2014-04-04 13:56 | カテゴリ:レコメン
「レコメン」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


4月一発目の放送で、桜もだいぶ咲いて、雨が降って、週末はもう危ないんじゃないかという話から、東京タワーの下に、333の鯉のぼりを飾っていて、晴れるときれいに泳ぐのが見れるんじゃないかという話をする丸ちゃん。
桜を見たかどうか聞かれて、大阪にお仕事に行った時に、ホテルから見えたので、ちょっと散歩したという丸ちゃん、夜桜だったけど、良い感じだったんだそうです。

で、ひなちゃんは、「イフオア」でも話していた、目黒川に、友達と一緒に夜桜を観に行って、「ケバブ」を売っている外国人のおっさんが、思い切り警官に怒られていたんだけど、日本語が分からない振りで、きょとんとしていたという話をして、「人、多かったわあ。」と言うひなちゃんに、「すごいやろね、目黒川は、毎年きれいやもん、あそこ。」って言う丸ちゃん。

そのひなちゃんの友達の「おっさん」が中目黒のパチンコ屋で待ってるから待ち合わせしたっていう話に、「ホンマに絵に描いたようなおっさんやな。」って言う丸ちゃん。
ジャケットを買おうと思ったんだけど高かったのでパチンコで勝って買おうと思ったら、ジャケット代よりも高い値段分負けたっていう友達の話をするひなちゃんに、「そういう浅ましい気持ちでやるからね、余計と力が入って、運気を逃すんですよ。」って言う丸ちゃん。
「でも、ビール奢ってくれたんや。」って言うひなちゃんに、「えー、5万負けて。奢ってあげえさあ。」って言うひなちゃん。
「いや、出す出す言うから。」って言うひなちゃんに、「まあ、年上やからっていうのもあったのかなあ。」って言う丸ちゃん。
「いいよいいよ、言うて。」って言うひなちゃんに、「いやいや、5万負けてる人に。それは、奢ってもらう気持ちを…」って言う丸ちゃん。
「いや、晩御飯行った時は奢ったよ。」って言うひなちゃんに、「ああ、なるほどね。はいはい。ハハハ(笑)、すげえなあ、そのおっさん。おもろいおっさんや、ハッピーなおっさんやんか。」って言う丸ちゃん。
最初からお金を出したわけではなくて、もう1千円、もう1千円、って出して、気付くと、5万円なくなっていたっていう「おっさん」の話をして、「典型的な、アカンおっさんやろ。」って言うひなちゃんに、「そうやねえ。」って言う丸ちゃん。

で、桜を見ながら、「おっさん」が「夜桜お七」ってぼやいていて、ただ、それが言いたいんだけという話をするひなちゃんに、爆笑して、「めっちゃおもろいおっさん。いいおっさんやな。」って言う丸ちゃん。
「めっちゃええ人やねん。めちゃめちゃええ人。」って言うひなちゃんに、「いや、なんか、人柄伝わってくるわ。」って言う丸ちゃん。
「大好きやねん…」って言うひなちゃんに、「癒しだね、一つのね。」って言う丸ちゃん。
「周り、カップルだらけやったけどな。」って言うひなちゃんに、「まあまあ、それは、それはもう…」と言う丸ちゃん。

ひなちゃんが、MCが上手いジャニーズランキング3位になったという話に、「何でも、ランキングに入れていただけるというのは、そら、有り難いですけど。」と言うひなちゃん、「何調べ、何基準なのかっていうのは分からんから、パッと。」って言う丸ちゃん。
「そんなん、だって、今、初めて…誰からも、そんなん言われてない。」って言うひなちゃんに、「しかも、割と、ブースの外も、そんなに盛り上がってないね。」って言う丸ちゃん。
たいちくんを抜いて3位って書いてあるそうで、「そんな、出来過ぎな結果ですよ、どなたが投票して下さってね、どこで選ばれたのか、何も分かりませんけど。」って言うひなちゃん。
「ああ、そうなんや、いや、まあ、もう、投票して下さった皆さん、ありがとうございます。」と言うひなちゃんに、「ね、すげえ。ランキング入ってくると、いよいよ的な感じはしますよ。盛り上がりますよね。」って言う丸ちゃん。
名前が挙がるだけでもありがたいことだというひなちゃん。

レコメン1年を振り返ってみて、印象に残っていることを聞かれて、「うーん、慣れるかどうかでいうと、慣れてはないですよ。流れとかね、そういう時間の、流れ方っていうのは分かりましたけど。慣れというのは、あまり感じてはないですね。緊張感は、やっぱりありますね。印象深いのは、いや、ここまで、その、電波使って、ちょっとしたエッチイなニュアンスのものを言えちゃうんだ練っていうのんが、あった回あったじゃないですか。すごかった時、あれが、僕の中で変わりましたね、レコメンやってて、やる側として、ちょっと。なんか、いいんだねって。受け入れてくれるのねって…ありがとうって気持ちになれた。」って言う丸ちゃん。
「ちょっと、こう、棘が抜けたというか。構えてたものが、少し楽になった…」って言うひなちゃんに、「うん。皆さんのおかげで。うん。そういう意味では、今回のこの企画、だったりっていうのは、ちょっとこう、自由に、もしこれが初期に来てたら…たぶん、そこまで出来なかったことを、今日は、やったろうと思うんで。」って言う丸ちゃん。

上京する前夜にどういう気持ちだったかと聞かれて、「全然、覚えてないわ。」って言うひなちゃん。
「でもさあ、行き来の時に思ったこととかなかった、例えば、初めて新幹線の時とかはさあ…」って言う丸ちゃんに、「あのお、新幹線に乗ること、二度とないやろなって思った。」って言うひなちゃん。
「うんうん、俺も、それ、思った。これが最後の新幹線かなあって。」って言う丸ちゃんに、「来ることないんやろうなあというのは、あったなあ。」って言うひなちゃん。
夜行バスで来てた時は、やたら朝早く着くんだけど、時間の使い方が分からないし、場所も分からないから、フラフラしてたというのは覚えてる、という丸ちゃん。
二度と乗ることはないだろうなと思っていた新幹線のチケットを取っておこうと思っていたのに、すぐになくしたというひなちゃん。
八重洲口をよく使っていたので、当時の売店とかもよく覚えてるけど、お金がなかったので、何も買えなかったという話をするひなちゃん。
行き帰りの時に、社長がくれる「ほたて」が、「なんか分からんけど、めっちゃ美味いやん、このほたて。」っていうくらい美味しかったという話をするまるひな。

MCが上手いジャニーズランキングの話に戻って、1位がなかいくんで、2位がさくらいくんで、3位がひなちゃんらしく、gooランキングで、全体の投票数が23397票だったというのを興奮気味に話す丸ちゃん。
「いやいや、そんな、いや、まあ、なんか、不思議な感じですよ。先輩方の、中に、こうやって、自分の名前が入るというのは。」って言うひなちゃんに、「なんか、実感沸かないでしょ、こういうの。」って言う丸ちゃん。
「全然、わけへん。全然、わけへんし、そんなん、思ったこともないしやね。まあ、でも、今ね、そういうふうに見て下さってる方もいるんだというのは、有り難いですね。」って言うひなちゃん。

丸山レコメン1周年記念企画「感謝をこめて、私、丸山が、あなたの妄想デートを叶えます。」

リスナーさんが電話に出て、晴れてる公園で、お弁当のおにぎりを2人で食べるという設定で始まって、野球少年(ひなちゃん)がやってきて、丸ちゃんにボールを拾ってもらうものの、ちゃんとボールが返せなかったり、ひなちゃんが、色々邪魔をするものの、丸ちゃんがリスナーさんのキスまで持っていくという展開。
リスナーさんによれば、100点満点中100点だったそうです。

高校生の設定で、幼馴染のリスナーさんと丸ちゃんが夏祭りに出かけて、そこへ同級生のひなちゃんがやってきて絡まれるところを、丸ちゃんが公開告白して、ひなちゃんが、色々邪魔をするものの、キスまで持っていくという展開。
100点満点です。

リスナーさんと丸ちゃんがイチゴ狩りに行く設定で、ひなちゃんは、いちご園のおじさん、リスナーさんと丸ちゃんは結婚するという流れでキスをするという展開。
150点くらいだそうです。

丸山サウンドその⑧
手動鉛筆削り機の音
「よっしゃ、ではないと思う…」と言うひなちゃんに、「まあ、なんか、豚鼻が目立ったね。若干。」と言う丸ちゃん。

全国ゾーンでは、ちょっとテンションが高い丸ちゃんに、「春になったら、変わった人がね、ちょっと出てきますからね。ま、こういう人なんですけどね。」って言うひなちゃん、「私、どうも、変な奴です。こらこら。」って言う丸ちゃん。
ひなちゃんのトークに掛け合いをしたつもりだったらしい丸ちゃん。

丸山サウンドその⑨

バスがバス停で停まる音
「これ、良かったんちゃいます?」って言うひなちゃんに、「ありがとうございます。」って言う丸ちゃん。

丸山レコメン1周年記念企画「感謝をこめて、私、丸山が、あなたの妄想デートを叶えます。」

リスナーの憧れの先輩が丸ちゃんでいう設定で、コンビニでばったり出会って、丸ちゃんに、以前した告白の返事を答えてもらおうとするところへ、コンビニの店員役のひなちゃんが、色々ちょっかいをかけてきてからの、リスナーさんと丸ちゃんが手を繋いで一緒に帰るという展開。
100点です。

おうちで、丸ちゃんが、彼女役のリスナーさんに勉強を教えるという設定に、「わし、出番、あらへんやん。」って言うひなちゃん。
「じゃあ、丸山くんのオカン役で。」って言うリスナーさんに、「じゃあ、って。」と不服ながらも「仕事やから。」と承諾するものの、絡みはせず、ちょっと開けて見てたっていうシチュエーションだったと、終わった後で話すひなちゃんに、「ああ。ごめん。拾えへんかった。」って言う丸ちゃん。
100点です。

エンディング、来週、舞台が終わってから、一通りの感想を話したいというひなちゃん。
「じゃあ、まあ、残り3日、頑張ってください。」と言う丸ちゃんに、「ありがとうございます。それではまた来週です、さよなら。」と言うひなちゃん、「さよなら、おやすみ。」と言う丸ちゃんでした。

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する