FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.01.06 (Mon)

日曜日すっきやねん 12・29

「日曜日すっきやねん」のまとめ書きは続きから。



【More・・・】

問題「カフェオレとカフェラテの違いは?」

「分からん。俺、もう、この、めっちゃ難しいじゃないですか。あ、でも、ラテは、牛乳が入ってるんですよね。カフェオレは何だろうか。カフェオレの方が、親しみやすいというか、親しんでるような気がする、小さい時から。え? 牛乳との配分かな。なのかなあ。なんやろ、分からんわあ。でもね、牛乳の配分か、砂糖入れるか入れへんとか、そういうことじゃないかなあ。」

「もう、12月29日ということで、もう数えるほどになりましたね。クリスマスも終わり、この間が、一番、中途半端ですよね。なんなのか。クリスマスの雰囲気を残してるわけにもいかんし、正月の雰囲気が漂っているけども、まだ、その、門松的な感じでもないし。っていう時期やけれども、なんか、僕らにとっては、すごくバタバタしてるようなイメージがあるんですよね。毎年、この、12月29日は、カウントラブとかやらさてもらってましたし、去年は、紅白出させていただいたので、年末の音楽特番とか、出させてもらいながら、リハとかして、紅白でやること覚えたりして、やば、覚えることいっぱいあるみたいな、こんがらがってる時期なんですけどね。この、放送も、今年、最後になるというとこで。ね、いやあ、早いですね。4月に始まって、8ヶ月か。8ヶ月、9ヶ月。9ヶ月やってんねや、そうか、もう、そんな経つのに、全然、しゃべってることが変わらないっていう、ねえ、なかなかな、クオリティで頑張ってますけれども。さっきも話しましたけども、紅白も、2度目出場が、決定いたしまして、曲目も、発表されました…(笑)これ、大丈夫?っていうね。俺らが、その、あまちゃん背負って大丈夫っていう(笑)。これね、いっつもね、あの、僕らに出されるんですよ、出場するにあたって。みんな、題目というか、考えるんですよね。で、なんかありますかみたいな感じで、去年は、全員考えて、出したにもかかわらず、全部、採用されず、結局、レコード会社の人が考えたのが、使われちゃったっていう悲しいことが起こったんですけれども。これ、だから、今年、俺、何も思い浮かばなくて。で、あと、使われへんかったっていうネガティブな思いもあって。すみません、ちょっと、考え付かなかったですって、応募しなかったんですよ。応募というか、提出しなかったんですけど。これは、誰の、案なんですか? マル。すげえ。使われるねんや。へへへ(笑)。言っといてよ。でも、その話を、ライブの楽屋でしてる時に、もう、この話をしてたんですよね。紅白2度目、頑張っていくぞ、じぇじぇじぇ、倍返しだ、今でしょ、みたいな、全部盛り込んだのを言ってたんですけど、アカンやろ、そんなことって言ってたのが、ちょっと使われてるっていう。いや、でもね、まあ、去年も、呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン、みたいな感じやったと思うんですけど。まあ、盛り上げ要員として、明るくしていきたいなと。去年も、そうそうたる方達の中で、頑張らさせていただきましたけど、初出場ということで、やっぱ、その、フレッシュな、風をお届けしたいなと思ってたんですけど、まだ、言うても、2回目ですから。ここは、僕ららしく、元気にやっていけたらなと思っております。」

「年明け早々、10周年ということを、掲げさせていただくんですけれども、まさか、8周年やった後に、2年で、10周年って、ないだろうと思ってたんですよね。僕らしかできない、8周年だからって言ってて。じゃあ、もう、どうしても、10周年をやりたいと。まあ、何周年っていうのは、お祭りごとですから、やれるに越したことはないんですけど、横山さんが、もう10周年、絶対やりたい、やりたいって言ってたのが、実現したっていうか、何なのか。でも、8周年から、何をやるんだっていうことになってくるじゃないですか。8周年、すごく、色んな事やらさせてもらったんで。だから、10周年やることって、すごく難しくなるっていう、大丈夫なんかなっていうのが、でも、やることになったので、これは、もう、8周年とは違うことで、皆さんに、10周年、10年分のお返しをしていけたらなと。今、なんか、みんなで、どういう楽しいことができるのかっていうのを、話し合ってる最中なので、お楽しみにしていただけたらなと思います。」

「今日は、今年最後の放送だということで、ベタに、今年1年を振り返っていこうと思います。どんな年だったんだろう。ここに、今年させていただいた仕事の一覧があるんですけれども、グループとしても、シングルを3つ出させてもらって、アルバムも1個出して、今、ツアーも、始まってるという。ホンマに、ここだけでも、すごく充実してる、グループとしてね、っていう年だったと思うんですけれども、個人的にも、ドラマと映画やらさせていただいて。で、何よりも、このラジオが始まったということが、大きかったかもしれないですね。やっぱね、ラジオの話になると、メールに対して、返事をするっていうところもあるけれども、フリートークっていうところが、いっつも、(当日、要相談)とか、最近大倉の面白出来事みたいなくらいな感じでしか、書かれてないんですけれども、なんかね、何気なく、いつも生活してることとかが、なんか、覚えとかなアカンとか、なんか、こういうことあったよなって思い出さなアカンとかっていうので、私生活も、気を抜けなかったですよ。なんか、起こったことが、これ、覚えといて、これ、お話しようかなとか、思ったりっていうことを、感じたんですけど。っていうことは、ずっとね、メンバーの中で、生ラジオをずっと、何年やろな、もう、10年くらいやってるメンバーもいて、そういう方達っていうのは、もう、ずっとそういう生活をしてたんだなって思うと、また、メンバーの知らない一面とかっていうのも分かったりしながら。後は、1人で、しゃべるっていう難しさと、人がいたら、だんだん盛り上がって行くけど、1人でしゃべってると、盛り上がっていくことが全然ないっていう。相乗効果で、そうなんそうなんって言いながら、会話って盛り上がっていくんですけど、1人でしゃべってると、全然、沸点まで行かないっていう寂しさもありつつ。たまに来てくれるゲストが、すごい嬉しかったり…ホントに、難しいけれども、なんでしょうね、毒吐きになってるんですよね。毒抜き? 独り言じゃないですか、言ったら。だから、日々、誰にも言わんようなことを、ここで、延々と、つまらない事をしゃべってもOKな場なわけじゃないですか。だから、なんかね、ラジオ終わったら、スッキリして帰るんですよ。なんか、俺、そんな溜まってたんや、みたいな。うん、だから、毒抜きを、皆さんに聞いていただいてると思うと、すごく申し訳ないけど。でもね、トーク力っていうのもあげていかなアカンねやろなって思うし。今まで、トークっていうお仕事が来るって思わなかったですから。だから、新しい挑戦をしていかなくちゃいけないいんだな、これからも、っていう思いが、すごく、大きかったですね。漢字一文字を今年を表すと、なんか、グループっていうのもあるんですけど、今年は、やっぱ、個ですね。個の力ですね。本田が言ってましたけど。みんなそうなんだなと。今年は、9年目で、やってたので、その前が8年目で8周年ってやったので、まあ、グループの活動が8周年で多かったので、今年は、ホントに、テレビとかでもそうですし、メンバー個人を、テレビで見たりとかっていう活動を見ることが多かったなと。だから、それぞれの個人の年でもあったし、集まった時には、新しいチャレンジをさせていただけたりとか、生放送の一部を任させていただいたり、なんか、その度に、反省も生まれたし、そっから学ぶことも多かったし、っていうので、なんか、グループでずっと動いてるのとはまた違う、充実感だったり、感じることっていうのがすごく大きかったですね…なんか、ぎゅっと詰まったような年だったなと思いますね。今年、新しい発見っていうと、何なんでしょうね。うーん、なんか、やっぱり、そろそろ、健康志向になってきたなって感じですかね。ここ何年かは、ゆっくりする時間はありつつも、一年中、バタバタ動いてるようなイメージがあって、その、最初、やっぱり、ペースをつかめなかったんですよね。でも、やっと、今年かな、掴めるようになったのかなって思えるようになったのが、新しい発見というか。平均年齢は、もう、絶対、30なんですよね。30くらいになるんですよね、今年くらいから。もうねえ、寝不足で現場に来るとか、っていうようなこととかも、なくなりましたね、みんなが。ちょっと遅刻してくるっていうのが。なんか、みんなね、すごいスッキリした顔で、朝一、楽屋にいるっていうのが、印象的でしたね。それぞれ、健康を維持しながら、やっていかなアカン年になってきたのかなと。それも、悲しい話ですけどね。でも、仕事のペースがつかめてきたっていうのは大きかったのかなというのは思いますけれども。これからね、もっと、年と共に、合わせていかなアカン部分が出てくるんじゃないのかなと思いますけれどもね。どうなんですかね。1年を語るには、ちょっと、薄すぎましたかね、内容がね、大丈夫ですかね。」

ここで、1曲
「この曲は、今年ですね、僕が一番聴いた曲ですね。なんか、気がつくと聴いてたなっていう思い出があるんですけど。僕は、バラードが好きっていうのがあるし、ピアノが好きっていうのがあって。外から聞こえてくる音をシャットアウトして、あの、集中しようと思うんですけど、その時に必ずかかっていたような、曲ですね。」
エグザイル「ワンラブ」

「今年の自分に点数を付けるなら…2013年、大倉忠義は、100点満点中、65点、位。(ファンファーレの音)いや、65点で、ファンファーレ、おかしいでしょう。フフ(笑)。65点くらいなんじゃないですか? やっぱね、100点とは言えないですよね。仕事する度に、反省もあるし、あ、やってもうたっていう、なんか、こともあるし。もう、お芝居なんて、まさにそうで。正解がない中、うわあ、自分の中では、もっと、表現したかったっていうことも、いっぱいありつつ、ただ、ポジティブに行くと、100点ってすぐ言えるんですけど、もう、100点取ってもうたら、どうなるねんっていう、これからね、真面目に言っちゃうと、常に、まだまだっていうことを思っていたなっていう、だから、まあ、80点でもいいんですけれども、いたらないとこも多く。ただ、自分だけですけれどもね、作品は、ちゃんと、色んな方が、監督がいたりとかっていうので、100点の作品になってると思うんですけど、その中でも、自分ができたものっていうと、それくらいなのかなと。来年は、70点位を目指せたらいいですよね。常に、なんか、足りないな、なんか足りないなって思ってて、毎年、言ってるんですけど、今年、頑張り時やな、今年頑張り時やなっていうのを、僕ら、もうね、10年近く言ってるんですよ。じゃあ、もう、頑張り時じゃない時は来ないんじゃないかと、っていうことも含め、僕の、明るい未来の為にも、28歳で100点取ってたらアカンやろと、ということで、これくらいの点数なのかな。」

「ラジオパーソナリティとしての点数も付けておきましょう…まず、僕大倉の点数から、いきます。50点。これはね、なんか、ムラがあった。(笑)なんか、気分によって、なんか、すごいムラがある。(笑)…自分の、その、感じ、気分みたいなのが出てしまってるのが、最悪やなと。でも、これは、しょうがないんですよ。これはね、それを、嘘ついて、さあ、やってきましたっていうのを、やってるのは、嘘ついてるみたいで、だから、ずっと、50点なんでしょうけど。ムラがあったなあっていう、感じですかね…」

ディレクターの点数、8点…関ジャニ∞だけにね…で、その内訳及び丸々おんなじ話をしたことがあるということに「軽いわあ。いや、俺もね、話した後に気づいたんですよ、おんなじ話したなって。でも、あるじゃないですか。なんか、おんなじ話しちゃうこと、ね。これ、僕、遺伝なんですよ、お母ちゃん、おんなじ話ばっかりするんですよ。いいやん、別に。ショックやってんもん、2回目話した時、聞いてない人いたかもしれないですよ。これね、なんか、恥ずかしいですわ。なんか、自分、年取ったんかな、みたいな(笑)。これ、マイナス32点も引かれますか、これで。クイズ間違えすぎとか、確かに認めますわ。リスナーに厳し過ぎる時がある、これは、もう、否めないですね。これ、でも、厳しいっていうんじゃないんですよ。僕は、大人の方にも、小学生でも、同じように、相談されたら乗りたいと。ラジオというか、こういう声を届ける仕事をさせていただく限り。だから、小学生からのメールは、もう、減ると思います。うん。それは、しょうがない、もう。それでも、厳しくてもいいから、送りたいと思ってくれる人には、僕は、ホンマ、心をこめて、全部の相談に、心をこめて、答えてますからね。ただ、もし、心に傷がついたことがあったら、ごめんなさい、ホントに。それだけは、謝っとかなアカンなと思うけれども。まだ、92点ものびしろがあるって思ってもらってるっていうことは、素晴らしいじゃないですか。100点目指していくんですけど、関ジャニ∞だけに8点なんて、もう、ホンマ、居酒屋のおっさんの考え方ですよ、ホンマに…(笑)」

オープニングクイズの答え
「コーヒーにミルクを入れたものという意味では同じですが、違うのは、カフェオレのオレは、フランス語でミルク、カフェラテのラテは、イタリア語でミルク、カフェオレは普通のコーヒーで、カフェラテは、エスプレッソを使っている。」

「だから、一緒やん、何なんですか、この問題。アッハッハ(笑)。でも、コーヒー好きとしては、覚えとかなダメですよね。俺、喫茶店とか行っても、分かんないの多いですもん。ウィンナーコーヒーとか。あれ、何なんですか、ウィンナーコーヒーって。ウィーンで、あ、そうなんや。生クリーム入りのコーヒーってことか。俺、もう、ホンマにアホやけど、ホンマにウィンナーが入ってると思ってて、美味しいんかなと思って。」

「もうね、淡々と、過ぎた回でしたけども、まあ、一年、最後の締めくくりですからね、振り返られて、良かったなと思いますけれども、でもね、ショックだった体脂肪17パーセント、12%まで、落としましたよ。だから、これは、多分、体脂肪率の話は、ずっと続くんじゃないかと思うんで。これちょっと、我慢して聞いてほしいなと(笑)思います。」

「僕とは、また来年、それでは、良いお年を~。」

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  07:55  |  日曜日すっきやねん  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |