2015-08-03 13:34 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから


ニューシングルの完成品が届いたということで、3種類の説明をするすばるくん。

キャンジャニ∞盤が「期間限定盤」ということで、「こういうのに、主婦が弱い。期間限定でございますよ、皆さん。」って言うすばるくん。
今のところ、年末までで生産終了の予定なんだとか。
しかも、1曲目が歌じゃないということで、「訳が分からないですよね。」って言うすばるくん。
3曲目には「まったりトーク」があるということで、「気持ちが悪いですね。」って言うすばるくん。
5曲目は、「寂しいけど、エンディング」で、「なんや、しゃべってもうてるやん…これもね、どういうことになってるのか、楽しみですよね。」って言うすばるくん。
仕掛けがあるらしく、「すば子が一番えぐい身体してますよね。この、巨乳過ぎるやろ。どんなテイやねん。」って言うすばるくん。
ジャケット?を見ながら、「うわうわうわ、気持ち悪い。あ、こういうことになりましたか。ハイハイハイ、凄いなあ、今の技術は、もう。安子は悪い女ですよ、これ。ホントに。安子は悪い。平気で、彼氏いても、平気で他の男と遊ぶタイプの感じ出てますよね、安子は。」って言うすばるくん。

初回限定盤は、DVDがついていて、「ズッコケ男道」を、一発撮りしたというすばるくん。
Mステで演奏したのをベースにアレンジし直して録音したそうで、一発撮りの雰囲気が出ているというすばるくん。
通常盤にはそれの音源が入っているそうで、もう一曲は、「夏の恋人」で、「キャンディマイラブ」のアンサーソングになっているんだそうで、この2曲を続けて聴いたら、「なんや、こいつらってなりますよ。」って言うすばるくん。
「何言うてんの、って。結局、何言うてるの、お前ら、っていう…だから、これ、3つとも買わなダメですよね。ホントに…3つとも買わな、買ったことにならへんもんね(笑)…3つとも、手にしてほしいよな。」って言うすばるくん。
「33枚目、5日に出ますので、皆さん、楽しみにしてほしいと思います。」って言うすばるくん。

1曲目は、関ジャニ∞「前向きスクリーム」

女子に照れながら「見ないでください。」と言われたらどうしますかと言われて、「見ないでくださいは、行ったら、ダメですよね。その瞬間、もう、ただのエロスになりますからね。そう思っても、口に出さないで、やってれば、誰も、気にならないんですよね。そこで、見ないでくださいって言った瞬間、男子の、もい、視聴率が、グッと、かぶりつきになりますから。そうか、これ、言葉って、難しいよね、これ、だから。ホンマに思って言ってるんやろうし、でも、それを言うことによって、逆にエロなってるぞっていうね…見ないでくださいって言われたら、見ますよね。それ、見ますよね、それは。それは、アカンわ。見ないでくださいって言ってる奴は、アカンよね、それは。それは、もう、見てくださいですよ。だから、本質は…」って言うすばるくん。

2曲目は、関ジャニ∞ ニューシングルの「ズッコケ男道」一発撮り

エイターすごいい話

人見知りなんだけど、リサイタルの帰り道に、夜行バスで後ろの席の方に、席を倒してもいいか、声をかけることが出来たという話
「ありがとうございます。いや、いいですね、嬉しい。なんか、これ、ホンマに、何気ないような文章に思えるけども、ライブ行って、すごく、なんか、こう、そういうことやと思うわ、パワー貰うって。俺も、そうやけど、好きなバンドのライブとか行った時に、なんでも、やろうって思えるっていうか、頑張ろうって思えるのって、これは、嬉しいなあ。なんか、ちょっとの勇気って、すごく大きいから、いや、嬉しいです。」

動物鍋つかみのイラストの豚の部分が黄色で何が書いているのか読めないという質問
「これ、大変やなあ。あ、そうですか、これ、結構、多いと。俺、もう、ごめんな、ホンマに、覚えてない。ホンマに、5分くらいで仕上げてしまったから、その時の、あの、ノリで書くタイプの、アーティストなんで…迷いがないアーティストなんで、やっぱり(笑)。なんやろ、でも、豚だけで、何種類かあった気がするんですよね。たぶん、普通の豚と…しばかれた豚やったかな…豚自体の説明を書いてます。説明せなアカン絵を書いてます(笑)、たぶん、そういうことや…黄色、ミスったな、ごめん、黄色な。ちょっとね、これ、読めた人、教えて、また。俺でも分からんくらいの。あの、ホンマに、生活感がある、グッズっていいですよね、なんか、鍋つかみ。あの、リサイタルのタイトルが…鍋、つかみ、ということでね…あんまり、伝わってないみたいですね、この意図が、意外と(笑)。普通に、鍋つかみええやん、みたいなことに。それ、いいんですけど、別に。一応、そういう意図もあるんだという。」

リサイタルに行くのにオールインワンの服を買ったんだけど下着のラインが透けるので赤のTバックを初めて買ったという話
「ホントに、これなんです、僕が。あの、ホントに、こんなに、伝えたいことってあるのかなっていう。これなんですよ。僕がね、あの、好きな服…これは、凄く、身体のラインが出るでしょ。で、パンツのラインが出るんだよ、これ。それがね、いいんですよね。で、それを避けて、Tバックを履かざるをえなくなるよな。それはそれでいいんだけど、Tバックじゃない感じが出てる時も、凄く好きですねえ…楽しみやなあ。だから…俺も、なるべく忘れへんようにするけど、アピールしてくれよ、それは…Tバック履いてる顔でいでくださいね、これ。」

リサイタルにキャンジャニ∞風の制服コスプレをして、Tバックをはいて行ったという話
「マジか。いたんや。あんな、セーラー服っていうんですか、ああいうの…あんなんに、Tバックは、もう、AVですよ。あ、そんなことなってたんや。そら、ちょっとドキドキしますよね。Tバックが、やっぱ、増えてきてるわあ…いやあ、もっと言っていくと、思います。ずっと、これだけは、言い続けていきたい、俺は。ホントに。続けていけば、ホントに、それこそ、グッズでTバックも、出せる日が来るかもしれない。そういうのもやっていこうよ…まあ、来ないでしょうけど。」

3曲目は、キャンジャニ∞「キャンディーマイラブ」

ラストの言葉は、「私は、Tバックをお薦めします。」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する