2014-09-02 14:42 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


「24時間テレビの真っただ中ですね。」と話し始めるすばるくん。
2年前にやらせてもらった時も、がっつり、こんなにかぶっていいものかということでやらせていただいたんですけど…ということで、「前回同様、これ、先に言います、サライ、かけます。どこよりも早く…最後の曲、サライです。」と言うすばるくん。
1曲目2曲目もそういう感じにしたので、24時間テレビをギュッとした30分を感じていただきたいというすばるくん。

話は変わって、訳分からん過ぎて、逆に怖いわってことがあったというすばるくん。
テレビを見ていて、なんとなく付けたチャンネルを、ボーっと見てたら、貞子3D2の2D版を今度やるぞっていうのがきて、もうなんか、何出てくるか分からんなと思って、めっちゃ怖いやんと思って、びっくりしたという話をするすばるくん。
怖いっていうか、そういうことでいいのか、どういう気持ちにさせたいのかと思って、びっくりしたというすばるくん。
ふなっしーとかもロケに行っていて、いじられる側なのに、それでいいのかというすばるくん。
ヒットしたら色んな方向に行って、お金持ってしまうとちょっと変わったりするけど、色々あって戻ってきたりするので、売れてる時期はしょうがないという話から、エイトレンジャーは、売れてない時期から変わらないというすばるくん。

1曲目は、井上陽水「少年時代」

夏休み最後ということで、お子様スペシャル

5才で、メンバー全員の絵を描いてくれているらしく、その説明をするして、「これ、嬉しいわ、ありがとう、ちゃんと届いたよ。」って言うすばるくん。

続いて、4歳で、エイトレンジャーのレッドの絵を書いてくれたらしく、紹介するすばるくん。

2曲目は、ZARD「負けないで」

あるあるのコーナー

「負けないで」あるある
体育の持久走で、ラストの1週になると、必ず、ザードの「負けないで」が頭の中で流れる。

「すごいよなあ。だから、やっぱり、いかに、この、24時間テレビのイメージですよね。どの世代も、このイメージがあるっていうのは、24時間テレビのすごさ、ザードのすごさですよね…分かるわ、これ。」

入場者数100万人目あるある
だいたい4人家族

「そう? 家族連れって、まあまあ、そうか…なるほどなあ(笑)、だいたい、4人家族。」

旅館あるある
温泉から出たら、自分が履いてきたスリッパがなくなっている

「みんな同じのやからね。その旅館のスリッパやから。いや、分かる。あれ、なんやろな…自分のじゃないと、気持ち悪いみたいな。結局、自分のやいうても、色んな人が履いてるやつやのに、結局、一緒やのに、あれ、なんすかねえ…分かるわ、これ。」

脱力感あるある
服も脱いでしまって、いざ入ろうとお風呂のドアを開けたら、スイッチ押すのを忘れて、まだ沸いてなかった時

「腹立つよなあ。入れなくもないけど、これで入っても、ずっと入っとかなアカンやろなって、この感じ。あれ、なんやろなあ。分かるわ。脱力感というか、それも通り越した、唖然というか…お風呂開けたら、栓が開きっぱなしの時。あれ、びっくりしますよね。誰やって思うもん、俺やねんけど。ありますよね、お風呂は色々、分かるわ、これ。」

骨折あるある
めっちゃ痛い

「なんやねん、これ。これ、一番ひどい。これ、ホンマ、アホやわ。これ、痛いよね。ただね、ホンマ、僕、分からないんですよ、骨折したことないから…怪我はね、気をつけていただきたい。めっちゃ痛いから、気をつけていただきたい。」

3曲目は、加山雄三・谷村新司「サライ」

ラストの言葉は、「頑張れ、関ジャニ∞」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する