2014-03-02 18:11 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


「3月1日、ということで。いやあ、めでたいこともあるもんですね、生きてればね。色々とね、めでたいな、ということもあって。まあまあ、でも、それはそれで、すごく良い…」と話し始めるすばるくん。

今、エイトレンジャーの撮影をしていて、楽しくやらせてもらってるんだけど、撮影に入るという日が、結構、雪が降った日で、昼過ぎくらいに、現場に着いたんだけど、1時間くらい、スタッフが雪かきをしてからでないというので、待ちになったので、一番若いマネージャーと一緒だったんだけど、マネージャーさんも出ていったので、すばるくんは1人で車の中で待っていて、お腹が空いたんだけど、周りには何もなくて、そうしたら、ずっと視界には入っていたんだけど、そのマネージャーさんの名前の付箋が付いたスナック菓子があって、お腹が空いたし、ごめんなあと思いながらも、袋を開けて、それを食べながら、携帯をいじっていて、でも、ちょっと気が引けて、車に隠れながらも、めっちゃ美味しいし、ちょっと急ぎ気味に完食して、車の中のごみ箱に捨てるわけにもいかないので、自販機の横のゴミ箱に捨てて、すぐに戻ってきて、何もなかったかのように、携帯とかいじっていたら、呼ばれて、パッと撮影して帰ったので、そのことをいまだに話していないというすばるくん。
これが、本当に楽しみにしてたやつだったら、こんなに申し訳ないことはないというすばるくん。

と、ここで、スタッフから、何か話が入ったらしく、「アハハハハ(笑)、嘘やあ。すごい事実が。これ、俺、やったなあ。普通の、お菓子じゃなかったみたいです。たぶん、同じ会社の、うちの事務所の同僚か先輩か知らんけど、結婚すると。それの、多分、お返し、的なことで、その写真が付いたような、結婚式の。それを、俺、いってしまったんですか、気づかず。あ、だから、みんなに配るように、名前が貼ってあったんだ。やってもうた。これは、あ、それは、持って帰っとけよ、そんなもん、車に入れとくかね、うわ、それ、気づかんかったなあ。」って言うすばるくん。
「事務所の飲み会で、実はね、なくなったんですけどね、あれ、って言われてたら、どうします?」と言われて、「でもね、それは、逆に、それ、いいですよ、それは、あの、マネージャー日和に尽きるな、逆に。こんなに、ラジオのネタになって。こんな面白い結果を招いたんだと思えば(笑)。いや、だからか、あんな、あったかい味がしたんだなあ、ホントに、あんな寒い雪の日に。あのお菓子がなかったら、俺、あのシーン、撮り切れてなかったなあ。エイトレンジャー、これ、だから、この、あ、このエイトレンジャー、ヒットするわ、あのお菓子のおかげで。いやああ、すごいドラマが詰まってた、ただのお菓子や思ったら。色んな人の、すごい人生の…なるほどねえ。」と言うすばるくん(笑)。

1曲目は、渋谷すばる「あ」

Mステの「キングオブ男」のバックダンサーを見て、最近のジュニアはすごいんだねと言われたというおたよりで、昔、ジャニーズUSAというのがあって、すばるくんのソロの曲で共演したこともあるという話をするすばるくん。
「ただ、今回の方達は、全然違う方ですけど。いきなり見たら、びっくりするわなあ。」と言うすばるくん。

「キングオブ男」が関ジャニ∞史上過去最高の売上を記録したということで、「すごいんですよ、これ、ホンマに嬉しいことで。すごいたくさんの方、聴いていただいてるみたいで、ありがとうございます。」と言うすばるくん。

渋谷のCDショップで「キングオブ男」の発売キャンペーンをやっていて、金色の人達がステッカーを配っていたということで、どうやらテイチクの社員さんがやっていたという話をきいたというおたよりに、「いやあ、この、謎のキャンペーン。あのお、色々、色んな諸説、何が嘘で、何がホンマか、色んな事になってますけど、これは、もう、ホントに、してやったり、こっちの思惑通りということなんですけど、誰だったんでしょうね、中にいたのは。いやあ、あの日は、11時くらいから、朝、10時、11時くらいから、夕方6時くらいまで、疲れましたね。ホントに。まあ、季節的にも、なかなかね、寒い日でしたから、なかなか、あの全身タイツだけでっていうのもね、結構、厳しい現場ではありましたけども、まあまあ、ちょっと渋谷の何箇所かだけで、限らせてやらせていただきましたけどね、いやあ、でも、これは、かなり、楽しかったです、やってる側も、なんか。あ、すごい興味持ってくれてるんだなということもありつつ、さっきも言いましたけど、このね、過去最高の売り上げにも繋がったみたいなこともあったりとかで。本当に、これはもう、皆さんのおかげで、ねえ、ホント。ただ、僕ら、7人組ですけど、7人以上はいたと思うんで。誰がいたかは。まあ、テイチクの社員という、説も、あるでしょうけどね、それは、もちろん、考えやすい話。ジャニーズ事務所の社員、これも考えられますけども。まあ、誰かとは。はたまた、どうかという。ただ、寒い日でしたね、あれだけでは。目と口がちょっと空いてましたから、余計、ちょっと、風がね、やっぱり。でも、良いキャンペーンでした…」と言うすばるくん。

ホンマに嫌いなタイプなんだけど、絶対、何を食べに行っても、オレンジジュースとかっていう人は、後輩とかでも、どついたろかと思うというすばるくん。
「あれ、なんなんやろ。許せないですもん…ピザと炭酸飲料は分かるけども。どういうことなんですかね…考えられへんわ。」って言うすばるくん。

2曲目は、チェリッシュ「てんとう虫のサンバ」

「エイターすごいい話」のコーナー

しょうなんのかぜのわかだんなさんのツイッターに、「毎日、エイターからのメールが嬉しくてたまりません。あったかいです。」って書いてあったというおたより
「これ、人と繋がりですよね。これはすごいな、良い話、嬉しい。」

8祭で知り合った人に告白されて付き合っているというおたより
「これは、ちょっと嬉しいなあ。よう、だから、まあ、男も、いっぱい来てくれてるから、結構、最後の方とか、ナンパして帰れとか言うんですけど、僕、結構。ホンマにしとんねんなあ(笑)。いや、いいんですけど、こんな素敵な出会いは。どんどんあっていいと思うし…これは、一生、忘れないじゃないですか。」

「エイター」という言葉一つで、人と人とが良い繋がりをするっていうのが、改めて、我ながら、「エイター」って、なかなか良い言葉を考えたなあと思うというすばるくん。

3曲目は、関ジャニ∞「愛でした。」

ラストの言葉は、「おめでとー」
…オープニングの冒頭や、選曲から感ずるに、何か、おめでたいことがあったようで、そこからの言葉だと思われます…
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する