。

『行列』の話題に戻り、高橋さんの物真似をどう見ていたのか聞かれ、芸人さんにどういういじられ方をするのかと俯瞰で見ていたというたっちょんに、「ああ、そういうとこ、あった…見透かしてるもん。ああいう時の大倉くん、怖いもん、ちょっと、俺。話しかけづらい。」って言う高橋さん。
「いや、違うの、あれは、でも、番組じゃないですか。」って言うたっちょんに、「憐れみ、みたいな目で見てる。」って言う高橋さん、「憐れみで見てないわ。頑張れって思ってるよ。」って言うたっちょん。
あの時は、高橋さんがウケろって思ってたというたっちょん。
ミュージシャンというイメージじゃなくて、ふざけたいという高橋さん。
『ヒルナンデス』でも、いっぱいボケたんだけど、見事にスベったという話をして、有吉さんとかにも苦笑いされたという高橋さん。
で、生放送中に、自分の中で一人反省会が始まったという話をする高橋さん。

イライラじゃんけんのコーナー

大倉チーム
仕事を終えて玄関で出迎えた彼女に、「お帰り、ご飯にする? お風呂にする? それとも、ご飯の入ったお風呂にする?」
高「大丈夫です。肌にいいかもしれないじゃん…(笑)」

高橋チーム
あの人が会社の忘年会であのネタを披露ということで、マスオさんの物真似で「PPAP」をする高橋さん。
たつ「最後、ちょっと、閉まり悪かった…(笑)いや、面白いだけですわ…毎週、やってるね、マスオさん…」

大倉チーム
始めて部屋に来た彼女が、独特の匂いがするね、独特の雰囲気、独特の家具…と、独特を連呼する。
高「(笑)けなしてるわけじゃないから。独特ってね。なんか、思ってるんだろうね。あんまりいいのじゃないかもしれないけど、オブラートに包み込んでくれれば、イライラはしませんよ…結構、反省するかもしれない…独特って言われないようにしたくなるかも…」

高橋チーム
あの人は昭和のスターになってましたということで、マスオさんの物真似で「YMCA」を歌う高橋さん。
たつ「嫌や、もう、そのね、チョイスが嫌や。来るって分かっちゃった、自分が嫌や…」

「今週は高橋」ということで、いつもは「今週の尾崎」なんだけど、アルバムがリリースされたばかりということで、たっちょんが移動中に、ずっと高橋さんのアルバムを聴いていたそうで、その中で、以前、たっちょんが新幹線の中で景色を見ながら高橋さんのアルバムを聴いていたら泣けてきちゃったという話がきっかけに高橋さんが作ったという曲があって、それを今回、また飛行機の中で聴いていたら泣けてきちゃって、めっちゃ恥ずかしくて、温かいアイマスクをつけたら、お湯みたいになっちゃったんだそうで、それを、高橋さんに生演奏して欲しいというたっちょん。
大事な人の事を想像しながら聴いてほしいという高橋さん。
生演奏で、高橋優『ビューティフル』

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する