FC2ブログ
2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.11.25 (Mon)

スバラジ 11・23

スバラジ」のまとめ書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


【More・・・】

「11月23日ということで、えー、19日、ということでございますけども、昨日、18日ですね、行ってきました、ライブに、ポールマッカートニー。初、本物でした。もう、71歳、アンコール含めたら、がっつり、丸々、3時間、歌いっぱなしですよ。歌声が、もう、当時のまんま。ホンマにすごいと思いましたね。めちゃめちゃ良かったですよ。まあ、アリーナのねえ、良い席で見せて頂いたんですよ。あのー、ちょうど、PA卓の前でしたよ。だから、一番、音、良いとこですよ。そこを中心に音作りますからね、やっぱり。いや、最高でしたね、つい1週間くらい前までは、僕、自分が立ってた所に、普通に、客として、なんか、変な感じでしたね。普通に、だから、僕、あれですよ、ちゃんとゲートから、並んで、当たり前ですけど、それは。いやあ、すごかったですねえ。もちろん、もう、リンゴと2人しか生きてないわけじゃないですか。たぶん、おそらく、これ、最後なんじゃないかなと言われてる、前回、日本に来たのも10年前ですから、かな、っていうことも、まあ、チラホラ言われている所に、まあ、行けて良かったなっていうのは、めちゃめちゃ感じましたね。いやあ、でも、ちょっとすごかった。生レットイットビー。鳥肌きましたね、もう。まあまあ、それ以外にも、もう、だから、すごいなと思いました、あの人、やっぱ。もちろん、自分の作った曲をやりはるんですけど、ヒット曲が多すぎて、もう、うわあっていうね、引き出しが全部どえらいっていう、これ、なんですか、引き出しがもう、何ですかね、あれもう、最強の武器がいっぱいあるっていう。いや、誰もが、楽しい、71歳でしょ。だから、それくらいの年代の方がドンピシャってことですよね、言ったら。で、たぶん、僕らの、一個前の列くらいに、たぶん60代くらいの、ご夫婦で、来てはるんですよ。もう、たまんないですよ、そういうの、見てると。たぶん、僕らは、言っても、最近ですよ、なんか、レコードとか聴きはじめたのも。でも、たぶん、その人達は、見えてる景色が違うんですよ。曲聴いてても、青春時代とか、色んな景色を思い浮かべて観るわけじゃないですか。だから、そのご夫婦とかも、見てたら、もう、たまんないんですよね…でね、めちゃめちゃロックなんですよ、71歳のライブが。何なんですかね、あれもう、めちゃめちゃロックでしたよ…世界中の認めてる人が、まだ、その、がっついて。現役でライブやってるんですよ。何なんですかね、そこのモチベーション、あっこまで行くと。めっちゃ金持ってますよ、多分。そこじゃないでしょ。だからね、モチベーションって、あっこまで行くと、何なんですかね。ライブ見てたら、たぶん、この人、まだもてたいんやろな、みたいな、感じがあるんですよ。あれ、すごいですよ、やっぱり。かっこ良いです。ホンマにかっこ良いですね。」と言うすばるくん。

後から、内田裕也さんが来て、実は、初め、すばるくんも、席をVIPの部屋みたいなところがあって、そこで観ますかって言っていただいたんだけど、出来たら、アリーナで見たいと言って観させてもらったんだけど、内田さんも、VIPでいいはずなのに、アリーナで聴いていて、すごいなと思ったという話をするすばるくん。

チケット代も、観る前には、高くてびっくりしたんだけど、観終わったら、誰もが納得して、文句言う人は1人もいなかっただろうというすばるくん。

で、すばるくんは、そのライブに行ったことを一生忘れないし、自分がライブをやってることも、そういうことなんだと思って、もちろん、やりがいもあるし、それと同時に、責任感も、ものすごく感じたというすばるくん。
その人らの人生の時間を貰ってやってるわけやからっていうのを身を持って感じて、お金では買えないし、時間を使ってくれてきてるっていうのは、こういうことなんだなというのを、まじまじと感じんんだそうです。

1曲目は、ザ・ビートルズ「All My Loving」

ひなちゃんのファンの彼氏と一緒にライブに行って、誰が一番かっこ良かったと聞くと、「すばる」と答えたというおたより
「どういうことやねん。そこはまた違うんやな。信五には気づいてほしいけど、かっこ良かったのはすばる…難しいとこやな、これ。いや、俺としては嬉しいけども、なかなか、僕としても複雑ですね、これは。」
「カップルがね、すごい多いですよ、ホンマに。嬉しいですね、これは。いや、ありがとうございます。」

おばあちゃんを車に乗せた時に、ちょうど「ここにしかない景色」の「ようこそ」が流れて、おばあちゃんに「ありがとう。車に乗ると、ようこそって言ってくれるんだね。」と言われたというおたより
「これは、ああ、ここ何年かで、一番、ほっこりした話ですね、まさに。そう、歌始まりやからね。おばあちゃん、ようこそって言ってくれたっていう。ああ、これはすごいですね。なるほど。ああ、ほっこりしたなあ、今。何でしょう、この、今、普通に、スタジオやけど、こたつ入ってる気分ですね、今。ほっこりしてます、僕。」

小学生の頃に、千代の富士に似てると言われて、ものすごくショックだったというおたより
「千代の富士に似てるって言われたか。まあまあ、ショックか、やっぱり、女の子…千代の富士は、なかなか、りりしいですよね。だから、なんて言うんですか、心ないあだ名付ける奴っていますからね。その、あの、申し訳ないですけど、僕もそうでした、正直。いまだに、ちょっと、そういうとこあると思います、僕も。気をつけます、僕も、これ。そういうとこありますよね、そういう奴いるんです、でも、なんか、その、でも、おもろいですからね。(笑)いかんせん、ウケるからな、こういうのって。まあ、言われた本人は、ちょっとショックかもしんないですよね。」

2曲目は、ザ・ビートルズ「Let it be」

エイトクエスチョンのコーナー

「ちくわの穴で飲む?」
「分からんでもない、言わんとしてることは…あの、飲みません。何が知りたいんや、こいつは。」

「クレソン食べてる?」
「クレソン食べてるって、俺、一回も言ったことないけどな、多分。だから、何? してはないけど、クレソン食べてる?って聞いてるのかな。あの、クレソン出てきたら、いつも食べてる?っていうことなのかもしれないし。クレソン、クレソンってなんですか、そもそも、ステーキの横にあるやつですか。あれ、正直、僕、食べますね。あれはですね、食べます、クレソン。特別、美味しいってもんでもないじゃないですか、ただ、あれは、消化を助けるって言いますよね、ああいうのは。なんか、それだけのことで、食べてますね。消化に良いんだということで、食べますね、あったら、あれ。真面目に答えてもた、腹立つなあ。」

「飛行機どう思う?」
「ざっくり来た。飛行機ね、でかいな、って思う。いっつも思う、俺。空港、よう乗るけど、飛行機、正直。空港で、乗る時、見えるじゃないですか。飛行機でかいなって思いますね。何回見ても思う。飛行機でかいなって思います。」

「平成の次は何?」
「出た。どえらいのぶっ込んできたな。ああ、これは、これは、じゃあ、どういうあれで決まってるんですかね…なんか色々あるんですかね、画数とか、意味合いとか…何でしょうか、昭和、ってなんか、もう、その、平和な感じですか、でも、平和の平が入ってますもんね、平成は、だから、これは、平和を願うことなんて当たり前のことですからね、これをわざわざ言うことじゃないぞっていう感じもあるわけですよ、ここまで来ると、だから、平和を願うことなんて、人として当たり前のことですから、そういうことじゃなく、その、何でしょう、もっと、その、あ、大切っていうのもありますけど、それやったら、あまりにもありきたりな言葉というか、だから、大きいっていうか、大、大ですよ。小さいよりは、何事も大きい方が良いですからね、どんなもんでも、それは。大、大元年みたいな…」

「角何本欲しい?」
「これは、でも、俺、どうなんやろ、これに関して言うと。まあ、結局、そやな、あの、1本でいいです、結局。結局、俺って、1本なんやと思う。何故2本じゃないのか、って考えた時に、2本の自分を想像した時に、1本折られた時の自分を想像してしまうんですよ。これは、かっこ悪いですよ…自分がそうなった時のことを考えたら、もう、折れた途端に、あ、折れたんや、みたいな。何かあったんやろな、観たいな、気まずい空気に。あんだけ、昨日まで、楽しく飲んでたのに、もう、折れてからは、なんか、あ、大丈夫なの、みたいな。アハハ(笑)。飲んでええの?みたいな、逆に。お酒いいの? 飲んでええの?みたいな…ずしっときますから、それ言われたら。飲んでええの?って一番傷つきますからね。酒は関係ないし、この角は、みたいな…気遣うなよ、みたいな。2本の時と同じテンションで来てくれよ、1本の俺っていう感じで見るな、お前っていう。(笑)だから、もう、そもそも、1本でいいんです、もう。しっかりした1本が欲しいです、僕は。アハハハハ(笑)。ああ、これはすごいなあ。何の話なんですか、これは。これは面白いですね。ちょっと、色んな人に、逆に聞いてみたいです、僕。周りの友達に。お前、角何本欲しいって、聞いてみたいですね。これは、人それぞれあると思う。これはね、メンバーも、そうですね、聞いてみたい。ちなみに、くわちゃん、何本欲しい、角。あ、くわちゃんも1本やな。俺と同じ…やっぱ、そうやねん。太い1本やね、しっかりした、俺だぞっていう1本をね。男らしい、ちゃんとしたシンボルがあれば、もう、それだけでちょっと説得力が出てくるみたいな。だから、それだけで、ちょっとライブやっても、説得力が変わりますからね。折れた1本でライブやっても、全然、曲の意味合いが変わってきますから(笑)。」

3曲目は、ザ・ビートルズ「Hey Jude」

ラストの言葉は、「しっかりとした1本を欲しいですよね。」

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  13:33  |  スバラジ  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |