2015-08-10 11:48 | カテゴリ:レコメン
文化放送では40分遅れだった「レコメン」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます
いつも励みにしています(*^^*)。


新曲が発売されたということで、ネットニュースという風の噂では、好調なスタートを切っているということだけど、まだ、売れているところを見たわけでもないので、実感できていないというまるひな。
長野に行ってみないと分からないという話で、丸ちゃんが長野を担当していて、ご長寿の方もいるので、そのパワフルさも伝えていきたいという丸ちゃん。

キャンジャニ∞のPVがどうなのか分からないという丸ちゃん。
撮影では「きれいだ。」と言われていたけど、鏡を見ると、やっぱり、ごついし、丸ちゃんに至っては、不細工だといじられるという話に、「不細工ちゃう、ブスや。」って言うひなちゃん。
不細工とブスの違いを聞く丸ちゃんに、「不細工は可愛げあるけど、ブスってなあ。」って言うひなちゃん、「ちょっと待てよ。よ。なあって、苦笑い、やめてくれよ。」って言う丸ちゃん。
「でも、ごめんな、オカン。オカンに似てんねんなあ。」って言う丸ちゃんに、「いや、それは、だって、すばるもそうやんか。」て言うひなちゃん。
「すばるくん、似てるねえ。」って言う丸ちゃんに、「めちゃめちゃ似てるよ。みんな、そら、どっかしらは似てるけどさ。」って言うひなちゃん。
ブルーライトは大事で、だいぶ助けられたというまるひな。

総選挙をしてみようかという丸ちゃんに、「お前、勝たれへんで、お前と俺は…総選挙しようってやつは、1位取れる奴が言うことやで。1位、2位、少なくとも表彰台立つ奴やわ。」って言うひなちゃん、「いや、分からんで。ひょっとしたら、ひょっとするかもしれん。それは諦めたらアカンやん。」って言う丸ちゃん。
仮に3位とか入ったら、4位以下のメンバーのメンタルが持たないという話をするひなちゃん。

夜9時の新橋のサラリーマン30人に、キャンジャニ∞のメンバーの中で、「一緒に花火大会に行きたいのは誰ですか?」というアンケートを取った結果を発表
2位のメンバーが2人で、村子 4票 丸子 4票
1位は、安子 18票
すば子が0票で、錦子・倉子・横子 1票
全員嫌が1票

番組に後輩が来ると、先輩感が出て、いつもより、しっかりしてるという丸山隆平あるあるに、「分かる。先週、思ったもん。いつもより、お兄ちゃんな感じなの。」って言うノリさん、「そうなの? それ、無意識やな。」って言う丸ちゃん。
「いやいや、凄いお兄ちゃんでしたよ、先週は。」って言うノリさんに、「そういう部分があるってことは、僕も、その、なんだろ、先輩として、みたいなのが、芽生えてきたってことかな。」って言う丸ちゃん。
「逆に、先週のひなにいは、さんまさんみたいだった。」って言うノリさんに、「大御所やん。」って言うまるひな。
笑い方もさんまさんみたいだったというノリさんに、「嘘でも嬉しいわ(笑)…言い過ぎやで。」って言うひなちゃん。

全国ゾーンでは、新曲が発売されて、おかげさまで、今のところ、1位だけど、どうなるか分からないという話をするまるひな。
ミュージックステーションでアピールするチャンスがあるので、がっちりパフォーマンスしていきたいという丸ちゃん。

キャンディクラッシュソーダの話になり、自慢になるけど、アップデート待ちだというひなちゃんに、「出た出た。」って言う丸ちゃん。
「言いたくないですけどね。」って言うひなちゃんに、「いや、まあまあ、仕方ないですよ。センスでしょ、村上さんいわく。コツじゃなくて、センスなんでしょ。」って言う丸ちゃん、「いや、だから、そんなん言うたら、とげがある…」って言うひなちゃん。
CM撮りの時に、社長さんがいらっしゃって、その時には380くらいしか行ってなかったというひなちゃんに、「逆に腹立つなあ。」って言う丸ちゃん。
で、ひなちゃんが、止まってるので、アップデートしてくださいと言ったら、2、3日後に、アップデートしてくださって、たまたまかもしれないけれどという話に、「かなり中毒症状ありますね。ハマってますね。」って言う丸ちゃん。
ひなちゃんとたっちょんは、CMをやらせてもらう前から、キャンディクラッシュソーダをやっていたんだそうで、丸ちゃんとは、経験値が全然違うというひなちゃん。
さっき、150に行ったという丸ちゃんに、450までいってるので、☆3つじゃないところを3つにする作業をやっているというひなちゃん。
「マジで。そんなことやってるの。」って言う丸ちゃんに、「逆から行ってね。」って言うひなちゃん。
「すげえな。」って言う丸ちゃんに、「いや、全然、凄くないですよ。」って言うひなちゃん。
「いやいや、逆に、いやらしなってきてるから、今。」って言う丸ちゃんに、「いやらしくないでしょう。楽しいから、僕、やってるだけでね。」って言うひなちゃん。
3日4日進まなくて、それを超えた後、トントントンって進むというあるあるがあるという話に、「ハイハイハイ、僕、まさに、さっき、そうでした。143とか、トトトトトンって進んで、これ、楽しくて、止まらないわ…」って言う丸ちゃん。
色んなパターンが出てくるという丸ちゃんに、まだ丸ちゃんが見てないのが出てくるというひなちゃん。
「もう、僕、だから、そんなこんなで、唯一、勝ってた横山くんにも越されましたから。越したかんな、って言われた。くーってなるよね。」って言う丸ちゃん。

すばるくんが、「御園ユニバース」で、カナダの映画祭で、最優秀主演男優賞を貰った話にを受賞した話になり、メンバーの中でも初で、嬉しかったし、凄いことだという話をするまるひな。

丸山サウンドその110
雷の音に怖がる子犬の声

ガールズ大喜利
大好きな彼がいるキャンプで大失態、さて、何があった?

マル「反則技、使いますー…元カレのアナべべに、放置されてしまった。(笑)反則やろ。」
ひな「そら、汚いわ。アナべべ、登場したら、汚いわ、そら。」
マル「もう、でも、出てきたから…出て来てもうて、アナべべに、何をされてる所は、彼は、って思ったら、放置されてる所やろと思った。アナべべって尽くすやん…」
ひな「こないだ、おってん、団扇で。アナべべって書いてる。爆笑してもうて…アナべべいるぞ、いうて。」
マル「信ちゃんは、割と、団扇に反応することって、そうないの。一貫してね。それは、もう、全てに対して、ちゃんと、こう、平等で、っていうテーマがあって。ただ、アナべべに関しては、反応してもうた。」
ひな「いや、もう、笑ってもうた。」
マル「あれ、でも、レコメンユーザーなんでしょうね。」
ひな「すごい、流れが良かったんですよ。トロッコに乗っててね、指差して、投げキッスして、こっち向いて、ハート作って、アナべべ、いうて。そら、汚いわ思って。」
マル「振りが出来てるもんな、」
ひな「もう、きれかった。アナべべファンからすると、してやられましたよ。ただ、でも、これ、2回目からは、もう、ごめんなさいやけど、ないですよ。もう、笑わないですよ。僕。抗生物質できましたから。」
マル「アナべべばっかり書いてこられてもな。」
ひな「そりゃそうです。いないと思ってて、急に出てきたから…サバンナから福井にやってきたからな。」
マル「マジか。有り難いな、それはな。」

ひな「かぼちゃの馬車で行った。」
マル「引くわ…過程が引くわ。」
ひな「すごい、だから、みんなに合わせよう、合わせようとしてたのに、現地集合だと言われて、いつもの馬車で行ってしまった。」
マル「いつも、そいつは、カボチャの馬車で行くけど、隠してたんやな。」
ひな「隠しててん。」
マル「引くわ、それ。格差でも引くし、そんなでかいカボチャ、どうしてん、みたいな話になってくるし。引くわ。」
ひな「やってもうた。」
マル「やったな。それはアカンな。」

親に甲冑を買ったことをまだ言ってないというひなちゃんに、「言うたらアカンで。」って言う丸ちゃん。
「オカンに言うたら、こんなん、なんぼしたんって、絶対、聞かれるからな。」って言うひなちゃんに、「女性には分からんから、その辺のロマンはさ。フィギュア、甲冑は、もう。」って言う丸ちゃん。

ある商店街に好きな唐揚げ屋さんがあって、そのはす向かいの書店に、NARUTOの作者さんに会ったという話をする丸ちゃん。
ご家族でいらっしゃって、娘さんが丸ちゃんのことをぬ~べ~だと気づいてくれて、握手したら、「実は、僕、これ、書いてます。」ってお父さんが話してくれて、ジャンプ繋がりで、凄く嬉しかったそうで、なかなか、芸能人に会うことはないんだとか。
ひなちゃんもないんだそうで、初めて会った芸能人も覚えてないという話に、「びっくりした。即答過ぎて、びっくりした。」って言う丸ちゃん。
丸ちゃんは、オーディションの時に、ABCだったので、隣がホテルで、オーディションの時間までお茶してたら、横に、坂田さんがいたんだとか。

結構前に、スーパーで、シェリーさんに会ったことがあるというひなちゃん。
たっちょんといる時に、事務所のえらいさんと会ったことがあって、奢ってもらったことがあるという丸ちゃん。

「さあ、来週のレコメンは、レコメン夏祭りでございます。それでは、おやすみなさい。」て言うひなちゃんに「おやすみなさい、お疲れさま。」って言う丸ちゃん。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する