2016-08-01 12:47 | カテゴリ:テレビ番組
リサイタルツアーも、無事、開幕したようですね(^^)。
実は、制作解放席のメールが届いて…このメール自体が、抽選の上で送られてきたということにも驚いたんですけど…なんとか、最後の望みを託したものの、見事、玉砕…(><)。
せめてもの、ということで、娘がグッズのパンフとストラップを、買ってきてくれました。
160731.jpg
地域限定ストラップ、千葉は丸ちゃんなのが、ちょっと嬉しかったです(*^^*)。
長いツアー、どうか、怪我なく終えられますように。
そして、各地方に行かれる方は、関ジャニ∞の「罪と夏」を、存分に楽しんできてくださいね(^^)。

「関ジャニ∞クロニクル 7・30」のまとめ書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


「なのにさんを探せ」

今回のロケは、たっちょんとりょうちゃんとヨコちょで、神保町へ。

古本屋の多さに驚くたっちょん。
「浮世絵って、ごっついエロいやつじゃないですか。」とテンションが上がるたっちょん。
「慣れる」を、噛んで「舐める」と言ってしまうたっちょん。
なのにさんより、本探しに夢中になるたっちょん。

すずらん通り商店街で、なのにさん探しを始めるりょうちゃん。
サラリーマンに年齢を聞いたものの、「そんなもんですね。」って言うりょうちゃん。
天麩羅屋さんにインタビューしつつ、その場にいたお客さんに「すみませんね。」と気を遣うりょうちゃん。

白山通りで、なのにさん探しを始めるヨコちょ。
ヤスくんが浅草の「なのにさんロケ」で出会った親子に、たまたま出会うヨコちょ。
専修大学で撮影許可を貰い、大学構内でロケを始めるヨコちょ。

女子学生に騒がれながらも逃げられて、「むちゃくちゃにされた気持ち。」って言うヨコちょ。
ヨコちょが見つけた「なのにさん」は、弱冠二十歳なのに人類初の登頂に成功。

これ以上の人が見つからないので、「カレー食べて帰ろうよ。」と言い出すたっちょん。
たっちょんが見つけた「なのにさん」は、古本屋の店主なのにオリンピック野球銀メダリスト。

大柄な外国人なのに可愛いキャンディブーケを作っているキースさんを呼び出してもらうものの、2人やってきて、心配して同伴してきた上司の方が気になるりょうちゃん。
キースに期待していたのに上司の方がさらにギャップがあることに混乱するりょうちゃん。
りょうちゃんが見つけた「なのにさん」は、ワイルドなバイカーなのに可愛いキャンディブーケを作っている。

美女探しをやめたことに着いて、誰かに怒られたのかと聞かれ、怒られてないけど、自ら反省したというたっちょん。

審査員の協議で、丸ちゃん以外の意見が一致するものの、丸ちゃんの意見で、ヨコちょの「なのにさん」が「No.1なのにさん」になり、「こっち側としては、選ばれて、ものすごい地獄やで、今。」というヨコちょ。
他の3人は、りょうちゃんを選んだということで、「またや。お前か、こらー。」と憤慨するりょうちゃん。
審査委員長の席に座るなとりょうちゃんに言われ、3人の意見を聞くものの、ボーっとした表情で、「いやあ、ちょっと、考えが追いつかないですね。」って言う丸ちゃん。
とぼけた表情が、めっちゃ可愛かったです(^^)。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する