10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

大倉くんと高橋くん 11・12 

大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。

今週はどうしていたかと聞かれて、「今週は、結構、バタバタしてましたね。」って言うたっちょん。
キャンペーンがあって、あと、年末年始の取材などなどがあったというたっちょん。
高橋さんは、来週のアルバムリリースのキャンペーンとツアーのリハーサルで忙しくしていたんだけど、金曜と土曜がポッと空いて、主に寝ていたという話に、「寝ただけなのに、なんで、そんなに話題に出してきたんですか。」って言うたっちょん。
夜、11時とかに寝て、お昼過ぎだったり、この日も、起きたら16時だったという高橋さん。
出前館で出前を取って、ユーチューブで、最近は、落語にハマっていて、落語を見るという高橋さん。
すごくリラックスした2日間だったという高橋さんに、「入院か。」と言うたっちょん。
都内各所に、高橋さんの大きな広告が飾られていて、それを見つけた友達やスタッフさんが、メールやラインで教えてくれるんだけど、実際の自分は寝ていたという話をする高橋さん。
雨が降っている時にメガネが曇ったらどうするのかという話から、レーシックをするまでは、目が悪くて、手術をしたら、こんなに明るいのかと思ったというたっちょんに、レーシックをするかどうか悩んでいるという高橋さん。
レーシックをする前は、コンタクトをしていたんだけど、コンタクトをしていた時とも、レーシックをしてからは、なんか違っていて、起きた瞬間から、よく見えるのが、まず違うというたっちょん。
レーシックをしてから、視力は下がらないのかという質問に、最初、視力が0.0いくつから、1.5くらいまで上がって、高層ビルから、すごい遠くの文字が見えたんだけど、今は、ちょっと下がっちゃったかなというたっちょん。
昔は、ドラマで女性と近くなるのが恥ずかしいのでコンタクトしなかったりと言うようなことがあったという話をするたっちょん。
ステージ上では、暗くなると見えないので、一番困ったので、絶対に、コンタクトをしていたんだけど、速めの乗り物に乗ったりしたら、コンタクトが渇いて、前を向いていられなかったりしたので、コンタクトが嫌だったというたっちょん。
ステージ上では、観客を見るけど、たくさんの人に見られているので、嬉し恥ずかしいという話をするたっちょん。
自分に対して、嫌悪感を抱いている人は、無の感情で自分を見ている事があって、ちょっと傷つくというたっちょん。
高橋さんは、照れとかがなくて、ガンガン観客を見て、トークとかも、その日の表情で変えたりするんだそうで、その日のコミュニケーションを大事にしたいという話をする高橋さん。

ライブ中は、絶対に、メガネ曇り止めをやっているので、高橋さんにマネージャーさんは、必ず、メガネ曇り止めシートを持っているという話をする高橋さん。
しかも、汗をかくので、耳に、すべり止めもしているという高橋さん。
たっちょんが目が悪くなり始めたのは小学4年生の頃で、初めの頃は、黒板が見えなくなったことから始まり、メガネをかけていたんだけど、メガネをかけていると、メガネを支える鼻のてっぺんの部分が痛くなって、すごくストレスを感じて、メガネをかけたり外したりしていて、外していることの方が多くなり、小学6年でお仕事をするようになって、コンタクトにしたというたっちょん。
レーシックは7年前にやったというたっちょんに、出始めの頃で、よくすぐにやったねと感心する高橋さん。
ヤスくんが最初にレーシックをしたというたっちょんに、ヤスくんには目が悪いイメージがないという高橋さん。
高橋さんはヤスくんがレーシックをしてから出会っているからだというたっちょん。
お父さんも目が悪いので、目が悪いのは遺伝なんじゃないかというたっちょん。
お父さんの部屋のクローゼットの奥の方に、エッチな本がいっぱいあったというのを思い出したというたっちょん。
お昼、お父さんがお仕事に出かけていて、お母さんが買い物に行った時に、それを見ていたというたっちょん。
その頃、テレビとビデオが一体になった、ちっちゃいテレビデオでしか、ビデオが見れなくて、それでお父さんのエッチなビデオを見ていたら、ある時、ビデオが出なくなって、しかも一番上にあったものなので、お気に入りで、あれ、どこに行ったってなるから、なんとか、タイトルの張り紙だけでもはがそうとして、結局、捨てるまで、そのビデオは入ったままだったという話をするたっちょん。
ばれなかったのかという高橋さんに、「バレてないと願ってるけどね。誰かだろうって、なってる…」って言うたっちょん。
いきなり故障して、見れずじまいだったし、色んな意味でショッキングだったというたっちょん。
友達の家に行ったら、友達が落ち込んでいて、どうしたのか聞くと、タイトルも何もないビデオがお父さんの引き出しから出て来たと言っていて、高橋さんは、それを呪いのビデオで落ち込んでいるんだと思い、自分も見て、友達に一人だけ怖い思いをさせないぞと言うと、やめた方がいいと言われたんだけど、見ると言って、見てみたら、ぼかしのない、アダルトの中でも極みのアダルトなものが、バーンと出て、結構、生々しくて、怖いと思ったんだけど、友達の方を見ると、もう泣いているので、大丈夫だからと友達の背中をさすって、高橋さんもショックを受けたので、家の外に出たんだけど、街にも、そういうものが溢れていて、それが怖い思い出になってしまって、その後、男の子がクラスで下ネタを言っても、自分は笑わずに、友達の方を見て、俺は笑ってないからなと合図を送るというのが、中2くらいまで続いたという話をする高橋さん。
会社で海外に連れていってもらった時に、ホテルにエッチな本があって、外国人が過激な感じで、なんだか分からないけど、日本に帰ったら、自分の荷物の中に、その本が入っていたというたっちょん。
「やばってなって。なんで俺、鞄に入れたんやろと思って。捨てることもできへんし、捨てたら見られるでしょ、ゴミ袋の中。だから、ずっと、学習机の、奥の方に、バレない所に、すこっと入れてたんですよ。で、たまに見てたりしてたんですけど…ある日帰って、で、あれ?と思って。いつもと、なんか、学習机の配置が違うみたいな…あれ、やべっと思って、なんかおかしいと思って、真っ先に、そこに行って、バッと見たら、ないんですよ。これ、ヤバいと思って…親父の部屋に行ったら、親父の部屋のゴミ箱に捨ててあった。やべっ、バレたと思って。しかも、ライトな感じの本やったらいいけど、一番、ヘビーな感じの、マジか、みたいな。」って言うたっちょん。
「それは、なんなんだろ、直接的なコメントはないわけ? ご家族からの。」って言う高橋さんに、「ない、ないからこその、この怖さというか。」って言うたっちょん。
「無言の、廃棄みたいな。こんなもの見るな、みたいなことなのかな。」って言う高橋さんに、「そう、それも、そのゴミ箱に、その本しか入ってないんですよ。見せしめ。あれは、しちゃいかんよね…」って言うたっちょん。

イライラじゃんけんのコーナー

大倉チーム
ポケモンGOが大流行する中、「高橋優んちにGO」が登場して、高橋優が近くにいると、携帯が察知して、高橋優の居場所を教えるというもの
高「怖い、怖い、大丈夫でした。イライラではないですね…」

高橋チーム
あの人があのワイルドなグループに加入したということで、マスオさんの物真似をして歌う高橋さん
たつ「やりたいだけやん。毎週、やってるよ、マスオさん…マスオさんの物真似が流行し出して、今まで引っ張ってる人って、優くんくらいしかおれへんよ…」

大倉チーム
彼女とショッピングで、彼女が試着中、「もう着替えた?」と声をかけると、「イリュージョン」と言って、別の試着室から出てくる
高「大丈夫でした。可愛いのと、イラッとするよりは、サプライズな感じが良かった…」

高橋チーム
食事中、苦手なものがあった時に、「これ、苦手だから食べて。」と言ったら、「ええ、これ嫌いとか、人生半分、損してるわ。」と言い返して奴が、食後に熱いお茶を貰った時、「俺、熱いお茶とか無理なんだよね。」って言った後、すぐドヤ顔で、「あ、今、損してるって思った? ハイ、残念、俺、ただの猫舌だから、」と言ってくる。
たつ「めっちゃ腹立つ。普通に腹立つわ…」

大倉チーム
高橋優が動物園デートをしてると、彼女が、象を見て、「あ、めっちゃ、象。」、キリンを見て、「あ、めっちゃ、キリン。」、ライオンを見て、「あ、めっちゃ、ライオン。」、帰る時に、「めっちゃ、動物園だったね。」と言う
高「これ、イライラではないんだな。興味ないっていうか、ボキャブラリーがないんだなって思う…」

高橋チーム
ある日、大倉が部屋に帰ると、部屋にある全てのDVDに、「大人の」が書き足されている
たつ「ええ、どういうこと?(笑)…これは、あんまりやなあ。大人のってつくと、何でもエロくなるっていう感じでしょ。あ、夜の、ってついたら、もっとだったんで…」

今週の尾崎「ロザーナ」
「この曲ね、すごい好きで、弾き語りもしたし、カラオケで歌おうとしてるんですけど、キーが高過ぎて、歌えないっていう、僕にとってね、すごく悔しい曲なんですけど、すごい、メロディーとか、すごい好きなんですよ…」と言うたっちょん。

カテゴリ: 大倉くんと高橋くん

テーマ: 関ジャ二∞ - ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

tb: -- | cm: 0

« スバラジ 11・12  |  見えない言葉見つけるために 僕は君を探し続ける… »

コメント

コメントの投稿

Secret

インフォメーション

アンケート

HAPPY BIRTHDAY

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

はんなりへのメール

ブロとも申請フォーム

gremz

リンク