2016-05-30 13:08 | カテゴリ:大倉くんと高橋くん
大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。


ラジオの放送と放送の間に、久しぶりに、ご飯を食べに行ったという2人。
高橋さんが全部セッティングしたということで、ラジオで、ちゃんとお祝いできなかったのでというのを、その時も、高橋さんは、ずっと言っていたという話をするたっちょん。
大竹しのぶさんと一緒に、食事をしていたそうで、高橋さんが最近元気がないという話で、ラジオで反省することがあるのかとか、すごく盛り上がったというたっちょん。
その時も、改めて、サプライズでケーキを用意してくれたというたっちょん。

失敗して落ち込む事はあるのかと聞かれて、反省はするけど、その時にできなかったんだから、それだけのレベルなんだなと思うようにして、寝たら忘れてるというたっちょん。

まだ反省を続けている高橋さんを、なだめ続けるたっちょん。
たっちょんのさりげなさを褒め称える高橋さん。
優しさについて、32年間考えているという高橋さん。

誕生日を祝われるのが嫌で逃げたことがあったという話をする高橋さん。
で、そこから帰ってる最中に、これこそが自分のエゴだったと思ったという高橋さん。
その後、誕生日のサプライズはなくなったんだそうで、未来永劫、誕生日は祝わなくていいという高橋さんに、次の高橋さんの誕生日の段取りを決めようとするたっちょん。
どうせなら想像を超えるようなサプライズをしたいという高橋さん。

イライラじゃんけんのコーナー

大倉チーム
彼女に、世の中の4大怖いものといえば、地震、雷、火事、あとひとつはなんでしょうと聞くと、ものすごく冷静に「あなたといる時の世間体」と言われる。
高「えー、辛い。しんどいわ、そういうこと言われるの…辛いね、そんなんだったら、じゃあ、別れようよってなるわ、俺、もう…」

高橋チーム
笑点の新メンバーに、あの人が選ばれ、自己紹介、「…あたくしは、座椅子で食べ、座椅子で飲むのが、マイブームでございます。今度、座椅子に座って、ドラムを叩こうと企んでおります。座椅子に癒されるアイドル、今日も今日とて、元気やで、ただよしちゃんでーす。」
たつ「いや、もうね、いいんやけど、もう、座椅子ネタ、もうええわ。座椅子、壊れたからね、もう、ヨギボやから…座椅子のイメージがあるって、どういうこと? どんなイメージ? めっちゃコアな人にしか言われないけど…」

大倉チーム
彼女とのデートを楽しんで、次はどこに行こうかという話になり、これから、俺んちに来る?と聞くと、それだけは、死んでも嫌と言われる
高「なんでよ、なんでだよ、俺んち、来いよ。無理矢理、連れて行ってやる、引きずってでも、大好きって言うんなら…いや、女の子って分かんないよね、ありえるからね…」

高橋チーム
大倉くんの取扱説明書、1.食べ物を与える時は、出前館に連絡してください、出前を食べさせておけば喜びます 2.疲れてる表情になったら、それは嘘です、演技しています、放置してください 3.顔が笑顔なのに、目の奥が笑ってない時は、本当に疲れている時です、ベッドに寝かせず、座椅子に座らせて、スマホで、ユーチューブを見せてあげて下さい、そのまま、半日放置すると元に戻ります 4.座椅子が壊れた時は、ヨギボを与えてください、ヨギボを立てて、殴ったり蹴ったりします、これは、年齢から来るストレスなので、放置してください 5.変な私服を着て来ても、いじらないでください、余計にスベってしまいます、そういう時は、目線を合わせないようにしましょう
たつ「ごめん、最後のだけ、腹立つわ…和装のことね、友達から貰ったやつ、いじられるなんて、くそお…」

大倉チーム
高橋には付き合って10年になる遠距離恋愛の彼女がいて、大切な存在だったので、プロポーズしようと思い、会えるのはさ来週になると、電話で伝えた数分後、ラインが届き、「来週も合コンOKでーす」「なーんてね(笑)」と書いてあるという話
高「えー、あー? うわ、こわ、えー、いや、ダメダメダメ、それはダメさ…それを冗談と取るか、ホントにミスったラインと取るかってことでしょ…それ、ジョークだとしたら、ブラック過ぎるもん、どっちにしたって、落ち込むわ…」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する