2014-03-23 13:43 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。




収録日は17日だったらしく、無事に「エイトレンジャー」のクランクアップがあったという話をするすばるくん。
1ヶ月間の撮影で、あっちゃんとは、結局、一言もしゃべらなかったというすばるくん。
「あはようございます。」の挨拶ですら、5回ないくらいだったんだとかで、意識してしゃべらないでいようとしたわけでもないんだけど、基本的に、すばるくんが人見知りというのもあって、近場には座ってはいたんだけど、一言もしゃべらなかったので、すばるくんの中では、架空の人物なんだとか(笑)。
でも、これから、公開が近づいてきたら、プロモーション的なこともあって、お会いする機会もあると思うので、一回くらいは会話してみたいものだと思ってはいるというすばるくん。

以前に話していたマネージャーのスナック菓子の話で、そのしゃべった時のマネージャーは違う人で、今回のマネージャーがその本人だったらしく、後日談というか、さっきの話で、車が新しくなるので、荷物を移さなくてはいけなくなり、その時に、あれがないということに気づいたんだそうで、おかしいなと思っていたんだそうで、この日、すばるくんが車に乗ったら、おんなじポジションの所に、おんなじ種類のお菓子が置いてあって、ふたの所に、「これは食べてもいいお菓子ですよ。」って書いてあったという話をするすばるくん。
で、その気持ちは、ものすごい嬉しいけど、そんなんちゃうねんと思ったというすばるくん。
そのマネージャーさんは、携帯の急上昇ワードで、スバラジが出ていて、見てみたら、自分のことだったと気づいたらしく、すばるくんが「それは、ごめんな。」って謝ったそうで、詳しく聞くと、ニュースの担当をしているマネージャーの奥さんが出産されて、そのお祝いで、同僚で1000円ずつ集めて渡したら、そのお返しで、そのお子さんの写真が付いたお菓子だったんだそうです。

で、これは食べてもいいですよって書いてあるのは、どこにでも売ってるやつなので、「逆に食べないですよね、あれは。逆に、それ言われると、食べれないですよね。」って言うすばるくん(笑)。

1曲目は、「サンデイブルース」

秘書の仕事を詳しく説明するおたよりを読んで、「これを読んで思ったのは、秘書というものに、なんか、僕、この前までは、秘書というものに、響きとかで興奮してたけど、これを読むと、多分、秘書というものを、そっちの方向のネタに使ったAV業界に、僕は、すごく興味が。なんなら、むしろ、今、感謝をしたいですね。だって、すごく、良い仕事ですもんね、こう聞くと…だから、究極のサポートするという仕事やのに、それをちょっと性の方に向けていった、この、AV業界、これは素晴らしいですね。やっぱり、そこにエロスを、やっぱり、秘密がある所に、この、エロスを感じた人がいるから、これでいけるんじゃないかなという、はああ、すごいわ。」って言うすばるくん。

「エイトレンジャー」クランクアップのおたよりもたくさん頂いたらしくお礼を言うすばるくん。

2曲目は、上田正樹「悲しい色やね」

あるあるのコーナー

家電量販店あるある
「時間つぶしに商品を見ていると、店員さんにめちゃくちゃ声をかけられるのに、商品を買おうと思って行くと、周りに誰もいない。」

「ああー、なるほどなあ。あれ、なんなんですかねえ。まあ、でも、単純に、これ、でも、なんか、買おうと思って行くと、目的が定まってるから、単純に滞在時間が短いということでもあるんですかね…いや、面白いなあ、これ、なるほどねえ。」

修学旅行あるある
「木刀を買って、没収される男子生徒」

「あはは、まだある? 木刀。今の時代、まだ買いますか、男子、木刀。お土産屋さんとかで、木刀を売るっていうのは、どういう文化なんですか、あれ。武士道。あれ、だから、外国の方が喜ぶ感じは分かりますよ。あの、なんか、なんですか、根性とか書いた石みたいな。俺、小学生の修学旅行の時、あれを、広島とかやったんかな。鍾乳洞っていうんですか、ああいうの、みたいなのがあるようなとこ行って、出たとこのお土産屋さんで買いましたもんね、根性とか、そこの石みたいなんで掘ったやつ、あれ、なんなんやろ、なんで、木刀なんやろ。今となっちゃあ、ちょっと凶器を売ってる感じで。もう、ちょっと危ないとされそうですもんね。あれ、なんなんやろな、今になって考えると、不思議ですよね。何故、木刀なんやろっていうのが。」

大阪の梅田あるある
「もう、ここがどこか分からない」

「あはははは。なんやろ、これ、この感じ。僕らがいた時ですら、もう、だから、あれはなんですか。観覧車ができだしたりとか…その前でいったら、もっとなんか良い街でしたもんね、あの辺…だから、もう、こじゃれるなと。あれ、なんなんですか。独特の文化ですもんね、大阪て、やっぱり。ちょっと、中国とかぶるんですよね、何でもあり感が。もう、なんか、やったもん勝ちみたいな。良くも悪くも、なんですけど。ありますよね、ちょっと…ああいうのは、大阪じゃない、と生まれないもんじゃないですか、なんかちょっと独特ですよね。だから、こいつが言うてるの分かりますわ。どこやねんと。なんなのっていう感じは分かりますよね…ごちゃまぜ感というか、なんか。」

二つのボールを持つ時あるある
「胸の前でボールを持って、胸を大きく見せる」

「何いうてるねん、もう。何を言うてるの、もう。ドッジボール、バレーボールサイズに限るやろ、これ、もう…アホやなあ、ちょっと大きなった気分になるのかな、こう二つ、胸の所で持ってたら、巨乳気分が味わえるという、アホですねえ。」

洋画のワンシーンあるある
「ファスナー上げるの手伝ってと言って、髪の毛をかき上げながら大胆な背中を男性に向ける」

「ある? それ。なんか、分からんでもないけど、ある? それ。偏ってるのが、あるあるでも何でもないよ、これ。分からんことはないけど…洋画のワンシーンや言われたら、ちょっとあれやけど。これで言うたら、俺が思う、洋画のワンシーンあるあるは、その、女の人がシャワー浴びてる時に、その、ずっと犬の名前呼んでるっていう。犬がバッと吠えてて、ジョディー、みたいな、ずっと言うてるっていう、のは、それはそれで分からんでもないでしょ。で、だいたい、それで、悪い奴がばしゃって来て…襲われる、みたいな(笑)。」

3曲目は、イーグルス「デスペラード」

ラストの言葉は、「お花咲いてますかー」
…普通にしているつもりなのに、クラスの男子に、「お前の脳みそ、お花咲いてるなあ。」と言われる、という「ふつおた」のおたよりの下に、お花の絵が描かれていて、「こういうところが、そう言われる原因だと、すばるくんが話していた「ふつおた」のコーナーの話から…

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する