2014-12-15 17:02 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


今週は公録の後編

「男性の方は?」と客席に聞いて、1人の人に「どうしたん? 1人で来たん? なんで?」って聞くすばるくん。
「当たったから。」という答えに、「そらそうやろな。」って言うすばるくん。
公録の前日で二十歳になったということに、「すごいなあ、すごいタイミングやな。」って言うすばるくん。

状況はよく分からないんですけど、「なんやねん、はよ座れよ。」と言って、スタッフさんに「いや、まだ15分経ってないです。」と言われるすばるくん。
「トイレ長い奴いますよね。村上、結構、長い、腹立つねん…」って言うすばるくん。

「話変わりますけど。」と言って、テレビの話をしようとするものの、「あ、もっかい、話変わっていいですか。」と言って、テレビぴあさんが取材に入っていることを話すすばるくん。
ラジオのとこにテレビ誌が来て大丈夫かというすばるくん。
実は、去年も来てくれているそうで、1月5日発売号だそうです。

テレビの話に戻って、NHKのドキュメントで観たという1年の360日を海の上で暮らすという漁師さんの話をして、色んな生き方があるんだなあと思ったというすばるくん。
2ヶ月しか家族と一緒に暮らせないという気持ちを考えて、「どうします、そんな所に行けって言われたら。」って言うすばるくん。
まず、すばるくんは、船がダメで、どこの仕事をするにも、船NGなんだそうで、昔、一度えらいことになって、立てなくて、吐きまくって、テレビのロケなのに、使えなくなった事があって、迷惑をかけるだけだからダメで、見ているだけでも、気持ち悪くなるんだそうで、浮き輪もダメなんだとか。
豪華客船で、全然揺れないなら乗ってみたいそうで、マンションごと、ショッピングモール的なものも一緒に、世界中旅するのなら良くて、50くらいで、20代くらいのお姉ちゃんを連れていきたいというすばるくん。
なんならみんなで借りましょうかという提案に、いくらくらいかかるのかを聞くすばるくん。
素泊まりでも何百万かかるけど行けるんじゃないかというスタッフさんに、「金はあっても時間がないでしょう…全然おもろない。」と言うすばるくん。

髪を短くして、初めて迎える冬で、初めての経験なんだけど、この間、札幌に行った時、すごく頭が寒くて、びっくりしたというすばるくん。
「髪がないって、こんなに寒いんだと思って。僕も、帰ってきて、すぐ、ニット帽、買ったんです。これから、色々行くのに、頭寒いと思って、耳のついてるやつ、モコモコのやつを買ってね…髪の毛がないから、すごいあったかいんですよ。」って言うすばるくん。

女の人がストッキングをはいてるかどうかを当てるゲームをしているというおたよりに、「こわっ…これは気持ちが悪くないですか。」って言うすばるくん。
ストッキングって、なんではくのかが分からないというすばるくん。
黒いのなら分かるけど、なんで肌色のをはくのかが分からないんだそうで、客席に意見を求めるものの、「いまいち、分からへんわ。」って言うすばるくん。

1曲目は、モンスター大陸「スイート・ホーム・シカゴ」

「スバコク」のコーナー

「お父さんの靴下をはくのが好き」
「はああ、すごい、なんか、その、つつかれたくないとこ、つかれますね。どういう心理なんかな。その、使用済みなのか…どういうことなんやろ。気持ちが悪いですね。」

「元カレに月の土地を貰って困ってます」
「月って、買えるんですね。困るね。どういうあれで、坪いくらとか…これ、困るね。」

「ハムスターの餌が美味しい」
「うーん…ハムスターって、何食うの。ヒマワリの種、煮干し、トウモロコシは、食ったことあります…そう考えたら、普通のことや。意外と、人に近いものを食うんですね、あんなもんが。(笑)」

「乳首が取れかけたことがあって、また取れちゃわないか不安」
「もう、嫌やわ、アホやん…どんだけハードな…取れかけるって相当ですよ…アホやな、すげえな。取れかけたってことは、もう、半分くらい…グラッときたよ、みたいな…すごいな…そら、怖いよね。取れたくはないもんね。すげえな…取れてしまったら終わりですからね、取れかけたっていうところに、その、夢がありますよね…かわいそうっちゃあ、かわいそう。」

2曲目は、ロバート・ジョンソン「スイート・ホーム・シカゴ」

ラストの言葉は、「ありがとうございました。」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する