2014-05-30 17:28 | カテゴリ:レコメン
Jwebの「十祭」アンケート、かなり悩みました。
あの曲もこの曲も、それぞれに、思い出とか思い入れがあるしなあ、って考えだしたら、きりがなくなって、その時の気分によっても変わってくるような気もして、選ぶのがめっちゃ難しかったです。
とりあえず、「十祭」で聴きたいと思う曲という基準で選びましたけど…やっぱり、あの曲の方が良かったかも、とか思いそう(笑)。

文化放送では、40分遅れだった「レコメン」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


天候の話で、体調管理をするのが大変だという話をするまるひな。
丸ちゃんは、マネージャーさんが車で迎えに来てくれるんだけど、エアコンが極端に寒くて、今の気温で、ガンガン、クーラーをつけたら、夏を越えられないと思って、マネージャーさんに言ったら、「この間も言いましたよね…僕は極端の方が良いんですよ、寒いか熱いか、どっちかなんですよ。」と言われて、負けた感じがしたんだとか。
最近、丸ちゃんは、そのマネージャーさんとパズルゲームとかするそうなんですけど、勝てなくて、「丸山さん、もう、そろそろ、、あのゲーム、やめた方が良いですよ。」と言われて、「え、なんで?」って言ったら、「もう、絶対、勝てないです。」って言われて、なんか、どっかで負けてるんだとか。
その話を聞いて、ひょっとしたら、丸ちゃんと、そのマネージャーさんは、似た所があって、認めざるを得ないんじゃないかというひなちゃん。

もうすぐワールドカップが始まるということで、何を持っていこうかというひなちゃんに、カメラは持っていってほしいという丸ちゃん。
「俺が撮った写真、見たいか? 見せてってなるか?」って言うひなちゃんに、「こんなんなってって、エピソードを話すのに、一番分かりやすい…」と言う丸ちゃん。
お土産はいらないという丸ちゃんに、スケジュール的に、買ってられないらしいと言うひなちゃん。
帰って来てからの話もできるだろうし、楽しみだという丸ちゃん。

スペシャルウィークのお知らせということで、6月12日の企画は、「隆平会」が「レコメン」をジャックしちゃいますスペシャルなんだそうで、ひなちゃんがブラジルに行っている間、丸ちゃんとかとうくんが、「レコメン」を乗っ取っちゃいますという話をする丸ちゃん。
さらに、今、一番、「隆平会」に入りたがっているという噂の、関ジャニ∞のあるメンバーも登場するそうで、番組のどこかでは、ブラジルのひなちゃんとの電話もあるらしく、「これ、忙しいなあ。」と言う丸ちゃん。
電話が繋がるかどうかは、その時の状況によるかも…ということでした。

丸山サウンドその22
トイレの水を流す音

「最近のやつや。」って言うひなちゃんに、「最近のやつ、分かる?」って言う丸ちゃん、「分かる、分かる。」って言うひなちゃん。

「さすが。」って言われるとむかつくって言う丸ちゃん。
その人がそいうことに長けてて、さすがの技術ですねって言われるのなら良いけど、なんてことない水の飲み方が早いとかで、「さすが。」って言われると、「お前、これが、俺の、全てだって思ってるのか。」って思うから、めっちゃ腹立つと言う丸ちゃんに、「ひねてるなあ。」って言うひなちゃん。
牛丼をババッと食べて、余ってるのをもう一つ食べて、さすがだねと言われても、「牛丼を2杯も3杯でも、アホみたいに食うから、こうなったと思ってるのか。」となって、むかつくと言う丸ちゃん。
「すごいね。」と言うのも上から目線だという丸ちゃんに、丸ちゃんを褒めるのは大変だというノリさん。
褒められることに慣れてないからかもしれないという丸ちゃん。

巷では、前髪が禿げてきてると言われて、元々おでこが広いので、ハゲと思っててくれてもいいけど、ホンマに禿げたんやったら、坊主にするという丸ちゃん。
「潔くいこうと思う。でも、分からんなあ、もし、ホンマに禿げ出したら。」っと言う丸ちゃんに、「俺は、色んなヅラをかぶる。」と言うひなちゃん、「ああ、それ、良いね。」って言う丸ちゃん。

ヤスくんの女性に対しての受け皿が広いという話になり、女性に対してだけではなく、前に、撮影中に、トンボが、丸ちゃんの顔の前をずっと遮っていたので、手で払いのけようとしたら、普段、怒ったりしないヤスくんが、「やめろー。」って怒って、「トンボも生きてるねんぞ。」って言われたという話をする丸ちゃん。

「隆平会」の話になり、この日も、かとうくんと、ちょろっと話をしたらしいんですけど、一緒にご飯を食べて、それぞれのペースで帰ってっていう感じなので、地元の友達みたいな感じの人が集まればいいなあという会だという説明をする丸ちゃん。
さ来週のレコメンでも、関ジャニ∞のメンバーの誰が来るか分からないけど、丸ちゃんとかとうくんの空気を見て、やっぱりやめときますわっていう可能性もあるし、ホンマに志願してるのか、ちょっと冷やかしなのかも分からないという丸ちゃん。
表立って、「隆平会」の雰囲気を見せるのは初めてなので、楽しんでくださいという丸ちゃん。

全国ゾーンでは、まもなく、ひなちゃんがブラジルに行くという話をするまるひな。
準備は、まだ特にしていないというひなちゃん。
1サポーターとしての見方を伝えられたらいいなという心構えでやっていきたいというひなちゃん。
「レコメン」を聴いている方は、ひなちゃんのブラジルでの1週間を、新鮮な気持ちで見ていただけたら嬉しいという丸ちゃん。

丸山サウンドその23
SLの汽笛の音

「えらい汽笛の音やったなあ…よう出来た方かな。」って言う丸ちゃんに、「今、俺が一番変な気持ちなってもた、諸々。」って言うひなちゃん。

ブラジルは、スキミングがすごいらしいので、クレジットカードは持っていかないようにしようと思っているという話をするひなちゃん。
サポーターで行かれる方も気をつけてほしいというまるひな。

たまたま時計を見たら自分の誕生日だったということが、めちゃめちゃ多いというひなちゃん。
タイミングだと思うけど、ナンバープレートもあるという丸ちゃんに、それはあんまりないというひなちゃん。
それで本人が嬉しかったら、奇跡でいいと思うという丸ちゃん。

おばあちゃんが病床で、お母さんが行っても起き上がれなかったんだけど、丸ちゃんは初孫だったので、丸ちゃんが行くと、何故か、車椅子に乗れるくらい元気になったり、記憶がどんどんなくなっていくんだけど、丸ちゃんの名前だけ言えて、お母さんにやきもちを焼かれたという話をする丸ちゃん。

結構、最近のことだけど、家のエレベーターの乗る前に、オートロックの扉があって、鍵をかざしたらドアが開いて、エレベーターに乗る時にも、鍵をかざしたらボタンを押せるというタイプで、ある時、荷物が多くて、鞄から鍵を出そうとしたら、かざしてもないのに、オートロックが開いて、誰もいないのに不思議だなと思って、エレベーターの所に行ったら、また、かざしてもないし、ボタンも押してないのに、ドアが開いたという話をするひなちゃん。
でも、全然怖くなくて、なんでかしらんけど、その時、生まれて初めて、エレベーターに向かって、「ありがとう。」って言ったんだそうで、荷物がいっぱいだったので、誰かが助けてくれたのかなと思ったんだとか。
で、玄関の前に立って、ガチャっと開くんじゃないかと思って、しばらく待ってみたんだけど、うんともすんとも言わなかったというひなちゃんに、「そらそうやろ。自動やないから。」って言う丸ちゃん、「そこは自分でがちゃんとした…なんか嬉しい瞬間でしたけどね。」って言うひなちゃん。

6月12日のことについて、「色々心配して下さる方いらっしゃると思いますけど、まあまあ、僕らしく、やっていければなと思ってます。」と言う丸ちゃん。
「僕は、もう、言われんでも、そのつもりで行ってきますから。」って言うひなちゃんに、「あ、そうですか。ご心配なく。」って言う丸ちゃん。
「ありがとうございます。大船に乗ったつもりで、行ってきますんで。」って言うひなちゃんに、「行ってきてくださいよ。飛行機で行くんやろ。」って言う丸ちゃん。
「当たり前やないか、そんなもん。終わってまうわ。」って言うひなちゃんに、「へへ。」って言う丸ちゃん。
「そんなもん、開幕戦。」って言うひなちゃんに、「ホンマやな…」って言う丸ちゃん。

「それでは、今夜は、この辺でお別れです。おやすみなさい。」って言うひなちゃん、「今日も、お疲れさま、おやすみなさい。」って言う丸ちゃんでした。

…なんだか、今回の丸ちゃん、ちょっとブラックな感じが出てたなあ…さすがって言われてムカつくとか、本当に「隆平会」に入りたいと思ってるのか疑ってる感じとか…まあ、丸ちゃんのそういう一面が、また面白いところなんですけど(^^)。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する