2015-09-04 12:42 | カテゴリ:レコメン
文化放送では10分遅れだった「レコメン」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


9月に入ったんだけど、もう、カボチャの出荷が始まり、ハロウィンの空気を放りこんできたというひなちゃん。
クリスマスケーキの予約が始まったというのを、今日か昨日のニュースでやっていたという丸ちゃん。
西洋文化にやられて、日本の文化が隅の方に追いやられているということで、「レコメン」で月見をしようという話をするまるひな。
ハロウィンがビッグイベントになってしまったということで、楽しむのはいいけれど、日本の文化を大切にしなくてはいけないというまるひな。
ハロウィンはいいけど、早すぎないかということを力説するひなちゃん、季節感がなくなるという丸ちゃん。

来週は、東京で舞台をやっている関西ジャニーズジュニアの3人がゲストで出演するそうです。
関西ジャニーズジュニアの事情には疎くなっているというひなちゃん。
関ジャニ∞が松竹座にいた時に付いてくれていた子たちは認識できるにしても、また増えているからという丸ちゃん。
ウィンクアップの連動企画で来てくれるライターさんに、関西ジュニアの事を聞いたりしていて、ちょっと知っているという丸ちゃん。
関西のジュニアでも東京の劇場で出来るようになったということに感心するひなちゃん。

友達の所でご飯を食べていて、終電には帰ると言っていたんだけど、盛り上がってしまい、誰か一人が終電を逃して、付き合ってくれよって話になり、仕方がないなあということで、そこから、小1時間ほど飲んで、解散しようということで、タクシーで帰って、お腹が空いていたんだけど、お風呂に入らなくちゃとか、洗濯物とか、猫のこととか、やることをやって、そこからの記憶がぼんやりしているという話をするひなちゃん。
自分の記憶の中では、洗濯機を回して、お風呂に入って、寝てるんだけど、朝、起きたら、洗濯機には入ってたけど、回してないし、お風呂には入ってたけど、歯は磨いてないし、キッチンに入ったら、コンロに鍋が置いてあって、どう触ってもきれいし、箸と丼は、シンクのとこにあったんだけど、スープとかもないし、分からなくて、一応、ゴミ箱開けたら、確実に食べていたので、たぶん、鍋は洗ったんだというひなちゃん。
そんなんになったのは久々だというひなちゃんに、「滅多にないよね。信ちゃんは、割と、きれいなお酒の飲み方しはるから。ちゃんと、自分の、あれ、分かってるもんね…これくらいで帰ったら、ちょうどええかなって…」って言う丸ちゃん。

「僕の場合は、家で、際限なく飲むから。」って言う丸ちゃんに、「それ、すごいよな。それ、ないわ。」って言うひなちゃん。
「もう、音楽かけたら、ライブDVD見たりとか、なんかしながら、ずーっと、酒を飲んで、何杯目かも分からへんくらいになって、起きたら、シンクの所に缶が、いつも、シンクの所に缶を逆さにして置いていく…朝、起きたら、ぞっとするもんなあ。」って言う丸ちゃんに、「え、そんなに?」って言うひなちゃん、缶缶の大群がぶわあって、二度見するくらいあったという丸ちゃん。
最近だと、寝る時にアロマを炊くんだけど、朝起きたら、歯ブラシがなくて、ゴミ箱に入っていたので見たら、真っ黄色で、すごい汚れていて、まだあんまり使っていない歯ブラシだったんだけど、それを使って、アロマの器を磨いていたらしいという話をする丸ちゃん。

小6まで一人っ子だったので、夏休みの宿題は、両親が手伝ってくれたという話をする丸ちゃん。
後にも先にも、一番苦労かけて覚えているのは、自由研究で、夜な夜な、紙粘土で、カブトムシとかチョウチョとかを作って、靴箱を切り取って、ラップ張って、中に、爪楊枝とかで付けるというのを作っていて、お父さんは職人なので、手先が器用だから、それなりに見栄えが良くて、お母さんも、色んな習い事をしていたので、良いものが出来て、自分は、一切、手を付けなかったという丸ちゃん。

外で1人で寝ちゃったりするのが怖いけど、それは、まず、ないという丸ちゃん。
外で寝たとかはなくて、ベッドにはたどり着いているというひなちゃんに、いつ、ベッドにたどり着いたんやろうという時はあるという丸ちゃん。
マジックみたいな靴の脱ぎ方をしている時があるというひなちゃんに、そうなってる理由がくるぶしにあって、すごい真っ赤かになってる時があるという丸ちゃん。

メールで笑う話をするかどうかという話になり、基本は、電話だというひなちゃん。
伝わり方がメールでは難しいという丸ちゃん。
食事の約束で場所と日にちと時間だけはメールをするけど、あんまり使わないというひなちゃん。
メールで笑ったという扱いを受けたことがないけど、冗談やでという意味で(笑)を付けることはあるという丸ちゃん。
メールでは最低限なワードでのやり取りしかしないというまるひな。

友達で、お店に入っていて、混んできたなと思ったら、お昼時で、自分達が先に入っただけなのに、「今、来てるね、来てるよ、マル。」って言う人がいるという話をする丸ちゃんに、「昼時に、そんな恥ずかしいトークしてるの。」って言うひなちゃん。
そんな時に、たまたま、関ジャニ∞の歌が流れてきたら、「ほら。」とか言われるという丸ちゃんに、「そんな辱め受けてるのか。」って言うひなちゃん。
そんなことはないし、自分が食べてる時に混み始めると、うっとおしいと思うというひなちゃん。
隣に座らんとってほしいなと思うけど、昼間の仕事が終わってからよく行く中華料理屋は、ほとんど相席で、テーブルが3つしかなくて、知らないおっさんとかとよくご飯を食べるというひなちゃん。
後から、相席に座って、ひなちゃんは、いつも中華丼セットみたいなのを食べてるんだけど、おっさんがラーメンと食べているのを見て、何ラーメンなのかなと思って見ていたら、それに気付いたらしく、ひなちゃんは、何も変装していなかったので、そのおっさんがラーメンをすすりながら、女子高生ばりの上目づかいで、2回見てきたという話をするひなちゃん。

ラーメンを食べてる時に気付かれても、ズルズルズルっていくというひなちゃん。
そのまま食べるけど、食べてる時に話しかけられるのは一番嫌いだという丸ちゃん。
特に、揚げ物とかが嫌だそうで、それが店員さんとかだと嫌だという丸ちゃん。

写真を撮る時に話になり、基本的には、グループっていうのがあるから、周りと会話したりとか、それで出てくる笑顔だったりとか、カメラマンさんだったりとかと話しながら、自分をほぐして笑顔にしていくという丸ちゃん。
どれを見ても100パーセントで、先方のオーダーに応えるということだけに気を付けているというひなちゃん。

全国ゾーンでは、リサイタルツアーも残すところ、
2か所で、そんな中、秋にアルバムと、5大ドームツアーも、無事に発表になり、リサイタルの合間に、アルバムの打ち合わせをしたり、同時進行でやっているという話をするまるひな。

今年のリサイタルは、特に早いというひなちゃん。
鹿児島では、ホテルに隣接している温泉とかもあって、すごい快適に、疲れもほぐしながらやれたそうで、普段回らないところを回るというのはいいという丸ちゃん。
現地スタッフの方とかイベンターの方とか、食事でお世話になったお店の方とか、みんなあったかいという話をするひなちゃん。
温泉からご来光が見れるというので、時間を調べて案内してくれたという丸ちゃん。
起きれたらいいなと思って、5時に起きて、そのまま、携帯を握りしめて寝ていたという丸ちゃん。
思い出が、今回は、色濃く残りそうだというひなちゃん。
怪我なくやり切りましょうという丸ちゃん。

丸山サウンドその114
夏の終わり、蝉が命尽きるまでの音

ガールズ大喜利
夏休み中、友達が○○デビューしていたことが発覚、さて、何デビュー?

ひな「月曜から水曜のレコメンパーソナリティデビューしていた。」
マル「それは、ニュースですねえ。」
ひな「前任の方が、もうね、お辞めになられたんでしょうね。」

マル「ウーパールーパーの養殖デビュー。」
マル「今?っていう。」
ひな「ホンマやな。すげえな。なんか、影響受けたんやろな。」
マル「僕達も、ウーパールーパーの、干物をね、食したことあった。」
ひな「ありました。」

来週から、ガールズ大喜利が休んで、新コーナーが始まるんだそうで、コーナータイトルは「ニッポンを学ぼう。」
例えば、お月見には団子なのかというような、日本の由来を知りたいというコーナーだそうです。

テンションがおかしくなった丸ちゃんを諌めるひなちゃん。
で、「リスナーの気持ちを代弁してくれてありがとうございました。」と言いつつ、動揺する丸ちゃん(笑)。

ひなちゃんの言葉が心に響いたというメールに、「帰ったら、もういっぺん飲もかなあ…こんな、お礼とか、聞いたら、しみるわあ…心、消毒するわ、帰って。アルコール消毒するわ。」って言うひなちゃんに、「俺、心、アルコール消毒する人、初めて聞いた。風邪引いてる時とかに、酒飲んで、アルコール消毒やって。」って言う丸ちゃん。
「いや、ええ話聞いたからさ。」って言うひなちゃんに、「そうやな…飲んでくださいよ。」って言うひなちゃん。
「今週末は仙台でございます。また来週です。さよなら。」って言うひなちゃんに、「おやすみなさい、お疲れさま。」って言う丸ちゃん。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する