2016-09-12 14:44 | カテゴリ:大倉くんと高橋くん
大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。


オンエアの前に、iphone7が発売になることにぼやいていたというたっちょん。
携帯のケースをまた替えたのかと聞かれて、このタイミングで、携帯を替えたという話をするたっちょん。
この間、酔っ払って、家で、朝起きたら、ボロボロになっていて、画面が蜘蛛の巣みたいになっていて、真っ二つになっていたらしく、何したんだろうと思ったんだけど、分からないんだとかで、急遽、買いに行って、何日かしたら、新発売になるというので、もうちょっと待てなかったのかというたっちょん。

この日、広島が優勝したということで、高橋さんの事務所には、広島出身の方も多いし、広島が熱いという話をする2人。
で、もうすぐビールかけが始まるので、その様子を生中継でお届けすることになったんだけど、そのビールかけに疑問を呈する2人。
ここからはアナウンサーさんが混じって、優勝場面のリプレイやインタビュー、都内での祝勝会場での中継などがしばらく続きます。

今週はどうしてたかと聞かれて、基本的にカレンダーを見ないと分からないと答えるたっちょん。
ドライブをしながら、尾崎の曲を聴きながら、今週はどうしようかと考えていたというたっちょん。
先週から始まった企画なんだけど、たっちょんの承諾なしに、いきなり始まったらしく、肩の荷が重いというたっちょん。
かなり音楽ラジオっぽい感じになってきたという2人。

この日の関ジャニ∞の特番で、、たっちょんがアナウンス部のロケをしていたのを、高橋さんが見たという話から、アナウンサーもいけるんじゃないかということで、ニッポン放送から始めてみませんかと売り込むたっちょん。

無事に秋田のフェスが終わったということで、ニュースにもなっていたという話から、「ヤフーニュースはね、常々、チェックしてますんで。僕の情報源、ヤフーニュースだけなんで。」って言うたっちょんに、「ああ、そうなんですか。まあ、でも、嬉しいです。その、横手の、地元のフェスのこと、チェックしていただけて。すごい暑くてね、二日間でね、東京より暑かったんですよ、34度とか。気温が。だから、せっかく、北国にね、足を運んで下さった、日本中の方々が、びっくりしちゃったかもしれないです。」と言う高橋さん。
「ああ、まあ、涼しいイメージあるもんね、それ、びっくりするよね。冬に行った時の雪って、まあまあ、こんなもんだろうって思うじゃないですか、積もってても。でも、夏の暑さったら、ないよね。」って言うたっちょんに、「そうなのよ。もうちょっと、涼しいとかさ。」って言う高橋さん。
でも、横手は、自然が多くて、木々に囲まれてる感じなので、暑いんだけど、3時4時位になると、一気に、心地良い風が吹いてくるという話をする高橋さん。

ちょっと焼けたかと聞かれて、ゴルフ焼けだと答えるたっちょん。
ゴルフはパークゴルフしかやったことがないという高橋さんに、ゴルフって、自分との戦いで面白いし、人となりが出るというたっちょん。
たっちょんは、25、6才くらいから始めたらしく、若者はすごくゴルフ離れをしていて、全盛期から比べると、全然なんだけど、すごく良いコミュニケーションツールだという話をするたっちょん。
ジョギングくらいしかしないという高橋さんに、「優くん、ハマると思うよ。」って言うたっちょん。
人生観と重なる所もあって、深いというたっちょん。
それは筋トレにも通じるんだそうで、結局は、誰も見てなくて、自分との戦いだという話をするたっちょんに、ジョギングも一緒だと思うという高橋さん。
フェスのコラボで踊ることになって、スタジオで4時間くらい練習して、それにも通じるという話をする高橋さん。
その話から、「関ジャム」で取り上げた清竜人さんの話になり、ソロ時代のシングルで勧められた曲のVTRだけで、その場にいたメンバーがみんな、ハッとなって、その後、みんな、曲を買っていたというたっちょん。
で、「今週の尾崎」か「今週の清」にするか選べるということで、冒頭で、尾崎の「誕生」をかけると言っていたんだけど、「今週の清にしようかな。」と言うたっちょん。

来週は、関ジャニ∞が徳島でライブをなんだけど、前回の沖縄と秋田で、この夏の出張旅費の予算が、底をついたということで、残念ながら、来週の放送は、やむを得ず、久々の録音となるそうです。
ということで、ある意味、自由度が高くなるそうで、企画も、第2回ツボ曲リクエストじゃんけんになるという話に、覚えていないというたっちょん。

イライラじゃんけんのコーナー

大倉チーム
街を歩いていると、「高橋優さんですよね、拍手してください。」と言われて、拍手させられる。
高「(笑)なんで、俺が? イライラはしないよ…」

高橋チーム
彼女とのデートが終わって、寝る前に、彼女に電話して、「今日は楽しかったね。」と言うと、「楽しかったね、でも、日付が変わってるから、昨日ね。」と言われる。
たつ「ああ、そういう奴、おるよね、おるおる…厳密に言うなよ、分かるやろ、伝わってるやろ…」

ここで、いきなり、「あ、今日、安田くんの誕生日や。」って言うたっちょんに、「俺、さっき、ライン送ったよ。」って言う高橋さん。
「俺もね、10時半くらいに送った。」って言うたっちょんに、「あ、早くない? あれ?」って言う高橋さん。
「ちょっと前乗り感覚で。」って言うたっちょんに、「俺、日付変わってから送った。」って言う高橋さん。
「そう、早いなっていうことだけ送ってきたけど。俺が、多分、一番先やった。」って言うたっちょんに、「いいね、そういうの。そういうとこ、ちょっと、こう、少女みたいなとこあるよね。」って言う高橋さん。

大倉チーム
1ヶ月1万円生活にチャレンジすることになったたっちょんと高橋さん。
その1日目に、買い物から帰ってきたたっちょんが、「優くん、8000円の肉買ってもうた。アハハ。」
高「なんかね、俺、そういうの、イラッとはしないと思う。なんか、ちょっと、最初から、ピンチみたいな状況、嫌いではない。」

高橋チーム
デート中、彼女が洋食食べたいと言った1時間後に、やっぱりダイエットするから和食、と言ったかと思うと、食事に向かう車の中で、テレビでインドカレーやってたんだけど、カレーいいねと言い出す。
たつ「嫌やな、俺。嫌や。俺、コロコロ変わられるのいいけど、最終的に、カレーって行きつく奴が嫌や。嫌や。俺、1杯で済ます夕食、一番嫌いやねん。ちゃんとつまみながら飲んでしたいから、行きついたとこ、カレーかいっていうところで怒ると思う。もう最悪や。」

「今週の尾崎」のコーナー
今週は「誕生」という曲で、結構、長編で、フルコーラスだと10分くらいあって、これは、尾崎さんが、ある人生の大事なタイミングの時に書かれたのかな、果たして、これは、想像も交じってるのかな、これはリアルなのかな、って思いながら、胸がグッとくる曲だというたっちょん。
これを自分のもがきとして、伝えられている尾崎さんの名曲の一つだというたっちょん。
たっちょんが熱く語るのが、刺激になるし、曲に対する愛を感じるという高橋さん。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する