2016-09-05 14:23 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


今週は初めての企画で、おしゃべりだけでやってみようというのを何回かやったんだけど、それに似た感じで、色んな音楽を聴こうっていう回もいいんじゃないかということで、プロモーションでNACK5に届いた紙資料を見ながら、単純に気になったものを聴きたいと思っているというすばるくん。

最近、自分でたくさんラジオを聴くようになって、この曲を押されてるなあと思ったら、自分の番組でもやってみたいと思ったというすばるくん。
色んなアーティストの紙資料を見ているらしいすばるくん。
で、アレキサンドロスの新曲を聴いてみようかということになり、ヨコちょの出演するドラマの主題歌だったことに驚くすばるくん。
「Swan」アレキサンドロス
「あ、かっこいい…ギターが印象的やなあ。すごいかっこいい…僕らの番組来てもらった時も、ギターの方のギターが、すごいね、かっこ良かったんですよね。あと、ボーカルの人の声がいいっすよね…」

マーシーさんの新バンド「ましまろ」がニューアルバムをリリースしたということで聴いてみたいというすばるくん。
「なりゆきまかせ」ましまろ
「いいなあ、最高、幸せですね…ましまろ、これ系の曲調、多い気がするなあ。なんか、すごい、ホンワカ、いいわあ…ましまろはいいですねえ…」

「いや、なんか、色々聴きたくなってくるなあ、これ。ジャニーズウエスト。ねじ込んできたなあ。人生は素晴らしいやて。なるほど。頑張ってください。アハハ(笑)…人生は素晴らしいから大丈夫や、お前らは、もう。」って言うすばるくん。

Coccoの1年10カ月のニューアルバムということで、聴きたいなあというすばるくん。
「有終の美」Cocco
「ああ、かっこいい…やっぱ、生っていいですん、たぶん、生楽器でしょ、これ、多分、打ち込みが入ってへんと思うなあ…シンプルな編成なんですけど、なんか、ちゃんと人の演奏した音がするから、すごく良いなあ、いや、いいっすね、かっこいい。」って言うすばるくん。

すごく気になるのがあるということで、クミコwith風街レビューの「寂しい時は恋歌を歌って」
「いやあ、大人やなあ。かっこいいなあ…でも、なんか、やっぱ、演奏が、かっこいいなあ。やっぱり、こういう、こういう生の感じ。いいっすねえ。」と言うすばるくん。

どうしても、これは聴いてみたいのは、ということで、万博公園で開催されたウルフルズさん主催のフェスで発表されたという新曲を選ぶすばるくん。
ウルフルズの「人人人」
「いや、もう、こんなん、ずっと聴いてられるなあ。最高じゃないですか。口笛で始まるんですよ、もう、最高でしょ、それ…ああ、いいっすねえ…」

「これ、楽しいなあ、やっぱり、色んな音楽聴くの。家で、レコード聴いてる気分やなあ…」って言うすばるくん。

全然、知らないのに触れてみたいということで、グリムスパンキーのアルバムから「ネクストワン」
前奏から「もう、腹立つなあ。かっこ良すぎるやろ。」って言うすばるくん。
「すげえ、かっこいい。声。サウンドは、あの人っぽいですね、スーパーフライとか。かっこいいな…もう、すぐ、1曲目から、ライブきたような、気分に、持ってかれた、今、最高っすね…」

フィフス・ハーモニーの紙資料を見ているらしく、「すごいセクシーなお姉さん達で、ガンガン踊るんですよね。で、大倉が、このお姉さんらの、すごい身体してるんですよ、やっぱり。あの、このお姉さん達が。で、このお姉さん達の凄いセクシーに踊ってるのを見て、何故か分からんけど、ああ、ステーキ食いたいなあって、言ってましたね。理由は分からないですけど。腹が減ったらしいんですけど。ああ、ステーキ食いたいって言ってましたね。どういうこと、お前、それっていう(笑)…」って言うすばるくん。

あと1曲ということで、自由に視聴させていただけるわけだし、全く知らないのを聴きたいというすばるくん。
ホワイトアッシュのサードミニアルバムから「モンスター」
「いやあ、好きですね、これは好きですね、ホワイトアッシュ。いや、好きやなあ。ちょっと、始まり方もかっこ良かったなあ…やっぱ、ギターロック、かっこいいなあ…」って言うすばるくん。

「どうでしたか、今日は。」と聞かれて、「いや、楽しい。この企画は。すごく。良いっすね。なんか、これ、定期的にやっていきたいですね…いいんじゃないですか、たまには、こういうの、これ、ちょっと定期的に。次、洋楽だけでやってみてもいいかもしれないし、なんか、ちょっと、色んなジャンルでやってみてもいいかもしれない…」って言うすばるくん。

すばるくんのソロツアー「歌」のライブDVD/BDがリリースされるということで、ツアーファイナルの国技館の映像と、ドキュメンタリーがレコーディングの前の打ち合わせで、完全に、プライベートで、飲み屋で、スタッフとしゃべって、どうする?っていうところから始まる、完全にプライベートの映像から、全部、かなりの物になってて、すばるくんが嫌ほどチェックして、自信を持って、お届けできるものになっているというすばるくん。
そして、これを一人でも多くの人に見てもらいたいので、DVDが出るよって、いっぱい、呟いて、とにかく広めて欲しいというのが、エイターへのお願いだというすばるくん。
「これ、ホンマに、関ジャニ∞の為に、僕は、これを、ホントに、広めていきたいんですよ。なので、これ、出ますんで、皆さん、楽しみに待っていただきたいと思います。」と言うすばるくん。

ラストの言葉は、「ありがとうございましたー。」

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する