FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.05.16 (Fri)

レコメン 5・15

ここのところ、色々と、情報に疎くなっているのか、LIVEDVDのブルーレイ盤の方に、隠しコマンドがあるという事実を、あらしファンの友達との会話中に知ったという…(^^;)。

週末の、シングル連動企画のイベントについては、当然のごとく、何の連絡もなかったです…(+_+)。

「レコメン」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています。


【More・・・】

サッカーワールドカップの日本代表が決定したという話で、ひなちゃんとは前々から交流のある大久保選手が選ばれたということに、「良かった。」と言うひなちゃん。
丸ちゃんも一緒に食事をしたことがあるそうで、「なんか、思うものありますよ。」と言う丸ちゃん。

ひなちゃんは、12日の発表の会場に、取材も兼ねて行かせてもらっていたそうで、いつもは出る方だけど、取材側で記者会見を見るのは初めてで、不思議な感じがしたという話をするひなちゃん。
「聞いてる方って、こんな感じなんやっていう。」って言うひなちゃんに、「違う角度から、体験したんやな。どうなん? 緊張感とかあるの?」って言う丸ちゃん。
ひなちゃんは、そこで聞くようなこともないし、時間もないので、監督が言ってることを、ノートに殴り書きで書いていって、誰かが質問したら、その質問と答えを書いていって、っていうことをしていて、初めてしたから、要領が分からなかったんだけど、なんとかなったんだとか。
記者にも色々な人がいて、すごい圧をかけてくる人とかもいて、空気も変わったりとかして、プロのやり取りが、すごい伝わったというひなちゃん。
行かせてもらって良かったというひなちゃんに、「めっちゃ貴重な体験してるやん。」って言う丸ちゃん。

伝えるって難しいなあと思ったというひなちゃんに、「でも、めっちゃ楽しそうやで、顔は。キラキラしてるもん。」って言う丸ちゃん。
「いや、楽しい。楽しいけど、取材される側でしょ、我々、いつも、基本的には、される側に人間が、改めてするという…事が事だけにさあ、なんか、引きつりましたもん、僕、気持ち。」って言うひなちゃん。
「ここで、俺はブラジル行くんやって言ってた自分が…今、ごっつい恥ずかしい(笑)。」って言うひなちゃんに、「若干、顔、赤なってます。珍しいですよ。」って言う丸ちゃん。
「いや、俺は、なんちゅうことを。」って言うひなちゃんに、「今、めっちゃ顔赤いで。」って言う丸ちゃん。
「うん。ぐらい、思ったわ。」って言うひなちゃんに、「日に焼けたくらい、赤なってるで。」って言う丸ちゃん。
「本物の場所を体験させてもらったから。今までは、ホンマにね、そういう機会に巡り合うと思ってなかったから。話半分みたいな感じもありましたし、半分本気で、ブラジル行ったるねんっていうのが相まって、言ってましたけど、あの空気感じたら、俺、来年から、よう言わんわ(笑)。」って言うひなちゃんに、「俺、いつまで言うんかなとは思ってたけど、そうかそうか。だから、そういう意味ではさ、半分ね、そういう、本気っていうのんが、あの、ホントになったわけやから、ホントの意味でのブラジルに、足を踏み入れることになったっちゅうのは、やっぱ、言霊っていうのは、一概に、馬鹿に出来ないなっていうのんは感じますよ。それは、だって、リスナーの方もそうですけど、ここにいるスタッフさんとかも感じたと思いますよ。あ、ホンマに、行くんや、ブラジルっていうのは。だって、ブラジル行くって、旅行で行くわけちゃうからね…これは、かなり、なんか、僕らからしても、嬉しいことなんですよ、やっぱり…」って言う丸ちゃん。

「村上くん一人が感じる、やったるでとか、嬉しいなとかいう、それ以上に、周りが、喜んでる感じがする。だって、メンバーとか、みんな言ってきたでしょう、良かったね、とか。」って言う丸ちゃんに、「お前が一番言うてくれたよ。マルが一番言うてくれた。」って言うひなちゃん。
「じかに、ここで、あの、浴びてるからね、夢物語を。(笑)」って言う丸ちゃんに、「毎週のように聞かされたしなあ。」って言うひなちゃん。
「毎週のように聞いて、どこまで乗っかっていいものやら。これは、大丈夫かな、リスナー楽しんでるのかなとか思いながら。」って言う丸ちゃんに、「言霊というかね、言うてれば、そうなるんだっていうことも、実感はできましたけど。まあ、これからですからね。」って言うひなちゃん。
「決まってからが本番ですからね…」って言う丸ちゃんに、「まさに、そんな空気よ。」って言うひなちゃん。
ちょっと違うひなちゃんの一面が見れると思うので、サッカーを楽しむのと同時に、ひなちゃんも付け合わせで楽しんでいただきたいという話をする丸ちゃん。

身体測定の話から、「ギョウチュウ検査なあ、あんまり好きじゃなかってんなあ。めんどくさいねん、朝一でさあ…」と話し始める丸ちゃん。
なんか、お尻に対して、悪いことをしてるような気がしたんだそうで、延々と語る丸ちゃんに、「そんなギョウチュウ検査に思い入れある?」って言うひなちゃん。
「思ってた。今まで、言ってはなかったし、言う場もなかったしさ。みんな、どう思ってんねやろなって思いながら、提出する時に、お前もか、みたいな目では見てたんやけどさ。」って言う丸ちゃんに、「気持ち入り過ぎやで、ギョウチュウ検査に。そんなに、何も思ってないよ。」って言うひなちゃん。
インフルエンザの検査で鼻に入れられるのも嫌だし、座薬を入れた時にも、トイレに行って出してしまったらもったいないし、熱がまた上がってくるかもと思って、一日、我慢したら、お腹が痛くなって、というエピソードを話す丸ちゃんに、「肛門の思い出、多過ぎるで。そんなないよ、常人は。」って言うひなちゃん。
「みんな、言ってないだけで、男は特にそう。」って言う丸ちゃんに、「いやいや、だいたい、慣れてないよ。」って言うひなちゃん。

丸山サウンドその⑱
蛇口が若干閉まった水道から落ちるしずくの音

「なんか、上手なってない? なんか、さあ。」って言うひなちゃんに、「いや、リスナーの方も、結構、良い感じの、放り込んでくれるから。今回は、一発OKですよね。」って言う丸ちゃん。

全国ゾーンでは、改めて、サッカーワールドカップの日本代表が決まったという話から、大久保選手とのことや、ひなちゃんが記者会見に参加して感じたことなどを話すまるひな。
ブラジルでは、サッカーを観るということに、集中する感じで、時間軸も分からないので、ご飯を食べる時間があるかどうかも分からないということで、いかに、現地の空気を伝えるかというのを念頭に置いて頑張りたいというひなちゃんに、泣かないでねと言う丸ちゃん。
絶対、泣くとも、泣かないとも言わないで、きっちり、見たものを伝えたいというひなちゃん。
ひなちゃんというフィルターを通して、サッカーファンも増えるかもしれないという丸ちゃんに、誰のフィルターでも構わないけど、サッカーというものをちょっとでも知っていただいて、楽しいなというものを感じていただければ、これ幸いと言うひなちゃん。

六本木のホテル住まいだった頃は、ホテルのテレビでは試合が映らなかったので、その試合が見れるようなお店に、1人で行って、周りの人と盛り上がっていたという話をするひなちゃん。

丸山サウンドその⑲
歯医者さんで、口の中の水を吸引してもらっている時、頬に、機械が付いてしまった音

EDIT  |  12:17  |  レコメン  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |