2014-04-14 14:21 | カテゴリ:ラジオすっきやねん
「ラジオすっきやねん」のまとめ書きは続きから。


問題「お医者さんが着ている手術着は、緑が多いですが、その理由はなんでしょうか。」

「えー、手術着、緑、着てましたっけ。あ、緑、着てた。うわあ、俺、それ、何も、気にならんかったなあ。そっか、DR.DMATでも、毎回、手術シーンはね、着てましたもんね。なんでしょう、その、レスキューの方のは、聞いたんですよ。レスキューの方って、普段、オレンジ色の服、着てらっしゃるんですけど、たまに水色のを羽織ってる時に、なんで、水色のジャンパーを羽織ってるんですかって聞いた時に、例えば、流血してる方がいたりとかする現場では、水色を着ると。でも、何か、分かりやすい為じゃないですかね。すごく清潔にしなきゃいけない現場だったんですよね、オペのシーンって。だから、ドラマの現場でも、そうなるように、医療監修の方からも、すごい、気をつけろって言われてたんですけど、手術の手袋で、どっか、変なところ触らないように、みたいな。だから、何かが付いた時に分かりやすいような感じかな。」

番組のコンセプトは、たっちょんが、会いたい人に会う、裏方さんとか、他の番組では呼ばない人をゲストに迎えるというのを、当初、言っていたんだけど、1年間でゲストに呼んだのは、ヤスくんとたかきくんの、身内のみという結果で、勇気が出なくて、誰もゲストに呼べなかったので、今年こそ、頑張って呼びたいとはいうものの、ここの場所はすごくリラックスできて、好きなことを話せるので、もちろん、勉強したい部分もあるし、気になることを聞きたいという気持ちもあるんだけど、ドキドキしたくないというたっちょん。
せっかく落ち着ける場所だし、元々、人見知りな部分があったりするので、初めての現場とか行く時とか、ラジオでもスタッフさんと仲良くやっていけるのかなとか、どんな話したらいいのかなとか、すごい色々考えてしまうんだけど、せっかくリニューアルしたので、初心に戻って頑張ってやっていきたいというたっちょん。

ネギの美味しさが分からないというおたより
「…ネギっていうのは、知らぬ間に、食べ物の魅力を引きたててくれてるわけですよね。だから、僕は、ネギを意識したことがない。味噌汁の中に、入ってくれてる薬味の一つで、すごく重要な食材っていうのは、分かってるんですけれども、ネギって意識するからだけなんじゃないですか。さすがにね、焼き肉屋で長ネギを焼いて食べるっていう時は、すごいネギを意識しますけどね。だから、ネギの魅力って、そうじゃないと思うんですよ。気付かぬうちに、主役を引きたててるみたいなね、その脇役的な精神ですか、そういうのを汲み取ってあげてほしいんですよ。だから、ネギのことを意識しないでください。彼は彼なりに頑張ってることがあるんですよ。だから、ネギを感じないことかな、やっぱり。」

彼とディズニシーに行ったんだけど、待ち時間になると、ずっと文句を言われたというおたより
「なんなんですかね。その魅力を分かってないというか。待つっていうことの素晴らしさを分かってないというか。やっぱり、そこになると思うんですよ。待つのは、誰だって嫌なんですよね。例えば、連続ドラマがある。この1週間、待って、ね、楽しみにして、楽しみにして、って待って、やっと、放送する時に、なんか、その1週間の楽しみ分の、頑張れた分の気持ちがあるから、余計に集中できたりするわけじゃないですか。ラーメンだってそうですよ。僕、よくラーメン屋に並んだりするんですけどね、パッと入れて、食べられた時よりも、並んで、お腹空いて…色んな思いを込めながら、待ってる、嫌な感情を出しちゃう時もありますよ、それは、自分の中で、それはね、しょうがないですよ、人間なんだから。でも、その時間があるからこそ、美味しく頂けるわけなんですよ。で、遊園地も、待ってる時にね、あ、これって、すごくアトラクションを楽しみにする一つになってるんだなと、気づいたんですよ…僕はそう思いましたよ、そうです、待ち時間も味わいでよ、そりゃあ。でも、せっかちなんですよね、若い時は、もう、時間がもったいない、こんなんやったらゲームしとけば良かったとかね。この彼女との時間がね、永遠に続くとも思ってるわけじゃないですか。いつでも来れるからって。でも、そうじゃないんだよって、思うのは、やっぱり、おっちゃんになってからじゃないですか。だから、喧嘩することもいいんじゃないですかね。」

7年間遠距離恋愛をしている彼がいるんだけど、地元を離れられないし、周りからは結婚しないのとか言われて、どうしたらいいか迷っているというおたより
「むっちゃ難しいやん、これ、どうしたらいいの? こんな難しいメールばっかりやん…俺の意見で、この人の人生、変わっちゃったらどうしようって思うんですよ。だから、もう、ありきたりなこと言っちゃうかもしれないけど、タイミングなんじゃないんですかね。だから、今、そうやって思ってるってことは、無理して結婚する時期じゃないんじゃないのかなって思うんですよね。ホントに、面白いもので、上手くいかなかったこととか、すごく悩んでたことっていうのが、え、こんな所で解決したりするんだっていうタイミングって、なんか、人生の中で、パッて現れたりするんですよね…周りが言ってることは、正直、関係ないですよ…色んな事を考えてみて、それで、なんか、一つ、上手く行くこともあるかもしれないしね…」

ここで、1曲
「この曲は、もう、始業式なんですよね、だいたいの学校がね、始業式で、学校が始まるという時に、この曲は、お父さんが自分の中のヒーローだっていう曲なんですよね。で、新学期が始まる時に、何か、自分のこととか、なんでしょう、クラスのこと、先生のことって思うことも大事ですけども、こんだけ、育ててくれたんだっていう、親に感謝できる時期なんじゃないのかなと思い、この曲を選んでみました。」
ファンキー・モンキー・ベイビーズ「ヒーロー」

大倉忠義エイトチャレンジャーのコーナー
「鉄琴を演奏する」

鉄琴を演奏したことがないというたっちょん。

鉄琴を鳴らしてみて、「大丈夫? すごい耳触りじゃないかな、大丈夫かな。」って言うたっちょん。

課題曲は「残酷な天使のテーゼ」に挑戦するたっちょん。

「ブッブー」というブザーで、「なんで? 怪しくない、音階は全部合ってるよ、すごいゆっくりやったけど。なんの曲かは、多分、全然、分からんかったやろけど。もう、難しいー、これで、ブッブーってなったら、もう、鉄琴、全然、おもろないってなるで。鉄琴、全然、おもろない。ハハハハハハ(笑)。なんてシュールなの、この番組、素晴らしいわ。フフフ(笑)。素晴らしいわ。いやあ、チャレンジ失敗か…ちゃんと考えてくださいね、ホントに。うわあ、無理やったか。ということで、鉄琴、失敗でした…」

関ジャニ∞「キングオブ男」

オープニングクイズの答え
「血をずっと見ていると、赤色の残像で、白い骨が緑色に見えることがあるそう。つまり、手術のミスを防止するため。」

「へえ、そんなことあるんや。面白い。でも、確かに、ずっとおんなじ色見てるっていうことって、ないですもんね、普段ね。」

「さあ、今日も、お別れの時間でございます。へええー。なんだろ、鉄琴疲れ。鉄琴は、趣味にならなそうですね。あのね、違う違う、スティック持つということに関しては、すごい良いんですよ、この、2つを持つっていうのは、ドラムっぽいし。結局、なんか、俺、もう、ドラムが好きなんだな、趣味というか…だから、音楽、楽器という面から、ちょっと離れた方がいいんじゃないですか、チャレンジ。うん、色々あるじゃないですか、わんこそばとかもあるし、ね。また食べ物ですね。趣味、わんこそば、いいじゃないですか。(笑)ストレス発散に、わんこそばって、なんか、かっこいいじゃないですか…」


【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する