2014-12-06 10:23 | カテゴリ:テレビ番組
「ぬ~べ~」最終回、7話のさんまさんに続いて、つるべさんがゲストということで、そこに至るまでのいきさつとか、丸ちゃんや∞クンたちに関してのコメント記事に、ちょっと胸が熱くなりました。

ひなちゃんは、年明け、恒例の舞台も決まったし、関西ローカル番組が正月特番で全国ネットされるようだし、まだまだ勢いが続きますね(^^)。

「ミニステ」

「キングオブ男」の衣装での全員での口笛の写真とか、丸ちゃんのゾンビメイクの写真とか、なかなか興味深いと思ったし、平井さんのバックダンサーに紛れて引き戻されるりょうちゃんも可愛かったですけど、アナウンサーさんとの空気感?みたいなのが、ちょっと微妙でしたね…まあ、時間も限られてたし、しょうがないかなあ…(^^;)。

「ミュージックステーション」

丸ちゃんのオープニングの登場、今回は階段コケじゃなくて、いきなりの滑り込みでしたけど(笑)、そんな丸ちゃんに寄り添うたっちょんが可愛かったです(^^)。

「がむしゃら行進曲」は、ミュージックビデオさながらの賑やかさで、元気が出たし、楽しかったです。
一瞬、目玉を付けて現れる丸ちゃんは可愛かったし、「ワン、ツー、スリー」とカウントする丸ちゃんはとっても素敵でした(*^^*)。
最後は、丸ちゃん、やっぱり、振り切れてましたけど…(笑)。

エンディングも、目玉をつけたままの丸ちゃん、やり切ったなあ…って感じでしたけど、面白かったです(^^)。

「ブランチ」で、「ごめんね青春!」の黒板の字を、最初は他の人が書いていて、りょうちゃんは、その字がきれいだと言われるのが悔しくて、ずっと練習して、自分で書くようになったというエピソードを聞いて、りょうちゃんの負けず嫌いな部分というか努力家の部分を垣間見たような気がしました。
「お昼寝」という言葉を使って、しげおかくんに突っ込まれて、ちょっとキレるりょうちゃんは可愛かったですし、しげおかくんに、笑顔の源を聞かれて、さらっと「お前が目の前で笑ってるからじゃない?」と返して、しげおかくんを感動させるところは、やっぱり、アイドルだなあって気がしました(^^)。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する