2016-06-25 12:03 | カテゴリ:テレビ番組
いよいよ、「マクベス」も初日を迎えますね。
丸ちゃんを始め、キャスト・スタッフの皆さんが、一丸となって、怪我なく、千秋楽を迎えることができますように…(*^^)v

160625.jpg
表紙になると、ついつい、買ってしまいます。
ページ数も多くて写真も豊富だし、何より、丸ちゃんがめっちゃかっこよくて、記事も読み応えがありました(*^^*)。

続きは、「関ジャニ∞クロニクルSP 6・24」のまとめ書きです。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


<いきなりドッジ>

全国放送ということで、たっちょんは全国の人をがっかりさせるかもしれないと言われ、「がっかりしてるようなことしてる? 俺。」って言うたっちょん、「ホンマにねちっこいからな。」って言うすばるくん。

ゲストは、女優の波瑠さん。
ドラマで共演するということで、波瑠さんに、全然、セリフが言えなかったことを暴露されるヨコちょ。
3回も共演しているのに、こういう時しか目を合わせてくれないと、波瑠さんに言われるりょうちゃん。

ボールを波瑠さんに譲って、ぶつけられるものの、うまく受け取って、波瑠さんにぶつけ返す丸ちゃんに、心の闇が見えたというひなちゃん。

オヤジギャグを言ってスベってしまい、ヨコちょに、速攻でボールをぶつけられる丸ちゃん。

ひなちゃんに思い切りぶつけて、ガッツポーズを決めるたっちょん。

波瑠さんに絡んだ後、丸ちゃんがりょうちゃんを見る様子に、「俺、見んなよ。」と、丸ちゃんに説教するりょうちゃん。

水槽の底から出てくるボールの驚くみんな。
丸ちゃんの持っていたクッションを波留さんが奪い取る様子に気を取られているうちに、地味にボールを当てられるすばるくん。

ボールを当てられたくなくて、即泣きするヤスくん。

超可愛い顔で「大好き」&投げキッスというミッションで、「マルは見たくない。」と言われ、「傷つけんなよ、いらんところで。」って言う丸ちゃん。
「絶対、当てません。」と言われ、近付いた途端に、りょうちゃんに当てられて、ふて寝した後、ダダをこねるすばるくん。

「悪女になった波瑠からディスられまくる」というミッションボールを受け取って、残念がる丸ちゃん。
ボールをぶつけられ、波瑠さんから「豚野郎。」とディスられるヨコちょ。

「面白メガネをかけて、これからの目標を真剣に語る」というミッションボールを当てられて、当たってないと言いつつ、手にかすっただけと言うりょうちゃん。
タレ目の面白メガネをかけるものの、「変わってへん。」「一緒や。」と言われるりょうちゃん。

「悪女になった波留から超絶ディスられまくる」というミッションボールにジタバタするひなちゃんとすばるくん。
ひなちゃんに狙いを定めている様子のヨコちょに油断して、結局当てられ、「もう、なんでなん。」と凹むすばるくん。
「小学校みたいな格好をして、いくつだと思ってんだ…しっかりしな。」と波瑠さんに言われ、「はあ、すっごい…なんか、良かった。」って言うすばるくん。

<なのにさんを探せ>

ロケは、すばるくんとりょうちゃんとたっちょんで、赤羽に。

いきなり、駅前で座り込んで酒を飲んで酔っ払っているおじさん達に話しかけるものの、話が進まず、逃げるりょうちゃん。
「あのおっさんから離れたい。」と言うりょうちゃん
昼カラオケスナックに入って話を聞こうとするものの、やっぱり逃げるりょうちゃん。

今回も美女を探す作戦に出るたっちょん。
「美女探しですか?」と聞かれて、「美女探しです。」と答えるたっちょん。

50年以上の歴史がある団地で、「ディープ過ぎひん? 俺だけ。」って言うすばるくん。
懐かしいクレーンゲームを楽しむすばるくん。

たっちょんが見つけた「なのにさん」は、酒場の女性店員さんに、ホラーのコスプレ写真を見せてもらい、「可愛らしい女性なのにホラーのコスプレが行き過ぎている」

りょうちゃんが見つけた「なのにさん」は、ネイルサロンの専務で、『踊るポンポコリン』を歌っていた人の親戚で、日本人だけど12歳から30歳までアメリカに住んでいて、21歳の時にアメリカ海軍として戦争に行き、流れ弾が足に当たったことがあるということで、「見た目は紳士的なのに戦場に出て銃弾を受けたことがある」

すばるくんが見つけた「なのにさん」は、食料品屋のおじいさんが絵を趣味で書いていて、人にあげてると言うので、「絵を下さい。」と言うと、聞こえないふりをするということで、「会話もしっかりした92歳なのに面倒な話は聞こえないふりをする」

で、スタジオで審査をすることになり、たっちょんだけ、「9割ニヤけてた。」と言われ、「可愛い人と話したら、ニヤけへん?」って言うたっちょん。

赤羽NO.1なのにさんは、審査委員長の丸ちゃんにより、すばるくんに決定したものの、リアクションが低く、「そんなに嬉しくない。」って言うすばるくん。
他の審査委員は、りょうちゃんを選んだということで、「だから、実質は、りょうなんですよ。」って言うすばるくん。
選考理由を聞かれて口ごもる丸ちゃんに、「ちょっと待って、もう、身体、ものすごい熱いから。やめてあげて。」って言うヨコちょ、「お前が一番、なのにさんやんけ。」って言うりょうちゃん、「あのおじいちゃんの方がしゃべれるわ。」って言うすばるくん。
「審査委員長なのに選考理由が特になし」というテロップでオチがつく丸ちゃん。

<バッキバキ体操>
ゲストは、トレエンの斎藤さん。
テロップで、歌詞と一緒に、動きも表示されていて、かなり完成度が高くなりました(^^)。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する