2015-04-26 11:50 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


「ちょっと、俺、ホンマに、初めてくらいなんですけど、めっちゃ腰痛いんですよ、今。」って言うすばるくん。
座ってる状態は大丈夫なんだけど、ちょっとでも立とうとしたら痛いし、座る時もゆっくり深めにしないと辛いんだそうで、病院には行ってなくて、「くわいですよね。ホンマにいたいんですよ。なんでなんやろ、歳ですかね。」って言うすばるくん。
いつもツアーに来てくれているギターのオオニシさんという人がぎっくり腰の常連だという話をして、癖になるみたいだというすばるくん。
ちょっと布団が変わったとかないか聞かれて、「いや、ないですね。そこそこ、良いマットレスで寝てます。」って言うすばるくん。
病院で診てもらった方がいいと言われて、「いや、腰痛いことで、病院行くようになってるねんやって、認めたくないんですよね。(笑)」って言うすばるくん。
下のフライパンとか取ろうとしたり、靴下をはくのにも苦労したというすばるくん。

で、身体を大事にしないとという話になり、「そうなってくるか…まあな、禁煙は分かるけどな、お酒はやめへんやろな。お酒も煙草もやらない人が、何が楽しいんですかね。」って言うすばるくん。
最近の若いバンドマンはお酒を飲まないという話に、すばるくんも徐々に覚えて行ったので、これからなのかもしれないというすばるくん。
おっさんでも飲む人が少なくなったと言われて、「そうなんですかね。そう考えたら、俺の周り、酒飲みばっかりですわ。メンバーが全員、飲みますからね。7人もいたら、1人飲まれへんとかいてもいいんですけどね、全員、アホみたいに飲みますからね。それがあるからね。」って言うすばるくん。
「でも、俺の中のロックの神様、甲本ヒロトは、あんまりお酒飲まないですからね。タバコは、もちろん吸わはらへんし。だから、僕の中の一番かっこいいは、そこなんです、やっぱり。だから、僕も、ウーロン茶にしないとダメなんですけどね。でも、そこは、自分勝手な理由で、俺は俺やしって思いで。そんな、何もかも、憧れたままにいったら、個性がなくなるからっていう理由で、俺は飲むけどって思います。アハハ(笑)。最悪でしょ。」って言うすばるくん。
昭和な感じですねと言われて、「昭和は大事にしていきましょうよ。」って言うすばるくん。

今回の選曲も1つテーマがあって、どんなテーマかというのは1曲目を聞いてもらえれば分かりますというすばるくん。

1曲目は、イーグルス「デスぺラード」

「キリキリまいまい」を連呼しているおっさんがいたというおたよりに、「奇跡の瞬間やね。」って言うすばるくん。
言葉間違いはよくあるし、カタカナの言葉が昔はそんなになかったという話で盛り上がって、キリキリまいまいも、間違いじゃないのかもしれないというすばるくん。

「いつもの」で注文できるお店に憧れるという話に、「ああ、ちょっと分かるなあ。常連さんがね、よう言う。いつもので頼める店。そうですね、飲み屋くらいですかね。あの、いつものっていうか、いつも飲むのが、だいたい、俺、その店では、それなんでっていうので…なんも言わんでも、だいたい、行ったら、それが出てくるっていうのはありますけど。そうですね、ご飯屋さんとかで、いつものって、なかなか、ないですね。」って言うすばるくん。
飲み屋さんは、すばるくんのことを分かってくれてて、4、5回で、そうなったんだそうで、「そうか。ま、その、いつものになる速度は、あの、比較的、僕らみたいな職業は、早い部類に入るかもしれないですね、やっぱり。顔がね、覚えてもらいやすいかもしれないですから。普通の、一般の方で行ったら、どうなんでしょう。よっぽど、スピードを求めるのであれば、よっぽど、インパクトのある格好をしていってですね、その格好で、毎回、同じ格好で行くと、では、もう、最短では、3回目くらいから、いつものって言ったら、もう、なるほどって。そんなに憧れるんであれば、それくらいの気合でいけば、いけるでしょうけど。普通の感じで通うんであれば、結構、やっぱ、かかるんじゃないですか。毎回、同じのを頼まなアカンでしょうしね。いつもの、いうくらいですから。5回はかかるんじゃないですか。で、あえて、なんか、一番人気ないやろなっていうのを、めっちゃ頼むんですよ…」って言うすばるくん。
お店側から、めっちゃお腹いっぱいの時に、「サービスなんで」って出されると、「ありがとうございます」と言いながら、「どうする?」っていう感じになる時もあるという話をするすばるくん。

2曲目は、渋谷すばる「記憶」

「お悩みズバッと」のコーナー

どうしても開かない自動ドアに困っているというおたよりに、「センサーですもんね、結局、あれは。ドアうんぬんより、センサーがおかしなってるんじゃないかな。」って言うすばるくん。
自動ドアやと思ってずっと立ってて、普通のドアだったという時は、恥ずかしいというすばるくん。
普通のドアかもしれないし、もうちょっと調べてほしいというすばるくん。

最近、涙腺が弱いかもしれないというおたよりに、「涙腺っていうのは、色々ありますよね…年々ね、って思う、俺も。20代の頃、ホンマに、そんな、グッとこらえてしまってた、自分がいますけど、最近、全然、泣く感じじゃないのに、なんか、テレビ観てて、松岡修三見ただけで、涙出てくる時ある(笑)。」って言うすばるくん。
一番好きな映画で「僕らの7日間戦争」っていうのがあって、小学生の時に腐るほど観たのを、今でも、DVD持ってるんだけど、つい最近、また観て、めっちゃ泣いたっていう話をするすばるくん。
親側とか先生側の目線で観てしまうし、クレヨンしんちゃんやドラえもんの映画でも、めっちゃ泣くって、ヨコも言ってたという話をするすばるくん。
「去年の夏かな。ドラえもん、観た?いうて。俺、30越えた奴の話かなって。ドラえもん観た?って言われたんですよ、俺。いや、俺、観てへんわ、言うて。ドラえもん、観た? やばない?いうて。めっちゃ泣いたわ、いうて、ニコニコして、ヨコが、俺に話してきた、今、思い出した(笑)。いや、でもね、ホンマ、涙腺は、でも、年々、こうなってきますよね。良いことであるんでしょうね、色々経験をね、重ねるからこそ、こうなるっていうことでしょうから。そうね、これが、こうならへん人って、ちょっと、どうなんやろっていうね、ちょっと怖いですよね。あの、村上でも、あんだけ号泣するんですから。俺、あいつだけは、ホンマに、もう、人としての、その、なんか、もう、感情って0やなって思ってたけど、ホンマに。あ、こいつも、ちゃんと、人なんやなっていうね。アハハハハハ(笑)。やっぱり、人間、そうなってきますよね。」って言うすばるくん。

3曲目は、ザ・ブルーハーツ「チェインギャング」

ラストの言葉は、「プラスチック」
…昔あったカタカナ言葉の話から。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する