2015-01-12 16:34 | カテゴリ:ラジオすっきやねん
「ラジオすっきやねん」のまとめ書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


問題「オフ充とは、どういう意味でしょう。」
「なんなんですか、オフ充って。俺ね、この、リア充とかって言葉、ホンマ、大嫌いですわ。あの、なんか、造語、嫌や、俺。全く使わないですよ。リア充を、安田くんは、リアル充電って言いましたけどね。いやいや、もう、オフ充ってなんなんやろね。オフオフ、オフって英語なんかなあ。オフる…寝るってこと? すごく寝るってこと? なんなん、普通に言えよ。なんか、気に入らんな…」

たっちょんから新成人に送る言葉を求められて、「いやねえ、ないっすよ。すごいからね、ホントに、最近の二十歳というか。もう、年齢ってないんだなって思いますよ、ホントに。年が上だからね、なんか、色んな事を経験してるっていうことじゃないんですよ、きっと。なんなんだろう、なんか、すごい人っているんですよね、やっぱり…」って言うたっちょん。
17歳や15歳で宇多田さんや尾崎さんが作った曲をいまだに聞いてしみてるっていうカリスマ性がすごいって言うたっちょん。
年齢って言うことに関して、お前、年下のくせにみたいな感じが大嫌いなんだそうで、逆に、新成人から見たたっちょんの感じを聞きたいというたっちょん。
年下に叱られたいんだとか。

お年玉企画「新春アポなしテレフォン」

本当にアポなしで電話してるので、全然繋がらず、先週は繋がったのが1本だったことから、「僕の引きが悪いと思われるんで、皆さん、出ていただいていいですか?」って言うたっちょん。

1本目の電話が繋がって、ヨコちょのファンだというリスナーに、リアクションが低いことを、ちょっと愚痴るたっちょん。(笑)
電話を切った後、「やった、繋がった。そうか、でも、やっぱり、関ジャニ∞のファンの人が、みんな聴いてくれてるって思うと嬉しいですね。でも、横山くんのファンっていうのも嬉しいんですけど、俺ちゃうんかいっていう。俺のファンの引きがないやん…なんか、全員、違うファンやったらどうしよう、かけた人、繋がる人が。」って言うたっちょん。

2本目に繋がったリスナーさんがヤスくんのファンだということを知って、「おい。もう、そんなんばっかりか、ホンマ。いや、それでも、メール送ってくれるのは嬉しいねんけどね。」って言うたっちょん。
電話を切った後、「俺のファン、おらんやんけ。俺のファン、1人もおらん…」と言って、スタッフさんと、「おかしいねえ。」と言いながら、メールを選ぶたっちょん。

3本目に繋がったリスナーさんのテンションの高さに、「わ。こういうの、待ってたよ…これが、アイドルが電話かけた時の正解のリアクションですよ。」って言うたっちょん。
リスナーさんがたっちょんのファンだということに、「やった、来た。やっと来たよ、俺。嬉しい、ありがとう。」って言うたっちょん。
電話を切った後、「僕ねえ、満足です。アハハハハハ(笑)。」って言うたっちょん。

大倉ちょいワルよしの条件のコーナー

「ミカンは、実を割らずに、丸ごと食べる」
「ちょいワルやなあ(笑)、ちょいワルなのかな、ワイルド、ワイルドチックな感じかな。なるほどね、皮ごと食うのかな。皮ごと食ってやったら、もっと悪いけどね、あいつ、むかんのかって。」

「肩に鷹を乗せる」
「ちょっとラスボスみたいにならないですか。肩に鷹を乗せるっていうのも言いづらい。確かにおるよね、なんか、時代劇とかで…ちょいワルどころか、これ、鷹を乗せてたら、問題あり過ぎるからね。でも、ちょいワルなのかもしれないね。これ、ちょっとレベル高いな。」

「シャーペンの芯をシャーペンの入れずに、そのまま…」
「何、もう、書けない状態で削ってやるってこと? どういうことよ…悪いわあ、これいいね。」

「いわゆる午後の飲む紅茶を午前中に飲んでやったぜ」
「これ、もう、やったぜって言ってる時点で、ワイルドだろうでしょう、これ、もう。午前中にね、なるほどね。午前中に飲んで、ちょいワルなのかなあ。なんやろな。これは、まあ、悪くはないかな、悪くはないかもしれないね。でも、なんか、こういうことですよね。」

ここで1曲
「冬にぴったりな曲をお送りしたいなということで、なかなか聴く機会ないんじゃないかなということで、関ジャニ∞で、冬恋。」

オープニングクイズの答え
「オフ会が充実していること、オフ会によく参加している人のこと」

「何、オフ会って?…ふーん。僕は、その、オフ会に行かないから、別に、僕の人生には関係ないね…」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する