2015-09-20 12:34 | カテゴリ:大倉くんと高橋くん
大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


「さあ、始まりました。おかえりなさい、大倉くん。」と言う高橋さんに、「いや、ただいま。」って言うたっちょん。
1ヶ月ぶりということで、「どう、久しぶりの有楽町は。」と言う高橋さんに、「やっぱね、前も、8月の時もリラックスできるって言ったんですけど、あの、前回の、静岡の、ラジオ局をお借りしてやった時、SBSラジオやった時の環境が素晴らし過ぎて、すごかったなって。(笑)」って言うたっちょん。
顔を合わせてしゃべるのが久しぶりなので、大丈夫かなって言うたっちょんに、本番が始まって、ソワソワし出したという高橋さん。

今週も、1回、食事をしたという2人、焼き肉を食べに行ったんだそうで、次の日も仕事があるというので、高橋さんが帰って、高橋さんをタクシーに乗せて、たっちょんはお金を下ろすからというので、コンニビに行って、出たら、一応、サングラスとかかけてたんだけど、「大倉くん。」て言われて、パッと道路の方を見たら、ヘイセイのヤブくんとかがいて、今、帰りだよと言われて、信号の所で待ってるのがヤマダだよと言われて、ヤマダくんを驚かせてやろうと思って、後ろから「おい。」って肩を組んだら、「うわあ、大倉くん、絡まれたと思った。」って言われて、そこから、たっちょんは帰って寝たかったのに、飲みに連れていかれたというたっちょんに、「なんで、誘ってくれなかったの。」って言う高橋さん。
1回帰ってから、また誘うのもおかしいでしょというたっちょんに、「いいんだよ。今度から、呼んで…」って言う高橋さん。
ジャニーズでは、たっちょん以外には、ヤスくんとひなちゃんと映画を観に行ったことはあるけど、それくらいだという高橋さん。
たっちょんと、こうやって、仲良くさせてもらってるのも、まだ現実味がないと思ってるくらいだという高橋さん。

番組で、高橋さんがひげそり負けしているという話をすると、ひげそりの会社から、ひげそりが大量に送られてきたという話から、たっちょんのお毛毛事情で盛り上がる2人。
たっちょんは、体毛が薄くて、脇毛とか、薄いから、もう、なくてもいいんじゃないかと思って、全部剃ったことがあるんだけど、ライブとかで、手を振ったら、脇が絶対に見えて、スポットライトを浴びたら、なく見えるから、剃らないことにしたという話をするたっちょん。
ずっと曲作りをしていて、お風呂にも入らないくらいだったので、髭も生え放題で、さっき、剃ったばかりだから、ひげそり負けをしているという高橋さん。
高橋さんは、久しぶりにたっちょんやスタッフさんに会えるので嬉しくて、罰ゲームの7万円も払うつもりだったのに、財布を忘れて、スタジオに入ってきた途端に、言い訳を始めたという話をする2人。
久しぶりに出かけるので、ちゃんとした格好をして、帽子をかぶって、携帯を持ったら、財布を持った気になっていたという高橋さん。
でも、7万円は絶対に払うと言い張る高橋さんに、来週以降は、利子が付くというたっちょん。

高橋さんの家には行ったことがないというたっちょん。
高橋さんの家からラジオをやりたいという話をする2人。
関ジャニ∞のライブDVDは全部持っているという高橋さん。
楽曲提供をするに当たって、ライブDVDを全部揃えたという高橋さん。
高橋さんの部屋でラジオをすることになったら、色々片づけなくてはいけないという事を考えていたという高橋さん。
人生初の楽曲提供だったので、ジョギング中も、ずっと関ジャニ∞の曲を聴いていたという高橋さん。

高橋さんの曲を聴いていると眠れるというたっちょん。
でも、「泣くごはいねか」っていう曲になると、ピッと起きるんだそうで、行きは聴いて、ピクっと起きて、帰りは、お酒飲んでいるので、ジーンときて泣くというたっちょんに、その話を、前に聞いて、曲を書いたという高橋さん。

イライラじゃんけんのコーナー

大倉チーム
彼女と楽しくおしゃべりをしていると、彼女が3回に1回は、自分の事を元カレの名前で呼び間違える。
高「ダメダメダメ、それ、絶対、ダメ。それ。絶対、やっちゃダメなやつ…孤独しか感じないもん、そんなこと言われて。俺は、絶対に、言わない。」
たつ「いや、ダメだと思う。」
高「ライブで、僕は、よく、噛むし、ラジオ番組やりながらも、よく噛んでるけれども、彼女の名前だけは噛まないと決めている。」

高橋チーム
一生、歩けないと思っていたクララが立ちあがって歩いた瞬間に、「たっちょんだ、クララがたっちょんだ。」と言うハイジ。
たつ「もうさあ、もう、みんな、忘れてる頃に、たっちょん、やめてよ。僕のあだ名ね。」

大倉チーム
ライブで疲れている時に、マネージャーから、栄養ドリンクと、「時間よとまれシリーズ」のDVDを渡される。
高「イラッとしない。ユーモアだもん。たぶん、ユーモアなんだと思う…」

高橋チーム
チリンチリンとなるベル2400円、回転する椅子18000円、高橋優の笑顔プライスレス、豚バラ肉100g90円豚小間肉100g90円高橋優の豚鼻プライスレス、高橋優がニッポン放送に払う額7万円、高橋優が所有するキャビアの値段15万円、たっちょんのミニたっちょんプライスレス。
たつ「いやいやいや、全然。」

大倉チーム
マネージャーから、このボタンを押せば時間が止まりますから、必要な時に押してくださいと言われ、女子アナの目の前で押してみるが、全く、時間が止まらない。
高「嘘は良くない。俺、信じるからね、そういうこと…やってみたい、女子アナの前で…」

12月9日に「どS刑事」のDVDとBDが発売されるという告知をするたっちょん、買おうかなという高橋さんに、差し上げますというたっちょん、欲しいものは買うという高橋さん。
ちょうど、ラジオが始まった時と同時期にドラマが始まって、高橋さんにとってもメモリアルなドラマになっているという話をする高橋さん。

話す時間が長くて、自分の曲を流す時間がなくなったという高橋さん。
終わってから、反省会をするという話をする高橋さん。

ラスト、「言う? これ、最後、言う?」って言うたっちょんに、「言って、言って。」って言う高橋さん。
「言うの?」って言うたっちょんに、「早く早く、終わっちゃう。」って言う高橋さん。
「ハラッぺ。ありがとうございました、バイバイ、アハハハハ(笑)」って言うたっちょん、ギリギリ、「秋田弁で、お腹いっぱいっていう意味。」って言う高橋さん。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する