2016-05-16 17:34 | カテゴリ:テレビ番組
今回は3本立てと、盛りだくさんだった「関ジャニ∞クロニクル」のまとめ書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。

「英会話伝言ゲーム」

たまに、お店で英語をしゃべっただけで、すごい店員さんに笑われるというひなちゃん。
ひなちゃんは面白いけど得はしていないと話すりょうちゃん。

今回も、それっぽく雰囲気で伝えるヨコちょ。
外人女性の『ハルカさん』に、英会話を考えて話してもらって、「逆になってるやん。なんなん、これ。」って言うヨコちょ。
考えているりょうちゃんに絡もうとして、「ちょっと喋らんといて。」と言われるヨコちょ。
ヨコちょが話すので、自分の尺が短いことを不満げに訴えるりょうちゃん。

2問目も、雰囲気で伝えて、英語を考えてもらい、「ああ、それ。」と叫ぶヨコちょ。
「ワンエイサー」と聞き取るひなちゃんに、「沖縄や、沖縄の人出て来た。」って言うりょうちゃん。

ヘッドホン越しにヨコちょの叫び声が聞こえていて、ハルカさんにめっちゃ言わせてることを訴えるりょうちゃん。
「伝言ゲームやのに、と思いながら。」って言うりょうちゃんに、「まあ、新しい形やね。」って言うヨコちょ。

「新説浦島太郎リターンズ」

すばるくんは亀、ヨコちょは乙姫、丸ちゃんとたっちょんがヒラメ、ひなちゃんとヤスくんがタイ、老けてしまった浦島太郎がりょうちゃんという結果に、顔をしかめるみんな。
老けた浦島がストーリーテラーで、「世にも奇妙な」のタモリさんみたいな感じだというりょうちゃん。
タイ役は2人だけど、ひなちゃんの方は天然でヤスくんは養殖だと話すひなちゃん。
「なので、はやし立てることしかできなくて…タイにまつわるギャグばっかり言ってます。」と言うヤスくん。
基本的に、ラブストーリーで、乙姫がタイとヒラメに、すごい取り合いされる役だというヨコちょ。
自分は、恋愛相談される側のヒラメだという丸ちゃんに、結構、泣きながら話を聞いてくれたというたっちょん。
大倉ヒラメも、自分の演技に引っ張られて、涙涙の芝居になっていたという丸ちゃんに、「お前、試写行ってない?」って言うたっちょん。
インド風のミュージカル映画で、ダンスシーンは圧巻だったと言い始めるりょうちゃん。
さらに、監督をしていて、ハンディカメラで撮影をしていたというりょうちゃん。
タイを絡めたギャグを随所にナレーションで入れていったというヤスくんの話を遮って、「それ、全部、切りました。」って言うりょうちゃん。
亀も乙姫が好き過ぎて、びよーんってなって、これ見よがしのラブシーンになるというすばるくん。
予告編も、めっちゃ面白かったし、ダンスはキレキレで、かっこ良かったです(^^)。

妄想ぼっちメシ
喫茶店で、ストロベリーパフェを食べようとするたっちょん。
そこへ、女子が入ってきて、たっちょんの妄想が始まり、ジェンダーレス男子に思われるんじゃないかという展開に。
りゅうちぇる風のファッションとしゃべり方のたっちょん、めっちゃ可愛いです。
で、男っぽく見てもらうために、ストロベリーパフェのピンクと白の部分を分けて食べようとして、「きもい。」と言われてしまうたっちょんが面白かったです。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する