10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スバラジ 10・17 

スバラジ」のまとめ書きは続きから。

先週に引き続き、ヒロトさんとマーシーさんをゲストに迎えての収録。

「ましゃロス」で憂欝だというマーシーさんに驚くすばるくん、「たぶんね、流行に乗ってるだけだと思うんだけどね。」って言うヒロトさん。
「誰か、助けてください。」って言うマーシーさんに、「(笑)ちょっと立ち直れないですよね、こればっかりは。」って言うすばるくん。
ペットロスを解消するのに、新しい犬を飼うということで、新しい福山さんが…というヒロトさん。
是非、何かで埋めていただいて、ツアーを頑張ってほしいというすばるくん。

集中力をアップさせる方法を聞かれて、「ないね。」と言うヒロトさん。
集中力はあるけれど、レコーディングとかも、2時間くらいすると、時計を見始めて、3時間くらいすると、帰っていたという話をするヒロトさんに、「かっこいいなあ…」って言うすばるくん。

1曲目は、アーサー・コンレイ「スイート・ソウル・ミュージック」

ザッツ下ネタのコーナー
これは下ネタなのかどうなのかを判断していくアカデミックなコーナーだということを説明して、「すみません、少し、お付き合いいただきたいと…」って言うすばるくん。

大学の授業で、フランス語で「乾いている」という意味のsecの読み方は、セックなのですが、複数形になると、secsになり、教室に変な空気が流れて、女の子が、「セックス」と言ったのですが、先生が、フランス語では、最後のsは発音しませんよと言いました…
ヒ「非常に味わい深い文章だね。」
す「可愛い話ですよね。」
ヒ「可愛い話です。」
中学の英語の授業で、女の子が、月曜日のmondayを「もんでー」と読んだという話をするヒロトさん。
す「これは、まあ、下ネタという感じではないですね。可愛い話。」
ヒ「微笑ましい。」
マ「素直なね。」

テレビで、玉と棒を自由自在にマジシャンと流れていて、なんだか気まずい気持ちになりました。
ヒ「気にし過ぎです。」
す「そら、そうでしょうね、そんなことが、テレビで、流れるわけがない。何を期待してる、気まずい気持ちになる方がおかしいですよ、これ、ちょっと。」
ヒ「期待し過ぎです。これ自体は下ネタではありませんが、あなたに問題があります。」
す「この捉え方は、ちょっと。」
ヒ「敏感すぎます…考えないようにしようよ。(笑)」

けんちん汁
ヒ「もうダメだ。これは、下ネタです。」
す「これは、下ネタですもん、こんなん、完全に当て付けですから。けんちん汁は下ネタですよ。」
ヒ「気を付けてください。」
す「別に、牛丼屋とかで発注する時は、そんなことは、一切、ないですよ。ただ、ここにこれを送ってきている。これが下ネタですよね。」
ヒ「渋谷すばるに、読ませている…これがアカン。」

フルコンボ
す「これは、ちょっとね、問題作。」
ヒ「高度ですね。」
す「この方は、どういう神経なのか。」
ヒ「女性ですか?…会ってみたいですね。」
す「フルコンボは、ちょっと…」

とりあえず、生で。
す「これは、いやいや、言いますよね、お父さん、サラリーマンの方も…頼まれた分だけ言いますもんね…とりあえずですからね。」
ヒ「これ、新しく、リストに加えてもいいかもしれないですね。今までなかったものの…これは、女性ですか?」
す「これは、女性です。」
ヒ「こういうの見てると、希望が持てますね…我々以上だ。これは嬉しい。なんか、あげたい。俺の青春をあげたい。」
す「これは、下ネタですかね。これは下ネタにしましょう、希望を込めて…」

今日の下ネタは、「とりあえず生で。」と「けんちん汁。」

2曲目は、ザ・クロマニヨンズ「夜行性ヒトリ」

エンディングで、ザ・クロマニヨンズのアルバムとツアーの告知をするすばるくん。
「そして、一応ですけども、11月の11日に、僕ら、関ジャニ∞の元気が出るCDっていうのも、チョロチョロっと、出しますんで、チョロチョロっとだけ、リリースしますので、そちらの方もチラ見程度でいいんで、見ていただいて、買わないでいいです、皆さん、絶対、絶対、買わないで…(笑)。」って言うすばるくん。

リスナーのメールを武器に、なかなかない、お2人の話を聞き出せたんじゃないかと言うすばるくん。
リスナーとともに、初ゲストを、上手くお迎えできたというすばるくん。
ヒロトさんが、帰り際に、すごいリスナーですねと言っていたんだそうで、「これは、すごい、仲間がいるんだねって、これ、マジで、言ってはりましたからね。すごい良いリスナーが、ついてるんだなーって…ホントに、有り難いしね。いや、でも、また、来ていただきたいですね…年1回来ていただければ、こんなに有り難いことは…ホントに、ヒロトさん、マーシーさん、ありがとうございました、また来週ー。」って言うすばるくん。

最後に、引き続き、ヒロトさんとマーシーさんがゲストの収録分が流れて、「今日、皆さんのメッセージとかを拝見しまして、素晴らしいリスナーが付いているのだなあと思います。これからも、渋谷すばるをよろしくお願いします。」って言うヒロトさん。
「アイルビーバック」って言うマーシーさんに、「迷惑だよ。」って言うヒロトさん、「ありがとうございます。」って言うすばるくんでした。

カテゴリ: スバラジ

テーマ: 関ジャ二∞ - ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 関ジャム 10・18  |  大倉くんと高橋くん 10・17 »

コメント

コメントの投稿

Secret

インフォメーション

アンケート

HAPPY BIRTHDAY

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

はんなりへのメール

ブロとも申請フォーム

gremz

リンク