2015-09-15 14:45 | カテゴリ:大倉くんと高橋くん
大倉くんと高橋くん」の抜き書きは続きから。


冒頭、今朝の東京を中心に起きた地震で目が覚めたという話と、お姉さんが住んでいる宮城の辺りでも被害があって、何かあれば、この番組でもお伝えするということを話す高橋さん。
で、静岡市内のSBSラジオのスタジオアルファにいるたっちょんを呼び出す高橋さん。
「ハイハーイ。どうもどうも、こんばんは。」って言うたっちょんに、「どう、そっちは。」って言う高橋さん。
「いやいや、もう、ラストの土地なんでね、感慨深い感じですよ。優くんとの、この2元中継も最後ですし。」って言うたっちょん。
番組が始まって半年の間に、こういうことがあるということは、これからも、こういうことにも慣れていかないといけないという高橋さんに、どこにいても、ラジオって出来るんだなというのは思ったというたっちょん。
どういうことがあっても、生放送で押し通して、収録はやめようという話をする2人。

今は、フェイスタイムで繋いでいるんだけど、すごく調子が良くて、今までで一番スムーズにストレスのない中継になっているという高橋さん。
静岡のスタジオが、めちゃくちゃ環境が良くて、有楽町の2倍くらいあるスタジオで、1人でいるので、すごいDJになったような気がするというたっちょん。
富士さんの近くでやっているので、日本一の気持ちになっているというたっちょん。

今週は、珍しく、会っていないという話をする2人。
地震の時に、高橋さんから「大丈夫だった?」というメールを、真っ先に貰って、ちょっと不思議な気持ちになったというたっちょん。
たっちょんは、好きな人からメールを貰った感じがしたんだそうで、地震があった時、マンションが「強い地震がきます。」というアラームが鳴って、逆に、その音で、びっくりして、ビクビクしていたんだけど、その時に、メールをくれたのは、お母さんと高橋さんだけだったんだとか。
たっちょんの安否が気になったという高橋さんに、それほど大きな地震じゃなかったというたっちょん。

家の大きめの座椅子がすごく落ち着くという話をするたっちょん。
毎日が寂しいので、座椅子で和らぐんだそうで、今週は、「ワイルドスピード」を1から5くらい観たというたっちょんに、「大倉くん、飲もうね。ちゃんと、ご飯行こうよ。」って言う高橋さん。
高橋さんは曲作りとツアーのリハーサルで、どっちもやるバランスが、あまり得意ではなくて、今週は、あんまり、お酒を飲んでいないという高橋さん、この日も、ずっと曲を書いていたんだとか。

「みんなエスパーだよ」という映画の完成披露パーティに行った時の話をする高橋さん。
そこで、岡村靖幸さんにお会いして、フレンドリーに話しかけてくれたので、ラインを交換して、今週、飲みに行ったんだけど、すごく面白かったという高橋さん。
全然、先輩だし、レジェンドだから、そんなフレンドリーにご飯とかできるとは想像してなかったんだけど、いい人というか、ウマが合いそうだと思ったから、たっちょんの事を呼ぼうと思ったという高橋さん。
近々、その会も実現したいという高橋さんに、「えー、緊張するなあ、俺。マネージャー的な感じでいいですか。」って言うたっちょん。

イライラじゃんけんのコーナー

大倉チーム
高橋が「どうしよう、風邪引いたみたい。」と言うと、彼女が頭をかち割るくらいの勢いで頭突きをしてきた
高「なんで。なんで、そんなことするの。最悪じゃん。なんで、急に、プロレスみたいになっちゃうの。言えでしょ、そこ。プライベートでしょ。絶対、付き合わないよ。なんで、そこまで、気づかなかったの、そんなことする彼女って…そんなバイオレンスな彼女、嫌だ…とんだ人生だよ…」

高橋チーム
高橋優と飲みに行くと、「またお金下ろせなかったよ。」と言われ、毎回、飲み代とタクシー代を払わされる
たつ「いやいや、払ってるならまだしも、払ってないのに、それはダメでしょう。」
高「なに、ニッポン放送の話?…それはそれじゃん。」
たつ「払ってね、今月の生活費とか考えて、使えない状態になってる、7万払っちゃったから。それなら、僕、助けますよ。払ってないじゃない、あなた。」
高「すみません。ごめんなさい。分割でもいいですか…1万円ずつ払います。」

大倉チーム
ライブ前に、マネージャーから、「優さん、いつものこれ、使って下さい。」と、栄養ドリンクと、出会って4秒シリーズのDVDを渡される
高「これは大丈夫。俺を理解してくれたんだなって思う。」

高橋チーム
ある日、道を歩いていたら、躓いてしまい、何かを股間で踏んだ気がしたら、股間から声がして、「おいらは、カジヒデキっていうんだ。」と言って…という内容で、ドラマ「ど根性カジヒデキ」この秋オンエア
たつ「あのお、俺の、たっちょんの話、やめてもらっていいですか…そんなん、ドラマに出来るわけないでしょうが。」

来週は、久しぶりに有楽町なので、楽しみだという話をする2人。
本領発揮で、スベることを恐れないでいこうという2人。

「来週も、こんな感じで、こんな感じでいいのかどうか分からないけど、楽しくお送りしていきましょうね。それでは。今週はこの辺で。」って言う高橋さんに、「よい週末を…ハラッツェ。」って言うたっちょん。
「あ、可愛く。秋田弁で、お腹いっぱいっていう意味だよ。」って言う高橋さんに、「(笑)なんで、可愛く終わるねん。」って言うたっちょん。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する