2016-10-24 14:56 | カテゴリ:テレビ番組
「関ジャム」10・23

「関ジャム」は、本当に、滅多にテレビに出ないような方が出演したり、音楽に対して深く突き詰めていたりして、良い番組だなあと思うし、関ジャニ∞にとっても、とても勉強になるんじゃないかなあって、改めて思いました。

「愛でした。」も、めっちゃかっこ良かったです(*^^*)。

続きは、「関ジャニ∞クロニクル」10・22のまとめ書きです。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。



「なのにさんを探せ@自由が丘」

ロケ担当は、りょうちゃん、ひなちゃん、すばるくん。

雨で、「人おれへんやん。」と、しゃくれて、不服そうに言うひなちゃん。
取材に応えてくれる人も少ない中、美容室に呼びこまれるものの、なのにさんが見つからないひなちゃん。
洋書専門店なのに英語が出来ないというお店から紹介されて、元プロ野球選手のシェフのいるイタリアンのお店に向かうひなちゃん。

石畳ストリートでロケを始めるりょうちゃん。
雨で人がいないので、服屋さんに入ってみるりょうちゃん。
ガールズヒップホップを踊る店員さんに、「ボインボインなってた。」って言うりょうちゃん。
ジュース屋さんで働きながらキックボクシングをやっている女の子がいるということで、蹴りを入れられるりょうちゃん。
柑橘系のジュースを頼んだはずなのに、苦いジュースを飲まされ、「絶対ハメてるやん。。」とスタッフに噛みつくりょうちゃん。
「こんなもん出してきたら、バレるからな。マジで、お店の人が勝手にやったみたいな言い方をしてるけど。」って言うりょうちゃん。

自由が丘デパートでロケを始めるすばるくん。
あちこちのお店を巡るすばるくん。

なのにさんで一度も№1を取ってないと言われ、「だって、もう、審査委員長が出来損ないですもん。」って言うりょうちゃん。
「ロケでいじられ出した。」って言うすばるくんに、「ヤバいな、これ。」って言う丸ちゃん。

すばるくんが見つけた「なのにさん」は、サンダル専門店なのに、靴の特殊な修理法を発明。

りょうちゃんが見つけた「なのにさん」は、真面目な店長なのに、過激なヘッドバンギングが趣味。

ひなちゃんが見つけた「なのにさん」は、理髪店なのに耳かきが超気持ちいい5万円コースがある。

スタジオで、耳かきをしてもらった気持ち良さを訴えるひなちゃん。

審査の結果、2対2に割れて、審査委員長が決めることになり、「村上くんです。」と発表する丸ちゃん。
腑に落ちない表情で、「審査委員長に選ばれるって、こういう気持ちなんですね。」と言うひなちゃん。
ヤスくんとたっちょんはすばるくんで、ヨコちょが丸ちゃんと同じひなちゃんを選んだんだそうで、ヨコちょに「助けてや。」って言ったという丸ちゃん。
「マルってさ、絶対、俺を選ばんようにしてるの? 俺のこと、一回も選んだ事ないけど…」って言うりょうちゃんに、「そういうことですね。」って笑う丸ちゃん。
「いや、ちゃうちゃう、笑いごとじゃなくて。」って言うりょうちゃんに、笑いながら手を合わせる丸ちゃん。

やっぱり、丸ちゃんとりょうちゃんって、いい関係性だなあって思いました(^^)。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する