FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.02.03 (Mon)

スバラジ 2・1


スバラジ」のまとめ書きは続きから。

拍手&拍手コメントありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。

「キングオブ男!」本当にかっこ良かったですね(*^^*)。

丸ちゃんの階段コケは、初めの頃は心配しましたけど、わざとやってカメラに映りたいんだなあと分かってからは、甘めに見てます(^^)。
でも、本当に踏み外さないように、注意は払っていてほしいですね。


【More・・・】


「ちょっと前の話になりますけど…と話し始めるすばるくん。
お母さんから荷物が届いて、結構、色んなものを買って入れてくれていて、昔は、若かったのもあって、結構、送ってくれてたんだけど、最近は、用事がある時は滅多になくて、久々に、お母さんから荷物が届くということで、久々やなと思っていたんだけど、年なのか、おかあさんは、嘘をよくつくなあと思っていたというすばるくん。
荷物の中に、大きめのボディソープが入っていて、ボディソープくらいあるけどなあ思って、品物の説明が書いてある手紙を読んでいたら、「ボディソープですけども、それは、すごくお勧めのやつで、昔、クレオパトラも使っていたと言われているボディソープなので、是非、お薦めです」と書いてあって、クレオパトラの時代、ボディソープないと、嘘を言うなということで、「もうね、アホなんですよ(笑)…何言うてるねん、こいつと思って、ちょっとびっくりする時あるんですよ、オカンの、なんか、そういうのって。」って言うすばるくん。
よくよく考えてみると、クレオパトラが好んだと言われるミルクの成分が入ったようなということなんだけど、クレオパトラも使っていたって言うので、「ウソウソウソウソ、オカン、ギュッとしたなあ。」とびっくりしたというすばるくん。
久々にお母さんから荷物が届いて、手紙も入っていたのは、嬉しかったそうで、手紙の最後には、「母より」って書いてあったんだそうです。

1曲目は、RADWIMPS「ます。」

新幹線の背もたれを倒そうとしたら、隣の全然知らないおじさんの背もたれが倒れたというおたより
「これはアカンなあ。真ん中の席やったんかな、この子。やったら、ありえますよね、分からんもんなあ、どっちかってね、書いといてくれよなあ、あれもなあ。おっちゃんが、ガーッて(笑)。
そうやなあ。いや、だから、あれも、問題ありますよね、3つがけやったら。真ん中の問題ね、あれはもう。誰がどれ使うか問題、あれはありますから。あれ、だから、やっぱり、真ん中をちょっと使わせてあげるべきですよね。真ん中は、すごい圧迫感と共に、戦ってますから…真ん中は、どうするにも、気を遣うし。せめて、この肘掛だけはね、あげてほしいな、俺は…ちょっと気を付けてね、これは、やっていただきたい。」

73歳のおばあちゃんがライブに行っても大丈夫ですかというおたより
「大丈夫ですよ。かわいすぎるやろ、おばあちゃん、とりあえず、手紙書いて、聞いてくれと(笑)。めっちゃ可愛いやんか、おばあちゃん。全然、大丈夫ですよ。いらっしゃいますよ、全然、あのお、家族席がありますから、僕ら、ライブは。だから、それこそ、親子3代とかで、おかあさん、おばあちゃん、お子さんとかで、来られてる方も、結構いますからね、普通に。で、親子席は、あの、皆さん、座って見はりますから、椅子もちゃんとあるし、しんどくないですからね。全然、良かったら、来て下さいよ、これね。なので、全然、いいですよ、来て下さい、これは。」

2曲目は、ザ・ハイロウズ「完璧な一日」

妄想鉄道すばるナインのコーナー
「もし関ジャニ∞がオリンピック選手だったら。」

「言ってもジャニーズですからね、スポーツ万能ですよ。」
「これはもう、ソチを、なんとか…そうですね。」
「村上は、スポーツ好きですからね。」
「横山もそうですよ、あいつも、いまだに、バスケ。村上と横山は、2人とも、中学の時、バスケ部なんですよ。で、ヨコは、今でも、プライベートで、バスケやってたりとか、するっくらい、スポーツ大好きですから。そこ2人はね、だから、あの、雪だるま作り(笑)。ちょうど、バスケくらいのボールのあれでしょ。(笑)…難しいですよ、意外と丸く出来ないですからね。でも、あいつら、中学の時から、ずっとバスケやってますから、手に、この感覚が、もう、ピシャッて、あ、これやなって(笑)。雪だるま作りでいきますよ、2人は。(笑)」
「マルなんかは、あいつは、球技は、逆に、全くダメなんですよ。ただ、あいつは、陸上部なんですよ。しかも、長距離の方なんです、あいつは。で、両親がボディビルダーでしょ。筋肉系なんです、あいつは。なので、持久力はすごいあるんで…雪かきですね。それも、一番しんどいですよ、これが。雪国のとこの人なんて、今の時期なんて、特にですよ、大変な作業ですよ。それを、ずっと雪かきをやるっていう…これはいけると思います。(笑)」
「ヤスか、安田さんはどうでしょうかねえ。ちょっとヤスは、ちょっとまた毛色が違うからなあ。中でも、ちょっとトリッキーな人ですからね。動物が好きすぎるからなあ、やっぱり、だから、あの、トナカイレースですよね。乗馬じゃなくて、乗トナカイです。そのまま、乗りますからね、ペッタンみたいなやつないです、足かけるような。そのまま(笑)。」
「後、大倉でしょ、大倉は、もう、太鼓ですね。ずっと太鼓です、大倉は。応援というか、ずっとその、何ですか、その、聖火の横で、ダーンですよ。(笑)ずっと太鼓ですよね、大倉は。これは見えますよね。」
「で、錦戸さんですよ。錦戸が、これ、どうなんやろ…結構、それとなくできるんですよね、全部。あ、サーフィンも、やってますわ、今で言うと。ホンマや。まっ黒ですからね。ちょっと会わんかったら、すぐ黒なりますからね、あいつ。ホンマに、すごいですよ、もう、今、まっ黒ですよ、あの人、松崎しげるみたいになってますからね。すごいですよ、だから…開会の、国歌斉唱みたいなやつを、松崎しげると、デュオ、みたいなことでいいんじゃないですか。一面、雪ですから、黒さも余計のやつで…」
「で、僕ですよね。これ、僕がスポーツって、あんまりねえ。一応、僕も、中学の時、サッカー部ではいたんですよ。でも、そんなに上手かったわけでもないし、僕も。小学校の頃は、少年野球もやってたりしたんですけど、そんな上手いわけでもなかったし。もっと言うたら、器械体操も習ってたことあるんですよ、僕、習い事いっぱいやってたんで…スイミングすくーつも通ってた時期あるし。空手もやってた時期ありましたし。だからね、色々やってはいた経験はあるんですけど、なんか、秀でたものがなかったなっていうことなんですよ。だからね、これ、どうします?…めっちゃむずいなあ…あの、だから、その…選手村の、きれいな外人の選手とかを、ちょっと、こう、なんか、すごい良い感じにするみたいな…誰やねん、って言うね。なんか、なんかしらんけど、選手村に、いっつもおるなあみたいな。いっつも、毎年おるなあ、あいつ、みたいな、ジャンパニーズが、あれ、なんなんやろ、みたいな。でも、ずっと、パスは持ってる、みたいな、そういう感じでいいです、僕は。」

結論としては、もし関ジャニ∞が、オリンピック選手だったら、新競技を作って、出場するということで、村上さん横山さんは、雪だるま作り、丸山、雪かき、安田、乗トナカイ、大倉、聖火の横で太鼓、錦戸、松崎しげるさんと国歌斉唱、渋谷さん、海外の選手を良い感じにする、と言って、「これ、なんすかねえ、もう、ホントに。」って言うすばるくん。

3曲目は、クロマニヨンズ(ライブ盤から)「恋に落ちたら」

年賀状をたくさん頂いたということで、「遅くなりましたが。」と言って、お礼を言うすばるくん。

ラストの言葉は、「おばあちゃーん」

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  15:17  |  スバラジ  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |