FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.04.18 (Fri)

レコメン 4・17

関ジャニ∞、「ABC高校野球の応援ソング」を担当することになったんですね(^^)。
今年の夏は、本当に大忙しになりそうですけど、色々、初の試みもあるみたいなので、頑張ってほしいです。(*^^)v

文化放送では30分遅れだった「レコメン」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


【More・・・】

あと2ヶ月で半年が過ぎるということで、「当たり前のことやけど、早い気もするなあ。」と言う丸ちゃん。
ゴールデンウィークが近づいてきているということで、旅行に行くにも、もう埋まっているんじゃないかという話から、「そんな先のスケジュール、組んだことある?」って言う丸ちゃんに、「ないよ。」って言うひなちゃん。
「ここ何年もないよね。」って言う丸ちゃんに、「ないない…行き当たりばったりやもん。」って言うひなちゃん。

4日くらい休みがあったらどうするかと聞かれて、フットサルか沖縄に行くくらいだというひなちゃん。
丸ちゃんは、最近、ゴールデンウィークみたいな感じ(休みが多いってことかな)なんだそうで、マッサージ行ったりしていて、張り切って、朝からタイ古式マッサージを3時間受けたら、逆に動けなくなって、家で、ずっとソファの上でテレビ観てて、起きたら首を寝違えてたんだとか。

ゴールデンウィークは、子供がいたら大変だと思うけど、独身者は、独身同士で集まって、お酒を飲んだり、温泉でも行って、1泊して、呑んだくれて、次の日に、ゆっくり帰りたいという丸ちゃん。
だらっと、時間を考えずに過ごしたいというひなちゃん。
「旅行、行ってへんなあ、最近、どっか、行こうかな。」って言う丸ちゃんに、「今、時間があるんやったら、行ったらええやん。」って言うひなちゃん、「最近、海外って行ってへんからさあ。アジア圏、やったら、すぐ帰って来れるから。」って言う丸ちゃん。

スペシャルウィークのお知らせ
来週の木曜日は、「丸山ピンクノートスピンオフ企画」ピンクなお悩み相談をやるそうです。
さらに、丸山サウンドが、全て、メンズサウンドになるそうで、メンズサウンドは、丸ちゃんが身体を使って、ちょっとピンクなサウンドになるんだとか。
「そして、ここでですね、重大発表です。なんと、その日にですね、そんな危険日にですね、彼が来てくれます。安田章大くん。」って言う丸ちゃんに、「暇か、あいつ。」って言うひなちゃん。
「たぶんね、メンズサウンドに呼ばれてきたのかなあ。」って言う丸ちゃんに、「いやいや、もう、ヤス、休ませとったりいやあ。」って言うひなちゃん。
「ヤスは、休みません。」って言う丸ちゃんに、「そんなさあ、大事な時、忙しいんちゃう? 今、ヤスも。」って言うひなちゃん。
「やと思いますよ。だからこそ、忙しい時に動くのが、男ですよ、ね。疲れた時にこそ…そういうことですよ、どんどんね、疲れて疲れて、いっぱい、ストレス溜めて、仕事もいっぱいして、稼いで稼いで、パーンと、旅行行ったらいいんですよ。でしょ。」って言う丸ちゃんに、「いや、そんな大したこと言うてへんで、今。ごくごく、普通のこと言うてたよ。」って言うひなちゃん。
「言うた? 今、普通のこと言うた?」って言う丸ちゃんに、「熱意はあったけどね。」って言うひなちゃん。
「是非ともね、メンズサウンドで、男性ホルモン出してほしいですね。」って言う丸ちゃんに、「安田くん、大丈夫かなあ。」って言うひなちゃん。
「分からへん。でも、たぶん、山田でようやってきてるから、たぶん、ある程度、付き合ってくれると思うよ(笑)。優しさの固まりやから。ハハハ(笑)。逆に、犠牲者になるかもしれへん。」って言う丸ちゃんに、「そうやで、そこ、怖いわあ。」って言うひなちゃん。
ヤスくんにやってほしいことは、早めにオファーしたいと思っているという丸ちゃん。

丸山サウンドその⑫
お湯が沸騰する時の音

「昭和のヤカンやな、ええねえ。」って言うひなちゃんに、「そうそうそうそう。そっちの方がパッと出てきたから。」って言う丸ちゃん、「いい、いい。今の良かった。」って言うひなちゃん。
昔は、音に季節感があったけど、今は、電子音が多いという話をするまるひな。

全国ゾーンでは、今月、折り返して、新しい環境に慣れてきた頃かなという話から、そういうことがなくなってきて、ガラッと何かが変わるということは滅多にないというまるひな。
以前に仕事をしたスタッフさんに久しぶりに会った時には、続けてきて良かったと思うという話をするまるひな。
思い出話ができるのは嬉しいけど、忘れられている時は辛いという話をするひなちゃん。

ジュニア時代に、一時期、どうしたら、人に不快に思われずに生きていけるかと悩んでいた丸ちゃんに、万人に好かれてる人間なんかいなくて、どんなに出来た人間でもマイナスな部分はあるし、それが人間なんだから、それで、自分をダメにするくらいやったら、自分のままで、それが好きな人、応援してくれる人の為に頑張ったらええねんという話を、大阪の家に泊めてもらった時とかに、ひなちゃんに言われて、そこから、100%好かれる人なんていないもんなと思ったので、それは唯一覚えてるという丸ちゃん。
嫌われてナンボなところもあるというひなちゃんに、「嫌いやけど、なんか、見てまうなあってあるもんね。」って言う丸ちゃん。
あの時よりも、応援してくれる人は、少なからず増えていると思うので、応援してくれる人の為に頑張るというのは、今でも思っているというひなちゃん。

丸山サウンドその⑬
狐の鳴く音

「これは、パクリやんか。」って笑うひなちゃんに、「これは、インスパイアー、ですよ。」って言う丸ちゃん、「ああ、インスパイアされての。そうか、そうか…」って言うひなちゃん。
…曲名は忘れちゃったんですけど、以前にもレコメンで話題になった、丸ちゃんがハマったという曲ですよね…去年のリハーサルのストレッチでも、この曲をかけてやってたんだけど、喜んでるのは、まるひなだけで、他のメンバーには届かなかったんだとか。

小学校の頃、親に夢を聞かれて、「ない。」と答えたという丸ちゃん。
で、親が丸ちゃんに、何かに挑戦させてみようということで、事務所に応募して、拾ってもらって、続けていくうちに、やりがいを見つけたから、この仕事が自分のやりたいことになったという話をする丸ちゃん。
そもそも、自分がやりたい事が生まれたのではなくて、事務所に入るというきっかけがあったからという丸ちゃんに、ジャニーズが一番やりたかったからってなったら違うというひなちゃん。
同級生にはNSCに誘われていて、「高校を出たらな。」っていう約束をしていたんだけど、ひょんなことから、ジャニーズに入って、部活の延長みたいな感じで始まって、途中からやりがいを見つけたという話をするひなちゃん。
テレビの仕事をしたいなという漠然とした気持ちはあったけど、絶対、この事務所で、こういうふうになるんだとは思っていなかったというひなちゃん。
「まあ、でも、ラッキーよね。」って言うひなちゃんに、「ラッキー、ラッキー。それは、そうやと思うわ。」って言う丸ちゃん。
「だから、やりたい事を見つかるって、漠然とでいいんじゃないかと思うけどな、最初は。」って言うひなちゃんに、「興味があるものとかあればね、それを目指すとかでもいいと思うし。」って言う丸ちゃん。

エンディングでは、テンションが落ちた(息切れした?)らしく、来週、「体力持つかな。」と心配して、3時間乗りきれるように、精をつけてきますという丸ちゃんでした。
…丸ちゃん、ピンクノートのコーナー、今週も、かなり飛ばしてたからね…(^^;)。

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  12:28  |  レコメン  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |