2015-10-13 12:38 | カテゴリ:大倉くんと高橋くん
大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


「いやあ、1週間早かった。」って言う高橋さんに、「1週間って早いもんですけど、何かあったんですか?」って言うたっちょん。
基本は曲作りをしていて、ツアーを回ったりもしたんだけど、プライベートが充実していて、ひなちゃんと食事をしたり、キンキのつよしくんのソロライブを見に行ったりしたという高橋さん。
つよしくんは、高橋さんと共通のバンド仲間の人から、ラジオ番組のことも聞いていたらしく、物真似してたでとつよしくんに伝えていたという話に、「めっちゃ嫌やん、俺。俺や。完全に、悪いのん、俺になってるやん。優くんやんか、もみあげのことで、つよしくんのこと、いじってたん。」って言うたっちょん。
物真似をしていたつもりはなかったと言いつつ、もう一度、つよしくんの口真似をして、スピード感と関西弁だけで、全然、違うというたっちょん。
またご飯に行けたらということで、つよしくんがたっちょんに会いたがっていたという高橋さんに、「えっ、マジッすか、ええ、でも、俺、接点ないんですよ、ホントに。」って言うたっちょん。
初めて、大阪城ホールでバックにつかせてもらったのがキンキさんで、「おおー、本物ー。」って思ったというところから入ってるので、先輩には、いまだに緊張するというたっちょん。
だから、高橋さんは先輩とか初対面の人とでもフランクなので、すごいと思うというたっちょん。
高橋さんは、ひなちゃんとも、自分の面白おかしい過去の話をして、ひなちゃんは、すごい面白がってくれたんだとか。

大倉チーム
タートルネックのセーターの首元部分からすり下ろしたとろろを流しこまれ、セーターの上から、地肌に塗り込むように優しく激しく体を揉まれる
高「えー。やだー…やだー、イラッとはしない。イラッとはしないけど、ちょっと、きもい。」

高橋チーム
たっちょんが出演することになった「世にも奇妙な物語」のタイトルが「座椅子」
たつ「なんか、嫌やわ。なんか、嫌やわ。そういうのって、俺の私生活とは、関係ないストーリーでしょ。座椅子っていうたら、俺、自分の生活、思い出しちゃうやん…」

大倉チーム
ニュース形式で、原告のたっちょんの要求通り、高橋さんに、オネエの判決が下ったという話。
高「ま、大倉くんが、原告なところが、もう、そんなことしないもん…しかも、そういう時ってさ、勝訴とか、そういう紙持ってくるわけよ…なんで、オネエっていう言葉が…やだな、俺、オネエキャラ…」

高橋チーム
新しいグッズ会議で、高橋さんが、「諸君、ふなっしーがいいなら、ただよっしーもアリだよね。逆に、ダメな理由、聞かせて欲しいんだけど。だ、け、ど。」って語り始めたという話。
たつ「なんか、斬新っすね。斬新。」
高「あれ、イラッとしなかった? そういう俺。」
たつ「いや、グッズとか考える時、すごい楽しい感じやん、いつも。」
高「そうそうそう、だから、俺が急に、ちょっと、天井見つめて、こういう感じになる…みんなのこと、諸君って言う。」
たつ「諸君って言うたことある? ないでしょう。嘘やん、じゃあ、嘘ついたらダメでしょう。ラジオで嘘やめようよ…」

大倉チーム
番組のゲストで、高橋優子が来て、その女の子の感じで、秋田を絡めた挨拶をするたっちょん。
高「(笑)何言ってんの、この人は…(笑)すごいね、よく読みましたね…根底から、馬鹿にしてくれるよね、俺の事を…」

ここで、大倉チーム20ポイントになり、高橋さんの罰ゲームが決定。
罰ゲームは、じっくり考えて、さ来週の放送で決定。

イライラじゃんけんシーズン2の罰ゲーム決定が早いということで、「先が思いやられるな。」と言うたっちょん。
高橋さんの方がイライラしているということになっていることに、普段がイライラしてない分、鬱憤を晴らす感じになっているという高橋さん。

高橋さんのお母さんが、この番組でいじられ過ぎてやしないかいと心配しているという話に、「ごめんなさい、優くんのママ。俺だけじゃないんです…」って言うたっちょん。
「俺は説明してる、いや、番組っていうのは、ちゃんと台本ってのもあるし、大倉くんも、良かれと思ってやってることだから。ホントに、俺は、いじめられてるわけじゃないんだからさって…」って言う高橋さんに、「俺も、いじってるつもりはないんですよ…いじってない、全く、いじってない。」って言うたっちょん。
どっちがいじるかで盛り上がる2人。

関ジャムのニューアルバムの告知で、レコーディングが、この日、ちょうど終わったというたっちょん。

何区に住んでいるかという話題で、「何区とかじゃなく、日本全国に…」と言うたっちょん。
最終的に、いじるのが得意じゃないという高橋さん。
エンディングのギリギリまで、その話題で盛り上がる2人でした。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する