2015-08-05 10:06 | カテゴリ:CD
150804-2.jpg
店頭抽選の結果は、A賞のマルチケース(青)と団扇2枚(^^)。
150804-1.jpg

詳しい感想は続きから。
ネタばれありだと思うので、お気を付け下さい。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。

なお、私事ですが、今週末は所用の為、次のブログ更新は、週明けになると思います。
あしからず、ご了承ください。m(_ _)m

初回限定盤のメイキング、今回は、時間がなかったのか、忙しくて余裕がなかったのか、丸ちゃんは、あまり、おふざけもなかったですけど…。
ロケ地も色々あったり、エキストラの方の人数も多くて、大掛かりだったんだなあって思いました(^^)。

「ズッコケ男道」の一発撮りは、服装も私服っぽいラフな感じで、スタジオ演奏している様子が、めちゃくちゃかっこ良かったです(*^^*)。

通常盤の「夏の恋人」、すばるくんが「スバラジ」で、「CANDY MY LOVE」のアンサーソングだと話していましたけど、丸ちゃんが作詞なんですね(^^)。
しかも、「丸山隆平」名義というのが、ちょっと感慨深いというか…なんだか、嬉しかったです。
恋をする男の優しさとか切なさも伝わってくるようだし、アンサーソングとしても、上手く言葉が繋がっているなあって思いました。(*^^)v

キャンジャニ∞盤は、一応、ラジオ番組という設定になってるんですね(^^)。
オープニングの女性アイドルになり切った感じも面白かったし、エンディングでは、結局、物真似が入ったりとかで、ちょっとぐだぐだになるのも面白かったです。
最近、丸ちゃんとたっちょんが喧嘩コントみたいになるパターンが多いですけど(笑)。

これも、すばるくんが「スバラジ」で話していた水着の写真は、意外と小さかったですね(笑)。
「渚のキャンディーラブ(仮)」もリリースしてほしいですけど…(^^)。

「CANDY MY LOVE」は、女装のインパクトの方が強いような感じですけど、楽曲としても、昭和歌謡のテイストで、すばるくんのメインボーカルにかぶせたバックコーラスの部分とか、取っても心地良いですし、素晴らしい出来栄えだと思います。
何より、やっぱり、歌唱力のすごさが分かりますね(^^)。

DVDは、ミュージッククリップのみでしたけど、後半で、憧れの人という設定でりょうちゃんが出てきた場面で、思わず、頬が緩みました(^^)。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する