10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スバラジ 2・6 

スバラジ」のまとめ書きは続きから。

ソロアルバムのリリースが間近ということで、本当に色んな人に聞いてほしいというすばるくん。

で、「丸山の話します?」と言うすばるくん。
毎年、ドームツアーをやっていて、東京ドームに、毎年、スバラジのスタッフの方にも来てもらっていて、その後、色んな番組のスタッフの方とかに、ご挨拶をさせていただいていて、一通り終わった後、メンバーから、「これからもよろしくお願いします。」と言って、一人ずつ帰っていくんだけど、たまたま、最後が丸ちゃんで、出口の近くに、スバラジのスタッフが固まっていて、その去り際に、丸ちゃんがスバラジのスタッフの所に来て、満面の笑みで、「聴いてます。」と一言残して去っていったんだそうで、「これ、もう、ホンマ、もしよかったら、出して下さいてきな、彼なりの、あの、これに限らず、よくあるんです、そういうことって。あの、生粋のスケコマシが出ましたね、ホントに。生まれ持ってのスケコマシ感が、色んな所に出てきますから。」って言うすばるくん。
「すごい爽やかな笑顔で言ってくれた」と言うスタッフさんに、「これ、あの、また、何かあったらお願いします的な感じで、マルが去っていったと。で、それから、結果、絶対、出さんとこということに、アハハハハ(笑)。」って言うすばるくん。
「おもろいなあ。なんかあったら、おねがいします的な、言わないけど、その顔を残していくっていうね。なんで、スバラジに言うたんやろ、あいつ、ホンマに。」って言うすばるくん。
全員では出ないような音楽雑誌に、結構、ソロのリリース前に、インタビューしてもったりするんだけど、そのライターさんに、丸ちゃんが出たがってると聞いたというすばるくん。
「是非、僕も、取材してほしいと。ベース、めっちゃ最近、頑張ってるんですみたいな(笑)ことを、俺がライターさんとかに言われて、どうですかって言われたから、まあ、マルはまだ早いですねって。そういうとこあるんですよ、あいつ。」って言うすばるくん。
スタッフさんが丸ちゃんのベースの音にびっくりしたという話に、「すごいね、熱意はすごいあるんですよ。ただね、なんか知らんけど…なんか、すっごい俺についてくる…マルは、ホンマに面白いな。」って言うすばるくん。
さらに、丸ちゃんがベースを頑張ってるという話になり、オカモトズのハマさんとの出会いが大きくて、仲良くしてるみたいだというすばるくん。
「いや、でも、すごいです、マル、ホンマに頑張ってます。ただ、スバラジには、呼びませんけど。なんぼ、あいつがベース頑張っても、スバラジには呼びません、ハハハハハ(笑)おもろいわあ、マル、でも、ホンマ。そういうのを、全然知らんとこでやってる感じがおもろいなあ。」って言うすばるくん。
スバラジにヤスくんのコーナーがあるっていうことが、丸ちゃんにしたら、「なんで、ヤスだけ? 俺も、俺も。」」ってなってるというすばるくん。
「ヤスがウケたら、めっちゃ悔しい顔しますからね、マル。なんとも言えへん顔しますからね。(笑)で、さっき言うた音楽誌にも、俺が出た次の号に、ヤス出てるんですよ。おもろいわあ、ホンマ。で、そこでも、ヤスが、マルはまだ早いですねってしゃべってました、俺、インタビュー読んだけど。もう、その時点で、マル、勝ちやけどな、もう、そんだけいじられてたら、あいつ。(笑)いや、だから、あいつはすごいです、あいつの生き方は、もうね。マルしかできへんもん、やっぱり、マルって。すごいですよ、丸山さんは。ホントに、楽しいメンバーです、ホントにね。」って言うすばるくん。

1曲目は、オアシス「ライラ」

サザン一筋何十年だったのが、すばるくんのファンになって、ジャニーズのファンクラブにも初めて入ったというおたよりに、めっちゃ嬉しいと喜ぶすばるくん。
「こういうことが、どんどん、どんどん、ちょっとずつでいいんですよ、積み重ねで、増えていけば、関ジャニ∞に戻った時に、グループの、なんか、ライブやっても。客層が、もっともっと、なんか、おもしろい感じに変わって。それでなくても、今年の元気が出るライブツアーって、もう、男がホンマに、、まあ、多いですね。」って言うすばるくん。
「ホントに、ちゃんと、曲として、反応してくれてるのが、ホントに伝わるから、やっても楽しいし…もっと面白い現象を巻き起こしたいなと思うんですよ。だから、なんか、とことん、音楽というものを、武器にじゃないけど、今回のカバーアルバムなんて、あえて、なんか、選曲も、そういうふうにしてるというか。別に、自分が歌いたい曲とか、どうだって良くて。どこに向けて、反応させて、どこの層を引っ張ってこれるのかな、みたいな挑戦もあるんで…ホントに、これは嬉しいですね。」って言うすばるくん。

やってしまってから失敗したなと思ったことを聞かれて、髪型は色々やり尽くしてきて、ドレッドもやったけど、めっちゃ怒られて、2日くらいでやめたというすばるくん。
その時はええなと思ってやったので、失敗だとは思ってないというすばるくん。

2曲目は、ビリー・ジョエル「オネスティ」

妄想鉄道すばるナインのコーナー
関ジャニ∞が文房具になったら

みんな手作りの団扇を作るので、ジャニーズのファンは、結構、行くことが多いんじゃないかというすばるくん。
文房具の花形は何かと考えて、消せるボールペンが人気だということで、消せるボールペンはりょうちゃんだというすばるくん。
修正液はヨコちょ問うことで、「真っ白ですからね、あいつ。」って言うすばるくん。
ひなちゃんはハリセンで、「ツッこみますから、やっぱり、ハリセンですよ、村上は、文房具でも何でもないんで。画用紙で作ったハリセンですよ。」って言うすばるくん。
丸ちゃんは、スケコマシなので、なんにでも染まるみたいな…筆ですよマルって、やっぱり。色んな、もう、何色付けられても、別に。噛みますよ、みたいな。」って言うすばるくん
たっちょんは、難しいけど、でかいから、先生用の三角定規
ヤスくんは、文房具屋さんに、売っているキラキラシール
最後、自分だけになり、何にするか迷うすばるくん。
自分はたて笛ケースに決めるすばるくん。

3曲目は、ベッド・ミドラー「ザ・ローズ」

ラストの言葉は、「また来週。」

カテゴリ: スバラジ

テーマ: 関ジャ二∞ - ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 「歌」  |  大倉くんと高橋くん 2・6 »

コメント

コメントの投稿

Secret

インフォメーション

アンケート

HAPPY BIRTHDAY

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

はんなりへのメール

ブロとも申請フォーム

gremz

リンク