2014-12-01 12:39 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


「いい肉の日ですね。」と話し始めるすばるくん。
久々に、リハーサル終わりで、ヨコちょとヨコちょの弟と一緒に、焼き肉屋に行ったというすばるくん。
ただ、もう、ヨコちょもすばるくんも同い年で、カルビは食べられず、ハラミとか赤身と、後はホルモンを食べながら、お酒を飲むということになったそうで、カルビとかは1枚食べたら、もうしんどくなるんだとか。
焼き方は、相手によるそうで、ヨコちょと行ったら、ヨコちょが全部やるので、すばるくんは食べる専門なんだけど、後輩とだったら、自分でやってもらって、自分は自分で自由に焼いて食べるんだそうです。
あと、後輩だから、年下なので、すばるくんはお腹いっぱいだけど、締めの雑炊とか頼めと思ってるのに、遠慮されると、腹が立つそうで、「俺と飯行ってて、美味しく食べたくないんか。なんか、早く出たい感じにするんか、お前は。俺も食わへんから合わせてますということで、いいことしてると思うなよ…もっと楽しそうに食え。」って思うんだとか。
でも、デリカシーのない人はダメで、がさつな奴は許せないんだそうです。

最近の若い人はお酒を飲まない人が多くて、マネージャーで一番若い人も、名古屋で仕事に行った時に、現地のイベンターさんとかいっぱいいて、ひなちゃんとすばるくんがいて、ほぼ全員がビールを頼んだところに、1人だけウーロン茶を頼んだそうで、乾杯が、そのウーロン茶待ちになったという話をして、「なんで、平気で言えるんやろと思うんですよね。乾杯して、口付けて、置いときゃいいじゃないですか。適当にやりゃあいいのに…何なんでしょうね、ああいうのって。」って言うすばるくん。
そこから、寿司屋で、何か(ここはピー音)を頼む人も許せないという話で盛り上がり、「世も末ですわ。」って言うすばるくん。

1曲目は、ザ・クロマニヨンズ「ウォルターに一撃」

画号(書道で使う名前)をつけてほしいという「ふつおた」に、普通は山とか川とかが多いので、それを逆にいって、「エレキ筆」って言うすばるくん。
そこから、ラジオネームを参考にして、「電 気太郎」を差し上げますというすばるくん。

10年間女子校だったと女の子に言われたら引きますかという質問に、「そうか、俺、だから、女子校とか、男子校とかいう感覚が分からへんからなあ。でも、そうやなあ、異性に触れないということですよね、でもさあ、そんなにですか? 学校の中はそうかもしれないですけど、一歩出たら、別に自由なわけじゃないですか。学校の中がそうやから、自然と友達も、基本的にはそうなるやろうけど、でも、それは、自分次第じゃないのかなあ。でも、そんなこともないのか。学校がそうやったら、やっぱ、その人の世界は、基本的には、そこで、作られるわけで…良いことでもあると思うしね。でも、ええんちゃうの? 共学で、すごいイケイケでやってきましたって、すごい男の子も色々お付き合いしてきてってやってきた子よりも、男性に触れる機会が少なかったからこその、いざ、じゃあ、あ、この人はって思った人が現れた時の、がっつき感…(ここから、ちょっと下ネタに走って)…だから、こういう10年間女子校で生きてきたという女子は、この国の、宝です。ありがとうございました。」って言うすばるくん。

2曲目は、リトル・ウォルター「クレイジー・レッグス」

あるあるのコーナー

大人の階段登ったなと思った時あるある
「さんまが美味しい」

「ああ、そうですか。俺、昔から美味しいですけど。さんまって、やっぱり、大人の感じですか。あ、そうですか。俺、子供の頃から好きやったけどな、ちあいの部分とか…」

席替えあるある
「席が変わらない奴がいる」

「これは、しゃあないよね。これは、そんだけおったら、くじ引きであれしてるのか分からないけど、そういう奴も出てくるでしょうね。いますよね、また一緒の子やって…」

乾燥した唇あるある
「つい歯で剥がしてしまう」

「…ああ、今の時期多いでしょうね。」

レオタードあるある
「食い込む」

「(笑)男、分からへんわ。バレエとかやってる人に限られるやろ。まあ、食い込むやろうな、そら。あんなもんやねんから。レオタードあるあるって、なんやねん…」

早起きあるある
「辛い」

「(笑)あるあるでもなんでもないわ。みんなそうやろ。」

福井県の中学生あるある
「授業の一環として、越前ガニを1人1匹食べれる

「(笑)あーしんどい。そうなんや。すごいやん、それ…これ、ええやんか。なんの授業なんですか、カニ食べるって。今までで一番狭いあるあるかもしれん…」

銅像あるある
「みんな裸」

「そんなことないやろ、北海道の、あの、クラーク博士、服着てるでしょうよ。分からんでもないよ…アホやなあ(笑)」

3曲目は、ザ・クロマニヨンズ「ダイナマイト」

ラストの言葉は、「さよなら。」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する