2016-10-24 14:57 | カテゴリ:大倉くんと高橋くん
大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。


今回は、「今週の尾崎」スペシャルということで、冒頭、アナウンサーさんによるドキュメンタリータッチのオープニングナレーションで、尾崎さんの生涯と、それに影響を受けたたっちょんの紹介が流れて、スタッフさんの気合の入れ方に、「すごくないですか。今日、様子がおかしくないですか。」って言うたっちょん、「いつもと全然違うね。」って言う高橋さん。

「途中から、俺、いじるのやめろよ。俺の誕生はいいのよ…クスッとなるよ。ナレーションでいじるんじゃないよ、俺も、ツッこめないし。」って言うたっちょん。
そのアナウンサーさんが尾崎さんのデビューライブを見ていたという話をする高橋さん。
スタジオには、レコードとかカセットテープとかが飾られているそうで、「事が大きくなり過ぎてさ、もう、プレッシャーしか感じてないよ。」って言うたっちょん。

リスナーさんの尾崎さんエピソードが読まれた後、1曲目は当時のレコードの音源で「十五の夜」がかかり、レコード音源が、あったかみがあって、歌詞が沁みるという話をする2人。

高橋さんのニューアルバムに、たっちょんとの出会いのきっかけにもなった「象」がセルフカバーで収録されているそうで、それを、この番組で初オンエア。

リスナーさんのエピソードから、尾崎さんについて語り合う2人。

2曲目は、電話で話したリスナーさんのエピソードから、「街の風景」

3曲目は、リスナーさんのお母さんの大好きな曲ということで、「失くした1/2」

4曲目は、活動休止明けに、ニッポン放送の番組に出演してインタビューを受けていた尾崎さんの肉声と共に、「太陽の破片」

インタビューを聴いて、初めて普通にお話している声を聞いた気がするというたっちょん。
単純に、こんな声をしてるんだと思ったというたっちょん。
言ってる内容の方にも注目したという高橋さん。
話の内容にもすごく理解できたというたっちょん。

最後に、尾崎さんの魂を受け継いでいくには、語り継いでいくのはもちろん、歌い継いでいくことも大事だということで、2人で「I LOVE YOU」を、ギターと歌で生演奏。
思いがこもっていて、感動しました。

エンディング
「最高でしたね。」って言うたっちょんに、「最高だったよね。楽しかったよ、僕は。やっぱり。」って言う高橋さん。
「すごい気持ちが入ったような気がしました。」って言うたっちょんに、「今日は、個人的に、『象』かけてさ、大倉くんと一緒に演奏できてさ、尾崎の話聞けてさ、最高の夜です。」って言う高橋さん、「おやすみなさい。」って言うたっちょん。

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する