2015-03-22 12:34 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


収録の時に、レコードとかを持ってきたら助かるかどうかを聞くすばるくん。
結構、昔の曲をリクエストするので、持ってこようと言いつつ、持ってくるのを忘れたというすばるくん。

レコードを何枚くらい買ったか聞かれて、「めっちゃヤバいす、もう。」って言うすばるくん。
何年か前に買っていた棚も一杯になって、以前、頂いたラックも一杯になって、今、考え中なんだとか。
色々欲しくなって、ソウルバーに行くと、DJとかやっているのをずっと見ていて、欲しくなるんだそうで、凝りだすと、きりがないというすばるくん。
爆音で聴きたいけど、近所に何か言われると嫌なので、爆音で聴ける環境に、どうしたらなれるかということで、「家、買うしかないのか、俺は。」って言うすばるくん。
たまに、だんだん酔っ払ってきたら、ボリュームが上がるんだとか。

すばるくんのソロの「護り歌」は、すばるくんとマシコさんとで作曲していて、すばるくんが、マシコさんの家に行って、マシコさんちは上がスタジオなので、下には、可愛い嫁がいて、可愛い子供が3人いて、ちょっとしゃべってから、上のスタジオで作ったのが「護り歌」で、「ええなあ、こんな家。」と思ったというすばるくん。
「でも、夢ありますよね、そう考えたら。まだ、僕はね、賃貸マンションで、チビチビの音量で、好きなレコードを聴いてるくらいが、ちょうどいいんですよ、今。」って言うすばるくん。

3大キングを紹介していくということで、BBキング、アルバート・キング、フレディ・キングで、1曲目は、アルバート・キングっていう人で、すばるくんも使っているフライングVっていうギターを使っているんだけど、この人は左利きで、この時代なので、たぶんレフティのギターなんてないので、普通の右利きのギターをそのまま弾いていて、めちゃくちゃかっこ良いというすばるくん。

1曲目は、アルバート・キング「ハッド・ユー・トールド・イット・ライク・イット・ワズ」

「関ジャム」の話になり、収録もまだしてなくて、まさに、これから、どうなっていくのかなという感じだけど、楽しみだというすばるくん。
「結構、色んな演奏もそうやし、たぶんセッションとかも、やっていくことになると思うんですけど、改めて、自分らの、音楽やってる部分っていうのを、ちゃんと見てもらえる機会なのかなと思うんで。まだ、全然、始まってないんで、僕もまだ何も分かってない状態なんですけど、いや、楽しみですよね。たぶん、この番組ならではの、すごい、ゲストの人の曲は、この番組ならではの、アレンジになったりとかっていう感じになっていくと思うんで、なんか、楽しみですよね。」って言うすばるくん。

すばるくんのソロシングルをキーを二つか三つ上げると、美空ひばりさん風の声になって、下げると、福山さん風になって、特に「護り歌」は福山さんにしか聴こえなかったというおたよりに、「勝手なことするな。(笑)まあ、別に、買っていただいたんですから、楽しみ方は、人それぞれでいいんですけど(笑)、そういうことをするタイプの人なんやな、お前は。ハハハ(笑)…なんなんやろなあ。もう、めっちゃ聴いてくれて、もう、聴き飽きたわっていうくらいになって、なんか、もう、他のことないかなと思った後の、この楽しみ方やったら、すごい嬉しいけど、そんな感じせえへんな、これ、たぶん。」って言うすばるくん。

フレディ・キングっていう人について説明するすばるくん。
「このひとは、もう、とにかく、底抜けのハイテンションなおじさんです。なんか、ブルーズって、やっぱ、こう、ブルーな気持ちを歌うから、ブルーズっていうことなんですけど…なんか、どっか、ちょっと重いようなそういうイメージがあるかもしれないけど、決してそういう曲だけじゃなくて、ホンマに、なんか、楽しいハッピーなっ曲もあるし…なので、その辺も楽しんでいただけたらと思います。

2曲目は、フレディ・キング「ハイダウェイ」

エイトクエスチョンのコーナー

「スシ何口でいく?」
「えー、一口ですね、僕は…でも、いくら、可愛い女の子でも、お寿司をチビチビ食うような人は、連れていきたくないです。パッと一口食って、一口でいってほしいし、最初、何飲むって言われた時には、生ビールって言ってほしいですよね。そういう女がいいですね。腹減ってきた。お寿司食いたくなってきた。」

「イチゴどっちからいく?」
「緑の部分を取って、そのまま食べて、パッとこう、緑の部分を出すっていう感じですよね…イチゴかあ、イチゴの事を考えることが、そんなにないですよね。イチゴ狩り行ったことない。」

「今、誰とおるん?」
「今、だから、今、ここに、色んなおじ様たちといるよ。そやで。くわちゃんとかな。くわちゃん、おれへんわ、今。今、たまたま、おれへんわ。くわちゃん、電話しにいってんわ…今は、そら、スバラジスタッフといますよね。」

「資格取るなら何?」
「ひとつ、ホンマに欲しいなと思ってるのは、普通にあの、中免。っていうか、もう、大型ですね。バイクの免許は、欲しいなあって思うかな。だから、船舶も欲しいし…それ、ヤスが持ってるんですよ。だから、それこそ、あいつ、仕事なくなったら、海賊やるって言ってます、あいつは。(笑)夢ありますよ、あいつ、ホンマに。だから、あいつ、海図描けるんですよ…だから、ホンマに、あいつ、海賊できますよ。どこでも行けますよ、あいつ…それでいうたら、うちのメンバーは、ヤスが一番、そういう資格系は、持ってるかもしれないですね。あいつ、バイクも乗るし。あって、損はないですよね、資格、なんかね、色々。ソムリエ的なやつはいらないです…利き酒とか、絶対にいらないですね。もう、純粋にお酒楽しめないでしょ、ああいうのやっちゃうと。ああいうの、一緒に飲んでて、ああいう、うんちく語られたら、一番、腹立つパターンでしょ…まあ、資格は、ちょっとね、いいですよね。でも、今、言ったのは、ホンマに欲しいなあ、船舶とかね。」

3曲目は、BBキング「スイートシックスティーン」

来週はスバデミー賞企画だそうです。

ラストの言葉は、「さようなら。」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する